インタビュー & コラム

インタビュー

ダンサーや役者、舞台監督や脚本家まで、今ダンス業界で旬な人々に直撃取材!

インタビューの記事一覧

小池ミモザ=インタビュー

いま、私にできること。 それは、踊りを通して、希望を感じてもらうこと。 ~3.11追悼セレモニーでの作品上演に寄せて。 3・11を境に、自分にとって本当に大切なものとは何だろうと、多くの日本人が自らに問いかけるようになさったのではないだろうか。 小池ミモザさんも、そのひとり。遠いモナコから、日本を見つめ、何もできない自分に苦悩した日々が、ある想いを強くした。 折しも、一年後のこの日に来日公演の千

  • #インタビュー & コラム
  • #インタビュー

2012/03/06掲載

踊っている時こそが、人生の光の時間-----東山義久が語るニジンスキー

東山義久は今年、主宰するEntertainment Unit "DIAMOND☆DOGS" が結成10年目を迎える。天才バレエダンサーの生涯を描いたダンス・アクト『ニジンスキー』は、大きな節目の一年にふさわしい舞台となりそうだ。その公演から一か月後には10周年記念公演として『DIAMOND☆DOGS memorial 10 TEN STEPS』が控えている。『ニジンスキー』の舞台稽古がまさに今から

  • #インタビュー & コラム
  • #インタビュー

2012/03/06掲載

"BAD BOYS" 率いるラスタ・トーマス=インタビュー

"POPバレエ"で、若い人の心をつかみ、ダンスの未来を広げたい2007年に旗揚げしたダンスユニット"BAD BOYS OF DANCE"。昨年、そのチケットが米国、ヨーロッパ、オーストラリアの全ての公演でソールド・アウトという快挙を果たした男性ダンス集団だ。率いるのは、ラスタ・トーマス。日本のファンの間で最も新しい彼の記憶といえば、2007年、服部有吉振付の『ラプソディ・イン・ブルー』で見せた、正

  • #インタビュー & コラム
  • #インタビュー

2012/02/28掲載

ニューヨークを拠点に活躍する日本人ダンサー、TAKAHIRO=インタビュー

ラスタを普通のバレエダンサーだと思っちゃ、ダメです。09年、マドンナのワールド・ツアーに参加し一躍注目を浴びたあの人、と言えばダンスをあまり知らなくてもピンと来る人は多いはずだ。TAKAHIROは独自のダンススタイルで、ニューヨークを拠点に活躍する日本人ダンサー。その彼が、07年に服部有吉氏の『ラプソディ・イン・ブルー』に出演して以来、親交を深めているのがラスタ・トーマスだ。今回、ラスタが率いる『

  • #インタビュー & コラム
  • #インタビュー

2012/02/27掲載

ページの先頭へ戻る