ダイアリー ~ダンサー日記~

友谷真実さん [ プロフィール ]

マーサ・グラハム・サマースクール、劇団四季研究所、川副バレエスクールでダンスを学ぶ。
★主な出演作品:
ニュー・アドべンチュアーズ『くるみ割り人形』(クララ、キューピット役ほか)、『白鳥の湖』、『カーマン』、『エドワード・シザーハンズ』(ペグ 役ほか)、『Highland Fling』(愛と幻想のシルフィード)、州立バレエ・リンツにてロバート・プール、オルガ・コボス、ピーター・ミカなどの作品(オース トリア)、 アルティ・ブヨウ・フェスティバル(京都)、ベノルト・マンブレイの振付作;スイセイ・ミュージカル『フェーム』、『ピアニスト』; 劇団四季『キャッツ』、『ジーザス・クライスト=スーパースター』、『アスペクツ・オブ・ラブ』、『ウエストサイド物語』、『オペラ座の怪人』、『ハン ス』、『オンディーヌ』など
★TV/映画:『くるみ割り人形』(BBC)他。
★振付作品:『just feel it?以・真・伝・心』個人のプロローグ(02年);アルティ・ブヨウ・フェスティバル(98年)、他。

http://ameblo.jp/mami-tomotani/

From U.S.A 友谷真実

ミュージカル『EVITA』を観ました。

このミュージカルの曲は好きな音楽の一つなので劇団四季滞在の時もチャンスがあれば何度も観に行っていました。そのため、はじめは頭の中で日本語の歌詞が出て来て英語に集中出来ませんでしたが、解ってくるとかなりイギリスのきついジョークも入っているのに驚きました。
とても素晴らしい舞台であっという間でしたね。
メインのエビータを演じる役者さんは、巻き舌で英語を話すというか歌っていたので、それがアルゼンチンの人というのを出していて、とてもリアリティーがありました。高音が弱い感じでしたが、演技でカバーし、どんなに美しいドレスを着ても、頂点に立っても最後まで安っぽいというか、どこか品がないというか、あの時代に労働階級からのし上がった女というのを演技、立ち仕草などで表していました。

最初のシーンではちょっと15歳に見えませんでしたが、彼女がどんどんのし上がり、最後の息絶えるシーンまでの変化をたったの2時間程度で演じたのは素晴らしかったです。

ダンスシーンも思ったよりありました。
最初のお葬式のシーンで、嘆きからタンゴを踊りますが、背中を丸め、お互い顔をパートナーの肩や胸にうずめてスローで踊るタンゴはなんともいえない悲しみをあらわしています。よく見る背筋をまっすぐにした切れのあるタンゴダンスより民衆のタンゴという感じで、リアリティーがあり効果を出していました。
メインのエビータもかなり踊っています。最後の方でチェと踊り、走ってリフトされたとたんロングブレスで歌ったのにはビックリしました。

他の役者の方たちも素晴らしい歌と演技とダンスで満員のお客さんをアルゼンチンの世界に酔わせていました。また、マドンナの映画で新たに加わった「You must love me.」がうまく挿入されていて心に残りました。

ところで、私たちの契約は他のダンスカンパニーのように1年契約ではありません。ウエストエンドのミュージカル・カンパニーと同じで、その作品の期間だけの契約です。
ですから例えばアジア公演の後の2ヶ月のオフは何をしてもかまいません。エタは「Shobana jeyasingh Dance company」のリハーサルディレクターの仕事をしました。このカンパニーのディレクターがエタがフリーと知って連絡を取ってきたのです。インディアンダンスを基本としたコンテンポラリーダンスカンパニーです。私はエタのカンパニークラスを受け、ラッキーなことに作品の一つを見ることができました。インディアンダンスからくる面白い動きをカップルやグループで絡んだり、リフトをしたりとても早い動きで踊り、時々インド舞踊のアームスのゆっくりな流れや地に足をうって音をたてたりと、とても美しい作品でした。彼らは韓国公演、香港公演をして来年ロンドン公演があります。


そしてこの2ヶ月のオフにドイツ以外にカンパニー・メンバーのケリーとCanterbury(カンタベリー)に日帰り旅行をしました。
実をいうとケリーとは同じカンパニーにいるのですが、なかなか二人だけで話す機会がないのでこうなったら2年間お互い言っていた「いつか、お茶でもしよう」を「来週の火曜日、どこかに行こう」と二人で具体的に決めました。まずはCanterburyの大聖堂に行きました。とても大きな歴史のある所で地下などもありその広さやそれぞれのステンドグラスや天井画など見所はたくさんで面白かったです。ロウソクに灯をともし、それぞれ祈り清らかな気持ちになった後に、ケリーに「真実とだけよ、ランチから飲むことになるのは。」と二人でランチにはビールとワインを飲み、その後はショッピングです。

私はストレスがたまると普通の女性がするショッピングは苦手で、私物の気に入っていた物、洋服などを勇気を持って捨てる方(最近はチャリティーショップに持って行きます)が私のストレス解消になるのですが、今回のショッピングは小さな町なので疲れず、楽しめました。建物はチューダー様式でとてもかわいらしくお店もこじんまりとしていてそれぞれ個性のある品揃えで楽しめました。
ただ、私が日本から持って来たイギリスの観光の本でレストランやお店を探すとそれはなく、3度目にはケリーに「いったいいつの?」と聞かれよく見ると「’02~’03」でした。(笑)

Have a lovely Christmas. Mami Tomotani x

カンタベリー
[2006.12.10]