ダイアリー ~ダンサー日記~

友谷真実さん [ プロフィール ]

マーサ・グラハム・サマースクール、劇団四季研究所、川副バレエスクールでダンスを学ぶ。
★主な出演作品:
ニュー・アドべンチュアーズ『くるみ割り人形』(クララ、キューピット役ほか)、『白鳥の湖』、『カーマン』、『エドワード・シザーハンズ』(ペグ 役ほか)、『Highland Fling』(愛と幻想のシルフィード)、州立バレエ・リンツにてロバート・プール、オルガ・コボス、ピーター・ミカなどの作品(オース トリア)、 アルティ・ブヨウ・フェスティバル(京都)、ベノルト・マンブレイの振付作;スイセイ・ミュージカル『フェーム』、『ピアニスト』; 劇団四季『キャッツ』、『ジーザス・クライスト=スーパースター』、『アスペクツ・オブ・ラブ』、『ウエストサイド物語』、『オペラ座の怪人』、『ハン ス』、『オンディーヌ』など
★TV/映画:『くるみ割り人形』(BBC)他。
★振付作品:『just feel it?以・真・伝・心』個人のプロローグ(02年);アルティ・ブヨウ・フェスティバル(98年)、他。

http://ameblo.jp/mami-tomotani/

From U.S.A 友谷真実

オバマの就任式を見ましたか?

 オバマの就任式を見ましたか? 本当にアメリカにとってまた、世界にとっても待ちに待った時が実現しましたね!
私の友人たちがこの就任式のためのパーティーホールを受け持ちました。1週間前からワシントン入りしホールを作り、搬入、搬出などをしました。毎回セ キュリティーチェックがあり、その後はそれぞれ専門職で呼ばれている人たちと連携で行われたそうです。私の友人たちはウエスト・バージニアから参加したの ですが、ラッキーな舞台スタッフさんたちがブルックリンやいろいろな所から呼ばれてきて、以前ツアーで一緒に仕事をしたことのある仲間に偶然会えて楽し かったみたいです。
 会場作りの1週間は本当にエキサイトしたそうです。そしてケネディ大統領の就任式の準備をした人たちも同じ気持ちだったのかな、とふと思ったそうです。今回みたいに、ホワイトハウスに希望とインスピレーションを感じるのは初めてと言っていました。
仕事終わりに飲みに行く所ではオバマの自動車行列が見えたりして、興奮した1週間だったそうです。パティー会場は10カ所もあり、それぞれ有名な歌手た ちがゲストで歌ったそうです。私の友人が仕事をした会場は歌手のThe grateful dead and wyclef jeanがゲストだったそうです。メイン会場はStevie Wonder, Stingなどがゲストだったそうです。
いろいろな所から呼ばれたスタッフさんたちは、場所によっては次の日に何をするのか、どこのホールを受け持つのか解らず、当日言われたりもしたそうです が、何事も問題なく驚くぐらいスムーズだったそうです。と、思っていたら就任式の当日に友人が受け持った所でセキュリティーのチェックをする所に問題が生 じてとても寒いところを3時間も待たされたそうです。
『シザーハンズ』のツアーで冬にワシントンへ行ったことがありますが本当に寒いです! 目の他は全部防寒をして歩いたのを覚えています。オバマはスーツ姿 で他の人たちのようにコートを着ていませんでしたが、もちろん野外でもヒーターがあったのでしょうが寒かったでしょうね。ホットパットをしていたのでしょ うか?
私も友人から毎日メールで報告があり、あたかもその会場にいたような気分になれ、タイムリーな出来事でした。
イギリス人たちはアメリカ人を馬鹿にして嫌いますが、今回ばかりはよくオバマを選んだ! と喜んでいるみたいです。しかし私のイギリス人の友人は、「自 分たちは女性のトップを初めて、それも今ではなく、男尊女卑がまだあるころに選んだ。」と相変わらず自分たちのほうが上と言っています。(笑)
昨年ロンドンで私はオバマの選挙に集中していたら、いつの間にか日本の首相が変わっているのにビックリしました。外国の人たちが毎回すぐ変わる日本の首 相を覚えられず、首相1、首相2と呼んでいるという記事を見て情けないけど納得してしまいました。私たちももっと政治に参加して、日本人として世界に誇り をもてるように、「この人についていこう」という首相を選ばないといけませんね。(日本では悲しいことに自分たちで首相は選べませんが・・・)

[2009.02.10]