ダイアリー ~ダンサー日記~

友谷真実さん [ プロフィール ]

マーサ・グラハム・サマースクール、劇団四季研究所、川副バレエスクールでダンスを学ぶ。
★主な出演作品:
ニュー・アドべンチュアーズ『くるみ割り人形』(クララ、キューピット役ほか)、『白鳥の湖』、『カーマン』、『エドワード・シザーハンズ』(ペグ 役ほか)、『Highland Fling』(愛と幻想のシルフィード)、州立バレエ・リンツにてロバート・プール、オルガ・コボス、ピーター・ミカなどの作品(オース トリア)、 アルティ・ブヨウ・フェスティバル(京都)、ベノルト・マンブレイの振付作;スイセイ・ミュージカル『フェーム』、『ピアニスト』; 劇団四季『キャッツ』、『ジーザス・クライスト=スーパースター』、『アスペクツ・オブ・ラブ』、『ウエストサイド物語』、『オペラ座の怪人』、『ハン ス』、『オンディーヌ』など
★TV/映画:『くるみ割り人形』(BBC)他。
★振付作品:『just feel it?以・真・伝・心』個人のプロローグ(02年);アルティ・ブヨウ・フェスティバル(98年)、他。

http://ameblo.jp/mami-tomotani/

From U.S.A 友谷真実

今年のホリデーはNew Yorkに行って来ました。

私のフラットメイトであるマチリアスのカンパニー「RANDOM」がリンカーンセンター・フェスティバルで公演するので、それを観るのもかねてです。

私は8年ぐらい前にNew Yorkに3ヶ月住んでいたのですが、今回再び訪れて町が安全になっていることと、ノリータなどの変わりようにビックリしました。
ただ、アメリカ英語は全然何を言っているのか解からず、マチリアスに聞くと彼も全然解らないそうです。でも私のような失敗はしていないと思います。もちろん向こうも私の日本語アクセントのイギリス英語は分からず、「キャラメルマキアート」を頼むと「レモネード」が来て、「Thanks?・・・」という感じでした。ウエイターも私の表情を見て「これでいいの?」と聞いてくれたので替えて貰いましたが。

さてマチリアスたちと同じ劇場で上演されているShen Wei Dance Arts の公演をマチリアスや劇場の下見に来ていたディレクターのウェインたちと観ました。最初の作品はとてもスローです。ダンサー側からみるとゆっくり踊るのはとても難しく、しかもリフトのプレパレーションがいかにもこれからリフトします。となりがちですが、しゃがんだところからの低いリフトなので作品の流れを壊さないでいました。全身白塗りで上半身が裸でしたので彫刻が動いているようでとても美しく、舞台奥にある階段が上手に使われて面白かったです。2作品目は対照的にとても早く、(といってもRANDOMカンパニーほどではありませんが)同じ振りの繰り返しにいろいろ工夫がされていました。観ている側が、もう同じ振りを観るのは限界と思った時に振りが変わっていました。(笑)
最後の方はダンスと音楽が混ざっていく感じになり、観ている私ももうろうとしてきてダンサーたちが音符に見えてきました。音を表現したかったのなら大成功ですね。

いよいよRANDOMの『アタクシィア』です。
私もとても緊張しました。出だしからオーケストラがダイナミックに演奏し、観客の目が一気に舞台上にいるダンサーに集中しました。しかも、何度も踊りこんだ作品なのでダンサーたちも落ち着いて見え、良い意味の緊張感とパワフルなエネルギーが舞台上から流れていました。
オーケストラのメンバーはイギリスと同じメンバーが演奏していました。早く演奏されたらこの早い動きを踊るのは不可能だろうな。と思っているとマチリアスいわく本当に不可能になるので、オケピットに一定のテンポでライトが点滅しているそうです。
この作品を観るのは2度目ですが、こんなに早く体を動かす事が出来るのね。と毎回感心させられます。コントロールされていない速い動きは、しっかりとセンターにポイントがないと転んだり怪我をしたりするので、どこかで動きの解放をセイブされているのが見える場合もあるのですが、ここのダンサーは全然それが見えません!
しいていえば、ちょっと雰囲気の変わる可愛らしい場面があるのですが、そこも全エネルギーで踊っていたので、可愛らしさが伝わらなかったのが残念でした。

コンテポラリーでは、映像を舞台上で使う時もありますが、いつも映像だけに目がいったり踊りをじゃましていたりと難しいのですが、ウェインは映像を面白く使います。映像とダンサーたちがうまくからみあって私は好きなのですが、今回はちょっと長すぎるような気がしました。
S.Fぽい照明や舞台装置はCool ! という感じです。
 
後半は上からのスポットライトをそれぞれに照らし、9人のダンサーたちがそれぞれの動きをこれまた早く倒れるまで踊るので圧巻です。ダンサーは10人ですが、ほとんどこの広い舞台上を9人で踊っています。最後は大歓声で終わりました。
この作品については、04年の8月号で船引怜美さんや今年の8月号でブルーシャ西村さんが紹介しているので、プロの意見を参考にしてください。

RANDOMの新作は、『heart』をテーマに9月、ロンドンのサドラーズ・ウエルズ劇場でワールドプレミアがあります。

[2005.09.10]