ダイアリー ~ダンサー日記~

友谷真実さん [ プロフィール ]

マーサ・グラハム・サマースクール、劇団四季研究所、川副バレエスクールでダンスを学ぶ。
★主な出演作品:
ニュー・アドべンチュアーズ『くるみ割り人形』(クララ、キューピット役ほか)、『白鳥の湖』、『カーマン』、『エドワード・シザーハンズ』(ペグ 役ほか)、『Highland Fling』(愛と幻想のシルフィード)、州立バレエ・リンツにてロバート・プール、オルガ・コボス、ピーター・ミカなどの作品(オース トリア)、 アルティ・ブヨウ・フェスティバル(京都)、ベノルト・マンブレイの振付作;スイセイ・ミュージカル『フェーム』、『ピアニスト』; 劇団四季『キャッツ』、『ジーザス・クライスト=スーパースター』、『アスペクツ・オブ・ラブ』、『ウエストサイド物語』、『オペラ座の怪人』、『ハン ス』、『オンディーヌ』など
★TV/映画:『くるみ割り人形』(BBC)他。
★振付作品:『just feel it?以・真・伝・心』個人のプロローグ(02年);アルティ・ブヨウ・フェスティバル(98年)、他。

http://ameblo.jp/mami-tomotani/

From U.S.A 友谷真実

N.Yでは、1週間、あるいは2〜3週間のサマーインテンシブがあります。

日本では、3日連続に受けるワークショップはあると思いますが、それ以上はあまりないと思います。
TBE (The Broadway Experience)もそうです。この夏もニューヨークで2週間行われました!!
レベル1、レベル2、プロ養成コースに分かれ、世界中から約50名の参加です。

  1510mami01.jpg

プロ養成コースは、自分で用意した、歌、演技のシーンを見てもらい、それにダンス、ソング&ダンスの稽古があり、エージェンシーやオーディションのために送るビデオをプロのカメラマン、スタッフと一緒に撮影する内容です。
月曜日から指導を受け、リハーサルをし、土曜日の撮影時には、コーチ陣としてTBEの講師たちがそれぞれアドバイスし、撮影しました。もちろん、このビデオはご本人が自由に使用できます。
このコースは、19歳以上で通訳がいらない方対象で、今年初めて日本から天久恵子(Keiko Ameku)さんが挑戦しました.
彼女は本当にポディジプで、分からない時はどんどん質問して最終日は素晴らしいパフォーマンスを見せていました。
もちろん、スタジオパフォーマンスがある11歳〜19歳以下のコースでは、日本で稲垣涼さんがTBEを3回受講して、初のN.Y.でした。日本でのTBEでは輝いていたのですが、N.Y.では、やはり周りの雰囲気、豊富な想像力、英語の速さに悔しい思いもしながら最初は大変そうでした。2週目の『コーラスライン』では、通訳の豊城礼さんの助けもあり、立派にコニーのシーンを英語で演じていました。英語の発音がきれいということで、今まで参加した日本人では一番長いセリフのシーンをもらっていました。
岩本芽唄ちゃんも日本のTBEを受けられ、続けてN.Yも参加されました。インターナショナルスクールの生徒さんなので英語が得意ですぐにアメリカ人の仲間と打ちとけ合い、『オリバー!』では、表現力、ダンス力で引っ張っていました。
*TBEの内容は詳しくは今までの「私の踊りある記」を見てください。来夏のお問い合わせは、ホームページからどうぞ。春に東京でも開催されます。http://thebroadwayexperience.com/home-japan/

1510mami02.jpg 1510mami03.jpg
1510mami04.jpg 1510mami05.jpg
1510mami06.jpg 1510mami07.jpg
1510mami08.jpg 1510mami09.jpg

そして私は、ニューヨークにあるHariyama Balletでもサマーインテンシブでコンテンポラリーとシアターダンスを受け持ちました。こちらは3週間あり、その中から2週間だけなど選べます。
また、日本や外国から参加される生徒さんには、寮も用意してあり、食事付きで素晴らしい環境でバレエレッスンを中心にヴァリエーション、民族ダンスなど受けていました。ABTからもゲスト講師も来て、ジュリー・ケントのクラスもありました!

1510mami10.jpg

代表の針山真実先生を始め、講師陣は3週間丁寧にしっかり指導するので、バレエの生徒さんにはお勧めです!
バレエの生徒さんたちなので、コンテやシアターダンスは初めての方が多く、私は基礎から一つのダンスナンバーまでを教えさせてもらいました。少しずつ身体の使い方を学び、最後のナンバーをリハーサルする時は、とても感動的でした。かなり私は厳しく、踊れる子でも2週目にまだ順番を間違っていると、「覚えていないなら、そこ後ろに並んで。」と位置を変えたりしました。
どうしてもバレエの生徒さんは同じ動きを練習するので、新しい動きを覚えるのが遅く、また頭でできない、必要ないと決めて挑戦しない子たちもいます。でも、3週目にはこの子たちも他の生徒さんたちと一緒に立派に素敵に踊っていました!
今の時代、アメリカのバレエカンパニーでは、コンテンポラリー、モダンなどを踊れるダンサーを取ります。レパートリーが古典のバレエだけではなくなってきているからです。そうするとこの子たちが大人になるころには、バレエダンサーがコンテ、ジャズを踊れるのも普通という時代が来ると思います。
  なので、私もバレエの生徒さんだからと妥協せず指導しました。
スタジオのパフォーマンスでは、針山先生からも「迫力があり良かったです!」と感想を頂きました。皆さん、よく頑張りました!

1510mami11.jpg

*来夏のコースはホームページからお問い合わせください。http://www.hariyamaballet.com/
これ以外にニューヨークでは、アルヴィン・エイリーなどモダンのコースなど、夏には選ぶのが大変なぐらいあります。アメリカの募集は早いです。コースによっては、お申し込み締め切りは4月ごろのもありますので、ホームページで確認してください。
でも、これらのコースを受けて、どんなクラスがあるか、カルチャーも含めて目で見て、実際に受けて肌で感じられ、また2、3週間滞在するので、食事、交通なども経験し、留学をする前に受けるのはお勧めです。
講師陣も同じ生徒さんを数週間見られるのと、もっと身体の使い方、性格などわかり指導しやすく、お互い集中できるので、皆さんも是非トライしてみてください。

9月号の「私の踊りある記」のジョナサンの写真を提供してくださったRoy Tanのウエブサイトは下記です。
もっと、彼の舞台の写真が見られます。
Roy Tan website.
roytan3.wix.com/exhibition

[2015.10.13]