ダイアリー ~ダンサー日記~

針山愛美さん [ プロフィール ]

13 歳でワガノワ・バレエ学校に短期留学、16歳でボリショイ・バレエ学校に3年間留学した後、モスクワ音楽劇場バレエ(ロシア)、エッセン・バレエ(ドイ ツ)、インターナショナルバレエ、サンノゼバレエ、ボストン・バレエ団(アメリカ)、と世界各地のバレエ団に入団し海外で活躍を続ける。
2004年8月からはベルリン国立バレエ団の一員に。

1996年:全日本バレエコンクールシニアの部第2位、パリ国際コンクール銀メダル(金メダル無し)
1997年:モスクワ国際バレエコンクール特別賞
2002年:毎日放送「情熱大陸」出演 、[エスティ ローダー ディファイニング ビューティ アワード]受賞
◆Emi International Arts
◆針山愛美のバレエワールド

From Berlin 針山愛美

2007年になりました。

1年過ぎるのは本当に早いので、毎日大切に過ごしたいものです。
去年は怪我に振りまわされたような1年でしたが気持ちを入れ替えて今年も充実できるよう頑張れればと思います。

ベルリンの12月


 

12月9日
バレエ団は今日から珍しく連休です。
今日はまずペルミバレエ学校の公演を見ました。
去年に引き続き2回目の来独で、会場はロシアンハウスでした。 去年はコッペリア、今年はくるみ割り人形を披露してくれました。 主役のカップルはスクール生徒とは思えないほどしっかりしていて、パドドゥも難しい振りでしたが踊りきっていました。その他数名将来の卵の姿が見えました。
その後バレエ学校の方と少し話したのですが、公演の前日夜中2時にホテルに着き、今日は朝8時にドレスデンからバスで来たとの事。本当に過酷なスケジュールで大変だと思います。そして公演後またすぐに次の都市へバスで移動されました。 来年も楽しみにしています。
その後ベルリンフィルハーモニーでコンサートを聞きました。 ズービン・メータ指揮。 ソリストはラン・ラン(ピアニスト)で、ラフマーニノフ3番と、チャイコフスキーのロメオとジュリエットから、そしてストラビンスキーというプログラムでした。 ラン・ランは大好きなピアニストの一人ですが、今回も圧巻。 よく手が動く事・・・そしてその弾きっぷりが魅力ですね。 ベルリンフィルの会場で、終わった瞬間総立ちなんて、今まで経験した事がありませんでした。 観客があまりに興奮し、拍手が10分くらい続いたところで1曲アンコールも弾いてくれました。

ペルミバレエ学校ベルリン来独


 

12月10日
ここ連日音楽三昧です。
今日はバレンボエム指揮シュタッツカペルのコンサートを聞きました。
シャスタコービッチの1番をマキシム・ベンゲロフのバイオリンで、そしてバルトークも聞きました。
マクシムは初めて聞く機会に恵まれましたが、貫禄でした。
音が出る事といったら、しかしピアニッシモも素晴らしい音色でした。
昨日のベルリンフィルとはやはり違った音色のオケ、バレンボエムの音色でした。
私はこの音色大好きです。


 

12月14日
恒例!くるみ割り人形の本番。
キャストは
コリーン・ベルディーユ
ミカエル・バンテェフ
今日から1週間毎日本番が続きます。
クリスマスホリデーシーズンとあって毎日満員御礼で劇場は活気があります。
 


 

12月15日
眠れる森の美女本番。
中村祥子さんとロナルド・サフコービッチの組み合わせ。 カラボスはマラーホフ監督でした。
祥子さんは本当に安定して素敵でした。
マラーホフ監督のカラボスもさすが!存在感がすごい・・・。


 

12月16日
今日は、またまたくるみ割り人形。
キャストは
ガエラ・プジョール
ライナー・クレンシュテッター
本番が終わって外に出ると、歌劇場のまわりのクリスマスマーケットがまだ開いていて、なんだか暖かい気分になりました。
私もその雰囲気に引き込まれて1周してみましたが、温かいワインやソーセージを食べながら買い物を楽しむ人々を見てこちらの人は寒い冬の過ごし方を知っているなあ・・・と自分も楽しみました。

ベルリン冬のマーケットから

クリスマスソーセージ屋台


 

12月18日
今日はくるみ割り人形の本番。
ここで、バレエ団のスケジュールについて少し書きたいと思います。
普段は10時半からクラス。
12時から6時までリハーサルがあります。
昼休みは2時から2時半まで30分です。
本番のある日はクラスの後、本番開始の6時間前までリハーサルがあります。
例えば、今日のように7時半開演なら1時半までリハーサルがあり、その後リラックスする時間があります。
怪我人や病気の人がいるとその日の午前中のリハーサルは変更に。緊急リハーサルのような形になり・・・このように毎日舞台が続くと大変。アンダースタディーに入っていたらほぼぶっつけ本番で踊らなくてはいけない事も。
くるみ割りリハーサル風景
(チャコットカレンダーに出てくれた
子供たちの顔も見えます) 


 

12月25日
くるみ割り人形ダブル公演です。
3時と7時の2回公演。
思い出せば、ボストンバレエ団にいた時はほとんど毎日2回公演で、一月で50回くらい本番をこなした事がありました。
そのときは本当にプライベートの時間がなかったなあ・・と思い出しますが、それに比べればベルリンはまだ余裕があり良かったなと思います。
2回公演は今日のみなので!


 

2007年1月は、くるみ割り人形、眠れる森の美女、そしてシンデレラの公演に加え、 マラーホフとフレンズが28日から始まります。 ゲストは
ホセ・カレーニョ /ジュリー・ケント /吉岡美佳さん/高岸直樹さん
後予定では
ルシア・ラカッラ /シリル・ピエール
などがいらしてくださいます。
マラーホフ監督の現役20周年記念だそうで、とても楽しみです。 今年もどうぞよろしくお願いいたします!!!
眠れる森の美女
[2007.01.10]