ダイアリー ~ダンサー日記~

針山愛美さん [ プロフィール ]

13 歳でワガノワ・バレエ学校に短期留学、16歳でボリショイ・バレエ学校に3年間留学した後、モスクワ音楽劇場バレエ(ロシア)、エッセン・バレエ(ドイ ツ)、インターナショナルバレエ、サンノゼバレエ、ボストン・バレエ団(アメリカ)、と世界各地のバレエ団に入団し海外で活躍を続ける。
2004年8月からはベルリン国立バレエ団の一員に。

1996年:全日本バレエコンクールシニアの部第2位、パリ国際コンクール銀メダル(金メダル無し)
1997年:モスクワ国際バレエコンクール特別賞
2002年:毎日放送「情熱大陸」出演 、[エスティ ローダー ディファイニング ビューティ アワード]受賞
◆Emi International Arts
◆針山愛美のバレエワールド

From Berlin 針山愛美

2013年 皆様、本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

2012年、振り返ると色々なことがありましたが、その一駒一齣が昨日のように感じます、本当にあっという間に過ぎていきました。時間は戻すことができないですが一瞬一瞬を大切に今年も過ごせるようにしたいです。そしてこれまでたくさんの方に助けていただき、これからは私もたくさんの方々のために、力になれる何かしていきたいと思います。

私の本年1月1日は、『ペールギュント』の公演で幕開けでした。
主演は、マラーホフ監督。
印象深い元旦になりました。

12月9日
クルトゥアベタニアムで行った自らのプロデュースショー。
画家とオペラ歌手、ライト・テクニシャンとのコラボでしたが、10メートルほどある建物の2階からキャンバスを下におろしキャンバスの端を持って踊りながらそのキャンバスに描いているシーン。
最後のシーンでは、ライト・テクニシャンが身体や、その後ろにプロジェクションし、その光が動きをフォローするので色々と面白い演出が可能でした。今回は時間があまり無くて完成するまでに至りませんでしたが、今後また色々時間をかけてつめて行きたいと思っています。

1301emi02.jpg 1301emi03.jpg

12月12日、19日、26日(26日はマチネとソワレの2回公演)
『ロメオとジュリエット』の公演。
26日は2回公演でした、前年は25日に『白鳥の湖』の2回公演だったことを思い出すと『ロメオとジュリエット』2回公演は本当に楽でした。
23日は日曜日で、24、25日も休みだったため、私は週末から日本に居ました。
久々に家族と過ごした年末の2日(と言いましても25日に戻りましたが)は、色々今年のことを振り返る素晴らしい時間でした。
団員もそれぞれに家族や、友達などとゆっくりした時間を過ごせたと思います。
26日の公演はやはり家族連れの姿が多く見られました。

<キャスト>
12日、26日マチネ
ジュリエット:ヤナ・サレンコ
ロメオ   :マリアン・ワルター
ティボルト :アーシャク・ギャルミャン
マキューシオ:ジーヌ・タマズラカウ
19日、26日ソワレ
ジュリエット:エリザ・カブレラ
ロメオ   :ミハイル・カニンスキー
ティボルト :ビスラウ・デュディック(19日)/レオ・ジャコビナ(26日)
マキューシオ:ライナー・クレンシュテッター

12月30日、31日
私の恒例、ベルリン・フィルハーモニーのシルベスター・コンサートに行きました。
日本からいらっしゃったお客様も多く、着物姿の方もいらしてました。
こちらの方も、タキシードやドレスなど着飾っていて、雰囲気は本当に素敵。
指揮は、サイモン・ラトル。
ソプラノのシシリア・バルトリがゲストで出演。
プログラムは、ヘンデル、ドビュッシー、ドヴォルザーク、ラヴェルなどガラ形式で有名どころのハイライト・コンサートでした。
バルトリは世界的に有名なオペラ歌手ですが、ベルリンで聞く機会は少なく、音楽ファンの方々も楽しみにしていたようですが、その名声どおり素晴らしかったです。
31日終演後は恒例のフリーゼクト(ドイツのスパークリングワイン)で観客皆華やかな雰囲気で乾杯しました。
その後は、24時の打ち上げ花火をドイツ国民、バレエ団員ももちろん堪能し、新年を迎えました。

1301emi04.jpg Photo:Emi Hariyama 1301emi05.jpg Photo:Emi Hariyama

1月1日
バレエ団は元旦から仕事始めです。
『ペールギュント』の本番18時から。
<キャスト>
ペール :ウラジーミル・マラーホフ
ソルベク:ナディア・サイダコーワ
先程、冒頭でもふれましたが、元旦からマラーホフ監督主演の『ペールギュント』の本番でした。
元旦にも関わらずたくさんのお客様に来ていただくことが出来ました。
団員それぞれ、大晦日はいつもより夜更かし(?)していたと思いますが、皆二日酔い(笑)の影も無く元気。実は、あまり『ペールギュント』のリハーサルをする時間が無く、数回通しが出来ただけだったのですが、しっかりまとまっていたと思います。
私は、2幕は殆ど出番が無かったので、袖からずっと見ていましたが、マラーホフ監督の表情が本当に状況毎に変化し、表現力や身体からでるオーラが凄いと思いました。
ナディアとのパートナーシップもとても良かったです。
このキャストで4日も公演。
4日はほぼ満席でした。
マラーホフ監督、1日にもまして熱演されていました。
途中、本当に涙を流して熱演されていました、素晴らしい。

1301emi01.jpg Photo:Emi Hariyama 1301emi06.jpg Photo:Emi Hariyama
1301emi07.jpg Photo:Emi Hariyama 1301emi08.jpg Photo:Emi Hariyama

1月5日、6日
二日連続、『ラ・ペリ』の公演。
新年から休みなしで2日以外毎日公演でした。
『ラ・ペリ』は『ペールギュント』と全く異なりロマンティック・バレエなので日々、色々なスタイルの公演できるのは恵まれたことです。
5日も6日も、マラーホフ監督はしっかり見にいらしていて、5日の公演後は舞台上で色々と駄目だしを。でも何だか控えめな感じで、全体的にはよかったけれど、願わくは・・・、というような言い方をされていました。何だかとてもジェントルなマラーホフ監督でした。
<キャスト>
ぺリ   :ヤナ・サレンコ
アフメット:マリアン・ワルター

1月7日バレエ団は、新年以来のお休みでした。
この日はマラーホフ監督のお誕生日でした!

今月末には、2011年の日本公演でも上演した『チャイコフスキー』の公演がありリハーサルしています。

2013年も、皆様にとって充実した素晴らしい1年になりますよう願っています。

[2013.01.10]