ダイアリー ~ダンサー日記~

友谷真実さん [ プロフィール ]

マーサ・グラハム・サマースクール、劇団四季研究所、川副バレエスクールでダンスを学ぶ。
★主な出演作品:
ニュー・アドべンチュアーズ『くるみ割り人形』(クララ、キューピット役ほか)、『白鳥の湖』、『カーマン』、『エドワード・シザーハンズ』(ペグ 役ほか)、『Highland Fling』(愛と幻想のシルフィード)、州立バレエ・リンツにてロバート・プール、オルガ・コボス、ピーター・ミカなどの作品(オース トリア)、 アルティ・ブヨウ・フェスティバル(京都)、ベノルト・マンブレイの振付作;スイセイ・ミュージカル『フェーム』、『ピアニスト』; 劇団四季『キャッツ』、『ジーザス・クライスト=スーパースター』、『アスペクツ・オブ・ラブ』、『ウエストサイド物語』、『オペラ座の怪人』、『ハン ス』、『オンディーヌ』など
★TV/映画:『くるみ割り人形』(BBC)他。
★振付作品:『just feel it?以・真・伝・心』個人のプロローグ(02年);アルティ・ブヨウ・フェスティバル(98年)、他。

http://ameblo.jp/mami-tomotani/

From U.S.A 友谷真実

"Curtain Raiser"というのを聞いたことがありますか?

“Curtain Raiser”(開幕劇、前座でのパフォーマンス)というのを聞いたことがありますか?

1312mami01.jpg Re:Bourneを教えにきたリーとミカが、
スクールバスに乗車するところ

ニューヨークのマシュー・ボーン“Sleeping Beauty”の公演前に行われました。
演じたのは、ニューヨークの Frank Sinatra performing arts schoolの生徒さんたちです。内容は、前回「私の踊りある記」でも紹介しましたRe:bourne(リ:ボーン)です!
マシューのダンサー、私の友人でずっと一緒に舞台に立っていたリーとミカがRe:bourne 講師として参加し、マシューの”Sleeping Beauty“の音楽を使い、生徒さんたちと6日間で仕上げました。
前回でも説明しましたように、Re:bourneは、生徒さんたちと一緒にマシューのメソッドで創っていきます。なので、実際の“Sleeping Beauty”とは全然違い、想像がいっぱい入った新たな作品として仕上がります。

ニューヨークのCity Center劇場の協力もあって、子供たちは、マシュー・ボーン“Sleeping Beauty”公演の前に10分ぐらい演じました。
子供たちは、有名な劇場に立てて興奮状態でしたが、午前中に30分のリハーサルを済ませ、立派に本番を終えました!
私たちも、本番がすぐ後にあるので衣装を着たまま袖から見守っていました。お客さんたちは、始まる前に劇場の主催者の方とマシューから説明を受けて、とても暖かく子供たちの発表を観て拍手をしてくださいました。
これは、本当にとても良いことだと思います! ニューヨークを始め、シャーロット、ワシントン、ロスでも私たちの本番の前に行われます。その街の子供たち、学校の子たちをリーとミカがまとめて5日間から6日間リハーサルし、創り上げるので毎回違う作品が出来ます。子供たちは、発表の後私たちの本番も観ます。
カンパニー、劇場の教育部門が子供たちのためにこういう素敵な経験をさせてあげるのはさすがですよね。

1312mami03.jpg ラガーディア高校の先生とベン・ハートリ、マシュー・ボーン

ニューヨークでは、私もRe:bourneをしました。私が行ったのは、ミュージカル『フェーム』で有名なラガーディア高校です。1時間半という短い時間の2クラスでした。ここでは、ウォーミングアップしてから、マシューの“Sleeping Beauty”の1シーンを教え、その後は、生徒さんたちに課題を与えて創作をしてもらい、最後は質疑応答です。
今回は、私とリハーサルディレクターのニールとダンサーのピアの3人で行いました。(普通、講師は二人です。)
4幕の結婚式のシーンの踊りを教えて、その後は、星座を選んでもらい表現してもらいました。実際に星座からダンスを作り上げたので生徒さんたちにも経験してもらいました。今回は演技の生徒さんたちだったので、ダンスはなるべくシンプルに変えて教え、演技からダンスを創り上げてもらいました。
この Re:bourneですが、ニューヨークのダンスの先生方約100名を呼んで、先生方にも経験してもらいました。これから学校、スタジオに Re:bourneが呼ばれることが多くなりそうです!

さて、ニューヨーク公演では、たくさんのお客さんがいらっしゃいました。またブロードウェイ関係の方、有名人もたくさんいらしてかなり盛り上がりました!
私は、ちょうどイギリスで『オペラ座の怪人』のツアーバジョーンを振付けしたスコットが、ブロードウェイでアメリカ人キャストのリハーサルを行っていて、それを見学させてもらったり、チャコットのニューヨーク支店に遊びに行ったり、ベン・ハートリーとTBE大阪の内容の打ち合わせなど2週間を満喫しました。
チャコットのニューヨーク支店は、 TBEのベン・ハートリーと訪れましたが、場所も良く、素敵な空間でディスプレーも豪華でした! 商品に日本語が書いてあるので、良くどういう意味か聞かれるそうです。:)素敵な通りなので、ポピュラーになるでしょうね。

1312mami02.jpg スコットや昔のカンパニーのダンサーたち

『オペラ座の怪人』のリハーサルでは、すぐに顔で、「あの人、クリスティーナ役だな。マダムジリーだな」と分かりました。:) ドンファンのリハーサルシーンで、ディレクタ−がシーンを説明し、その後コーラスのチェックがあり(ほとんどの人が床に座ったまま歌っていましたが、凄かったです。)、振り写しをしていました。
スコットは、マダムジリーとダンサー役の人たちに「ダンサーたちは新作を創る興奮、マダムジリーは、もしかしたらこの公演で成功して有名な振付家になれるかも」という気持ちを入れて、と振りの説明していました。『Swan Lake』のビデオでクィーンをしているニーナがスコットの助手で手助けをしていました。ニーナも若い時にブロードウェイの『オペラ座の怪人』に出演していたのですが、「クリスティーナ役の子は、20歳か21歳で、歌も素晴らしく、ポワントで踊れて、主役のオーラもあり、こんな子がいるのよね!」と言っていました。
私は、スコットとニーナと懐かしい仲間の仕事が見られて、本当に楽しかったです。スコットも私の公演日に観に来てくれて「Mamiがお辞儀をする時、うるうるした。素晴らしかったよ。」と言ってくれました。マシューからも「おめでとう! ステージに戻ったMamiを観るのはとてもラブリー、素晴らしかったよ」と終演後にメッセージをもらいました。4年ぶりの復帰でしたがボスのOKが出てホッとしました。:)

[2013.12.10]