ダイアリー ~ダンサー日記~

針山愛美さん [ プロフィール ]

13 歳でワガノワ・バレエ学校に短期留学、16歳でボリショイ・バレエ学校に3年間留学した後、モスクワ音楽劇場バレエ(ロシア)、エッセン・バレエ(ドイ ツ)、インターナショナルバレエ、サンノゼバレエ、ボストン・バレエ団(アメリカ)、と世界各地のバレエ団に入団し海外で活躍を続ける。
2004年8月からはベルリン国立バレエ団の一員に。

1996年:全日本バレエコンクールシニアの部第2位、パリ国際コンクール銀メダル(金メダル無し)
1997年:モスクワ国際バレエコンクール特別賞
2002年:毎日放送「情熱大陸」出演 、[エスティ ローダー ディファイニング ビューティ アワード]受賞
◆Emi International Arts
◆針山愛美のバレエワールド

From Berlin 針山愛美

今月はベルリンのシーズンは夏休み中!

現在日本に居ますがNYの様子などお届けしたいと思います。

7月5日

  0908emi01.jpg

妹 真実の家ベランダで

久しぶりのアメリカへ。
ドキドキしながら入国。
何しろ最近入国審査が厳しくなっているのでグリーンカードで入国できるか心配しましたが無事パスポートコントロールを通過し、妹真実の新しい新居へ向かいました。
マンハッタンを一望できるすばらしい景色。。。バカンスに来た気分で妹との再会を楽しみました。
真実の家は3階立ての大きなコンドミニアムになっていて、そのうちのワンフロアはABTのサマースクールに留学に来た、7人の将来のバレリーナの卵達のステイ先となっていました。
若いバレリーナたちにもお会いすることが出来ました。

7月6日
久しぶりにイリーナ・コルパコワと再会。
彼女は12年前と全く変わらぬ可憐さと美しさでびっくりでした。
NYではABTアメリカンバレエシアターのシーズン最後の週で『ロメオとジュリエット』を5キャストで見ることが出来ました。
こんな経験はABTならでは。

この日のキャストは
ジュリエット:ディアナ・ビシニョーワ
ロメオ:マルセロ・ゴメス

この組み合わせは始めて見ましたが、エキゾチックで迫力ある二人、、、素晴らしいコンビでした。体全体で溢れるような演技と踊りを見せるビシニョーワと正確なテクニックと抜群のサポートで見せるゴメス。
シャイな感じというよりは、少し貫禄あるロメオとジュリエットを演じた二人。。。圧倒されました。

7月7日

0908emi02.jpg

妹の真実がABTのクラスピアノを弾くので見に行きました。
その後自分もクラスを受けたりして夜は公演を見に行きました。

キャスト
ジュリエット:イリーナ・ドヴォロヴェンコ
ロメオ:ロベルト・ボッレ

ボッレは、素晴らしいの一言。
以前アレッサンドラ・フェリとの競演でバルコニーのシーンを見たことがありますが、今回は全幕で彼の良さがより一層ひきたっていました。
容姿とテクニックに加え、繊細でかつその状況の気持ちがひしひしと伝わってきました。
ドヴォロヴェンコとの相性も良くパ・ド・ドゥなどでも魅了してくれ、観客のブラボーがかなり長い間続きました。

  0908emi03.jpg 0908emi04.jpg

MET美術館から

7月8日 昼の部
ジュリエット:ジリアン・マーフィー
ロメオ:デービッド・ホールバーク

デービッドはコールドバレエからプリンシパルにあがりたての頃の踊りを見たのが最後で、その頃はまだ青年という印象を残していましたが、もはやすっかりABTの顔となり舞台上でも自信に満ち溢れていました。
ジリアンはテクニシャンという印象を持っていましたが、繊細で愛らしいジュリエットを好演。
金髪で風を切るような印象のデービッドと同じく金髪で愛らしいジリアン、、、、正真正銘ロメオとジュリエットでした。
この日は観客としてイーサン・ステーフィルの姿も見えました。

7月9日
ジュリエット:ヘイ・セオ
ロメオ:コリーン・スターンズ

二人ともこの日がデビューとは思えない素晴らしい公演でした。
フレッシュコンビならではの初々しさで観客を魅了。
それに加え、この日は元バレエリュスでも活躍し世界各地のプリンシパルダンサーとしても活躍したフレデリック・フランクリンの90歳の誕生日記念公演でもあり、彼が登場すると鳴り止まない拍手に包まれました。

7月10日

ジュリエット:シオラマ・レイエス
ロメオ:ヘルマン・コルネホ

シオラマは足の故障から久々の復帰好演だったようで、皆がこの日を暖かく待っていた雰囲気が客席にも伝わってきました。
コルネホは初日にマキューシオでのインパクトがすごく強かったので、ロメオと時々かぶってしまいましたが、それでも完璧にコントロールされたテクニックを見せてくれました。

7月12日
妹の真実がNYでバレエスタジオをオープンさせたので、NYで1クラス教えさせて頂きました。
39通りにある大きなスタジオはNYでは珍しく柱もなく素敵な空間。
その後は食事会もあり受講者の皆さんとすばらしい時間を過ごすことが出来ました。

7月17日

日本に到着しました。
蒸し暑かったり急に雨が降ったりとおかしな天気が続いています。
しかし本当に日本の便利さ清潔さ全てに感動します。

  0908emi05.jpg   0908emi06.jpg
日本は世界バレエフェスティバルはじめ、素晴らしい公演が沢山あり、何時もの事ですが世界中のダンサーが大集合!日本は正にバレエの中心地といった感じです。


あっという間に8月に入りました。
さて、今年は日本でも躍らせていただく機会がありました。
新国立劇場は見に行ったことはあったのですが、リハーサルスタジオにはじめて足を踏み入れました。その美しさ完璧さにもうただびっくりしています。
本当に素晴らしい設備が整っていてこんなところでお仕事できたら素晴らしいなあ。。と思いました。

8月10日にはイレク・ムハメドフさんと躍らせていただく事になり、数回リハーサルしましたが本当にやさしい方でした。
思えば1990年私が始めてロシア(旧ソビエト連邦)に行ったとき彼はボリショイバレエ団のスーパースターとして活躍していました。
私はまだ中学生でしたが、豪快かつダイナミックな舞台を見せてくださったのは今でも鮮明に記憶に残っています。
バレエインターナショナルでは同じく元ボリショイバレエ団のスターであったアレクサンドル・べトロフさんと踊ったり、タチアナ・テレホワやコルパコワなど、かつてのロシアで活躍したダンサーにアメリカやヨーロッパで会うことは多いのですがまさか自分がムハメドフさんと踊ることになるとは信じられませんでした。
この記事が掲載される頃には本番は終わってしまっていると思いますが本当に素晴らしい機会でした。
本番の様子などはまた別にお届けします。

あっという間に過ぎていく日本の日々。。。。
8月19日にまたベルリンに戻ります。
公演が始まるのは9月25日なので少し余裕がありそうなのでほっとしています。
来月は日本とベルリンの日記をお届けします。

[2009.08.10]