ダイアリー ~ダンサー日記~

針山愛美さん [ プロフィール ]

13 歳でワガノワ・バレエ学校に短期留学、16歳でボリショイ・バレエ学校に3年間留学した後、モスクワ音楽劇場バレエ(ロシア)、エッセン・バレエ(ドイ ツ)、インターナショナルバレエ、サンノゼバレエ、ボストン・バレエ団(アメリカ)、と世界各地のバレエ団に入団し海外で活躍を続ける。
2004年8月からはベルリン国立バレエ団の一員に。

1996年:全日本バレエコンクールシニアの部第2位、パリ国際コンクール銀メダル(金メダル無し)
1997年:モスクワ国際バレエコンクール特別賞
2002年:毎日放送「情熱大陸」出演 、[エスティ ローダー ディファイニング ビューティ アワード]受賞
◆Emi International Arts
◆針山愛美のバレエワールド

From Berlin 針山愛美

7月、ベルリンは日が長く22時位まで明るい日が続いています。

6月19日(22日、7月1日も同キャスト)
『バヤデルカ』の復活公演初日。
<キャスト>
ニキア:ベアトリス・クノップ
ソロル:ドミトリー・セミョーノフ
ガムザッティ:エリザ・カブレラ

今回は、デザインは以前と同じですが、衣装を全部新調しました。新しい衣装で踊れるのは気持ち良かったです。
マラーホフ監督は、全公演を袖からご覧になっていました。
ニキアのベアトリスは情感溢れる素晴らしい演技でしっくり魅了し、ドミトリーの迫力あるダイナミックなエネルギーと、エレナの威厳あるガムザッティの三角関係が素晴らしかったです。
僧侶はミハイル・バンテェフ、演技派の彼も舞台を盛り上げていました。
マラーホフ監督も、公演には満足そうでした。

6月20日、7月1日
『バヤデルカ』の公演
<キャスト>
ニキア:中村 祥子
ソロル:ミハイル・カニンスキー
ガムザッティ:エリザ・カブレラ

前日キャストはまた一味違う舞台になりました。
ミハイルとエリザは私生活でもパートナー、ベルリン国立バレエでの全幕共演は初めてだったと記憶しています。
祥子ちゃんも抜群の安定感、素晴らしかったです。

6月20日から27日まで
バレンボイム指揮でシュタッツカペルのコンサート。
5日間にわたって行われたコンサートチクルス。
バレンボイムがベートーベン ピアノコンチェルトの1番から5番を弾きながら指揮。
そして、それに加えブルックナーの5番から9番を演奏しました。
『バヤデルカ』の公演と2日重なったため、3回のコンサート聴きましたが、まさに贅沢なコンサートでした。バレンボイムのベートーベンピアノとブルックナーの両方をい一夜で聴けるなど、しかもほぼ毎日聞けるなんて正にベルリンならでは!
心にずっしりくるコンサートでした。


6月27日

WMドイツ=イギリス戦をパブリックビューで観戦してから、バルトビューネのコンサートへ。
ドイツが勝って交通はマヒ状態。2時間前に出発したのにぎりぎりに到着しました。
ベルリンフィルハーモニーのシーズンを締める最後のコンサートは、野外劇場バルトビューネで毎年1コンサート行われています。
去年も一昨年も行きたくてチケットを持っていながら、公演などと重なり行くことが出来ませんでしたが、今年は素晴らしい天候のもと、存分に楽しむことが出来ました。数年前にBSでバルトビューネのコンサートの模様を見たことがありますが、その場で聞くのは本当に特別で素晴らしい雰囲気、日が暮れていく青空の中爽やかな風が吹き、テレビでは味わえないものでした。
今年はガラ形式で、『スパルタクス』から抜粋や、『ロメオとジュリエット』抜粋などバレエの曲もあり、レネ・フレーミングの歌声も素晴らしく感激でした。

1007emi01.jpg バルトビューネ 1007emi02.jpg バルトビューネ

7月4日
『バヤデルカ』今シーズン最終公演。
終演後、マラーホフ監督の話や他のバレエ団に移っていくダンサー達へのお別れがステージ上で。
バレエ団はシャットアップダンスの公演が数回残っていますが、大半のダンサーはこの日がシーズン最終日でした。

7月6、7日
ドイツ・オペラに東京バレエ団が客演。
演目は「ザ・カブキ」
実は20年ほど前に「ザ・カブキ」を日本で見て以来、まさかベルリンで見ることが出来るなんて夢にも思っていませんでした。
日本のダンサーの素晴らしさをベジャールの振りが更に輝きを加え、日本的な衣装もとても美しく公演を本当に満喫しました。
ドイツのお客様もとても感激されたようで、最後はスタンディングオベーションで拍手喝采となりました。
2幕の最後などは皆様の迫真のエネルギーが伝わってきて鳥肌が立ちました、素晴らしかった!

8月の中旬までバレエ団は休暇です。
来シーズンの公演は、9月末のオープニングガラで開幕します。
国立歌劇場内部はもう工事に入っています、、、、来シーズン国立歌劇場の代わりとなるシラー劇場での公演もどのようになるか楽しみです。
私自身7月中旬に日本に帰り、1ヶ月滞在するのでとても楽しみです。

皆様も素敵な夏をお過ごしくださいね!

1007emi03.jpg 国立歌劇場の周辺工事 1007emi04.jpg イスタンブールにて
[2010.07.12]