ダイアリー ~ダンサー日記~

針山愛美さん [ プロフィール ]

13 歳でワガノワ・バレエ学校に短期留学、16歳でボリショイ・バレエ学校に3年間留学した後、モスクワ音楽劇場バレエ(ロシア)、エッセン・バレエ(ドイ ツ)、インターナショナルバレエ、サンノゼバレエ、ボストン・バレエ団(アメリカ)、と世界各地のバレエ団に入団し海外で活躍を続ける。
2004年8月からはベルリン国立バレエ団の一員に。

1996年:全日本バレエコンクールシニアの部第2位、パリ国際コンクール銀メダル(金メダル無し)
1997年:モスクワ国際バレエコンクール特別賞
2002年:毎日放送「情熱大陸」出演 、[エスティ ローダー ディファイニング ビューティ アワード]受賞
◆Emi International Arts
◆針山愛美のバレエワールド

From Berlin 針山愛美

2005年もあっという間に過ぎてしまいました

12月はホリデーシーズンと言う事もあり『くるみ割り人形』と『眠れる森の美女』が交互にありました。

さて、12月8日、私は『ボリス・グドノフ』のオペラ新演出のゲネラルリハーサルを見ようと国立歌劇場に。
すると何と爆弾が見つかった、、、という事で劇場周辺は警察に取り巻かれ、出演者人以外はすぐに出て行くように、との事。てっきりテロがあったのかと思いましたが、第2時世界大戦の傷跡がまだ残っていたようで、無事撤去されたようです。ですが、オペラのリハーサルは中止になりました。そのお陰で私達の『くるみ割り人形』のステージリハーサルが9日になっていたのが、オペラに変更になり、10日にずれ込んでしまいました。
10日は今シーズンの『くるみ割人形』の初日で、朝からオーケストラリハーサル、夜に本番でした。日本ではよくある事なのですが、こちらでは本番のある日にゲネプロをする事がないので珍しい事でした。
ともあれ、無事本番を終える事が出来ました。

9日は国立歌劇場でオペラ 『トウ-ランドット』を見ました。昨年も見たので2回目でした。テノールが素晴らしかったです。演出はあまり好きではありませんでした。

11日は先ほど書いた、リハーサルを見逃した『ボリス・グドノフ』の本番を見ました。何といってもこのオペラは音楽が大好きです。バレンボエムが指揮という事もあって素晴らしく、凄い迫力でした。
ボリスを演じたレーネ・パーぺは素晴らしく感動しました。(夏にメトロポリタンオペラと共に来日予定)
その後パーティがあり著名な方(前首相や大統領など)の顔もうかがえました。

12日、再び『くるみ』の本番でした。
コリ-ン・ベルディーユとミカエル・バンテェフという組み合わせ。このカップルは息がぴったり合っていて、パ・ド・ドゥも決めるべきところでバッチリ合うので、見ていて気持ちがいいです。

15日も『くるみ割り人形』。
ガエラ・プジョルとミカエル・バンテェフの組み合わせ。
最近チケットが毎回完売で、バレエ団にとってはいいのですが、チケット入手が困難で困ります。ホリデーシーズンなので余計に見に来てくださる方が多いのだと思います。

17日は素晴らしいコンサートを聞きました。
バレンボエム指揮ベルリンフィル演奏のチャイコフスキーの5番。何回鳥肌が立ったことか!夏にニューヨークフィルでも聞きましたが、今回の方がよりずっしりくるものがあり、2楽章では本当に涙が出そうでした。
音楽って本当に素晴らしい、、、。

20日は11月以来久々『眠れる森の美女』本番でした。
キャストは オーロラ姫:ナディア・サイダコーワ、プリンス:ロナルド・サフコービッチ、カラボス:ウラジーミル・マラーホフという組み合わせ。
ロナルドの踊りはいつ見ても安定しているし、とても素敵なダンサーだと思います。マラーホフのカラボスはさすが!衣装もメークも本当にお似合いで、ちょっとしたマイムが素晴らしいと思いました。ミカエルやロナルドと又違ったカラボスで本当に三者三様ですね。

 

「くるみ割り人形」
21日、昨日の『眠り』に引き続き今日は『くるみ割り人形』。
ポリーナ・セミョーノワとアルチョム・シュピレフスキーというコンビ。
ポリーナは本当にスゴイ。
舞台上にいる彼女から目を離せませんでした。
彼女が放っているその輝きは本当に素晴らしいです。
アルチョムもこの日は絶好調で、バリエーションもすごく良かったです。

22日、ドイツオペラでオペラ『ファウスト』を見ました。
モスクワ音楽劇場に所属していた時にも踊った事がある『禿山の一夜』もファウストの一部分なのでどんな感じになるのかな、と思いましたが、何とブレイクダンサーが登場。切れの良い踊りを見せてくれましたがびっくりしました。その上社交ダンスも登場。なかなかおもしろかったですが、、、バレエどころではありませんでした、、。全体的には楽しめる作品でした。

さて、23日、25日は両日とも『くるみ割り人形』の2回公演。
3時と7時のダブルパフォーマンスでした。
アメリカ時代、特にボストンバレエに所属していた時は2回公演は当たり前。
週10回公演をこなしていたのですが、ベルリンでは珍しい事で「ダブルなんてありえない!!!」と皆言っていましたが、私はダブルの方が好きかもしれません。
オーケストラはメンバーが入れ変わるらしいのですが、バレエは主役以外はほとんど同じです。
1回目が終わってカフェで少しくつろいで2回目が始まると言う感じで、あっという間でした。
その代わり24日と26日は全くお休みでした。
カフェやお店も全く閉まってしまい日本のお正月のような雰囲気でした。
皆各自ファミリーやフレンドとゆっくりしたようです、、、。

クリスマスと言えば、今年もマラーホフ監督が皆にダンスバックをプレゼントしてくださいました。
去年も小さいサイズのバックくださったのですが、今年は同じデザインの大きなものを頂きました。
ダンサーや教師の方々、スタッフ皆にくださり、なごやかで素敵なスタジオの雰囲気になりました。

28日はシングル公演『眠れる森の美女』。

 

31日はダブルの『眠れる森の美女』公演でした。
31日は大晦日、でもそれどころではありませんでした。
一番大変だったのは昼公演でプリンス、夜公演でカラボスを踊ったマラーホフ監督だったと思いますが、、、、皆お祭りムードでハッピーな公演でした。
2回目の公演が終わった後垂れ幕がおりて、観客の皆様と新年をお祝いし、その後舞台袖でシャンパン飲みました。
去年はシャンパンなんて覚えがありませんが、、、、今年はカンパニーが用意してくれたようです。

さて2006年が始まりました。
ニーベルングの指輪や火の鳥、春の祭典などネオクラッシックの作品から始まります。
チャイコフスキーとはしばらくお別れです。

2006年もいろいろな事に挑戦しながら頑張ろうと思います。私は夏に大阪で公演も行う予定で、今から楽しみにしています。まだ足を踏み入れていない世界も見ながら、今年もどっぷり芸術を満喫しようと思います。
今年もどうぞ宜しくお願いいたします!
[2006.01.10]