バレエの絞り込み記事一覧

【第53回】足ゆびエクササイズ - エクササイズ-

バレエ・ピラティスによるバレリーナのカラダ講座普段クラスを教えている中で生徒のみなさんから寄せられる質問をヒントに、どうやったらうまく身体を使えるのか、どうしたら使い方をイメージできるのか、現役ダンサーの藤野先生ならではの視点で解説します。以前より足ゆびを開く「足ゆびパー」のエクササイズを紹介してまいりましたが、今回はまた一味違った「足ゆびエクササイズ」を紹介したいと思います。「足ゆびを鍛える」と

  • #お役立ち
  • #バレエ・ピラティスによるカラダ講座

2019/09/19掲載

オペラ座ダンサー・インタビュー:ニコラ・ポール

ワールドレポート/パリ大村 真理子(在パリ・フリーエディター) Text by Mariko OMURANicolas Paul ニコラ・ポール(スジェ)オペラ座350周年を記念する今年、オペラ座の外部でもさまざまな関連イベントが用意されている。オルセー美術館では9月24日から『オペラ座のドガ』展がスタート。会期中の10月11日、12日には美術館内で''ドガ・ダンス''とタイトルされた催しがある。

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2019/09/17掲載

『マダム・バタフライ』は実在した? 熊川哲也がバレエで描く日本の美

ワールドレポート/東京坂口 香野 Text by Kaya Sakaguchi設立20周年を迎えたKバレエカンパニー。20年の集大成として制作された全幕バレエ『マダム・バタフライ』が、9月27日にいよいよ開幕する。これに先立ち都内ホテルで行われた記者発表では、芸術監督の熊川哲也とプリンパルたちが、この作品にかける思いと見所を語った。熊川監督が日本を舞台とした作品を手がけるのは、今回が初めてだ。マダ

  • #ワールドレポート
  • #東京

2019/09/16掲載

ABTらしいドラマティックなストーリー・バレエ『ドニエブルの川岸』ほかラトマンスキーの3作品

ワールドレポート/ニューヨーク三崎 恵里  Text by Eri MisakiAmerican Ballet Theatre アメリカン・バレエ・シアター"Songs of Bukovina", "On the Dnieper", "The Seasons" by Alexei Ratmansky『ブコヴィナの歌』、『ドニエプルの川岸』、『四季』 アレクセイ・ラトマンスキー:振付今年のアメリカン

  • #ワールドレポート
  • #ニューヨーク

2019/09/10掲載

吉田都らしいバレエ芸術への心のこもった深い愛を感じさせた "Last Dance"

ワールドレポート/東京関口 紘一 Text by Koichi Sekiguchi「NHK バレエの饗宴」特別企画吉田都引退公演 "Last Dance" 吉田都 他©Kiyonori Hasegawa(すべて)1984年にサドラーズ・ウエルズ・ロイヤル・バレエ団(現英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団)に入団、88年にプリンシパルに昇格、1995年には英国ロイヤル・バレエ団に移籍し、英国で22年

  • #ワールドレポート
  • #東京

2019/09/10掲載

個性豊かなダンサーの卓越した演技を堪能した、〈フェリ、ボッレ&フレンズ〉Bプログラム

ワールドレポート/東京佐々木 三重子 Text by Mieko Sasaki〈フェリ、ボッレ&フレンズ〉〜レジェンドたちの奇跡の夏〜【Bプログラム】『フラトレス』(『ドゥーゼ』より)ジョン・ノイマイヤー:振付・装置・照明・衣裳、ほか希代のバレリーナ、アレッサンドラ・フェリとイタリアの国民的スター、ロベルト・ボッレを核に、名だたるダンサーを加えたガラ公演〈フェリ、ボッレ&フレンズ〉。Aプロでは、マ

  • #ワールドレポート
  • #東京

2019/09/10掲載

海外のカンパニーで活躍しているダンサーを中心に、20名が踊ったフレッシュなオーチャード・バレエ・ガラ

ワールドレポート/東京関口 紘一 Text by Koichi Sekiguchi熊川哲也 オーチャードホール芸術監督 特別企画オーチャード・バレエ・ガラ 〜JAPANESE DANCERS〜Bunkamura オーチャードホールは、今回2回目となる「オーチャード・バレエ・ガラ 〜JAPANESE DANSERS〜」を開催した。次回は2021年開催予定。2018年には「オーチャード・バレエ・ガラ〜

  • #ワールドレポート
  • #東京

2019/09/10掲載

様々の国から若さと意欲あふれるバレエダンサーが集結した、バレエ・アステラス2019

ワールドレポート/東京関口 紘一 Text by Koichi Sekiguchiバレエ・アステラス2019 〜海外で活躍する日本人バレエダンサーを迎えて〜新国立劇場バレエ研修所今回のバレエ・アステラスは海外で活躍する日本人バレエダンサーとそのパートナーそして、カナダ国立バレエ学校をゲストに迎えた2部構成。英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団の首席指揮者、ポール・マーフィーが東京フィルハーモニー交

  • #ワールドレポート
  • #東京

2019/09/10掲載

古典名作と東京バレエ団のダンサーが振付けた意欲的2作品が上演された「サマー・バレエ・コンサート」

ワールドレポート/東京佐々木 三重子 Text by Mieko Sasaki【めぐろバレエ祭り】〈サマー・バレエ・コンサート〉『ライモンダ』より マリウス・プティパ:振付、ほか"子どもから大人まで 夏はめぐろでバレエざんまい"をキャッチコピーに、【第7回めぐろバレエ祭り】が8月20日から25日まで、めぐろパーシモンホール全館で開かれた。東京バレエ団によるバレエ公演をはじめ、ダンサーによるバレエの

  • #ワールドレポート
  • #東京

2019/09/10掲載

ローザンヌで活躍した脇塚優や淵山隼平、海外で踊っている実力派ダンサーたちが集った

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこ Text by Atsuko Suzunaダンスウエスト「Dance at the Gathering」海外で活躍する日本人ダンサーが多数出演しての「Dance at the Gathering」がNHK大阪ホールで開催された。東條裕子バレエシアターの『A NIGHT IN THE TOROPICS』で幕開け、すぐに、今年のローザンヌ国際バレエコンクー

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2019/09/10掲載

21回目を迎えた関西を代表する夏のガラ、MRBバレエスーパーガラが今年も華やかに!

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこ Text by Atsuko SuzunaMRB松田敏子リラクゼーションバレエMRBバレエスーパーガラ関西の夏のガラ公演として定着した「MRBバレエスーパーガラ」、21回目の今回も華やかに開催された。各舞台で主役を踊っている田中ルリや竹中優花、藤本瑞紀、法村圭緒、武藤天華、恵谷彰なども出演した『LOOK'』で幕開け。続いて、若手注目株のヴァリエーション

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2019/09/10掲載

キトリがガマーシュと結婚?──山本庸督が振付けた『ドン・キホーテ』全幕のクライマックス

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこ Text by Atsuko SuzunaY.S.BALLET COMPANY『ドン・キホーテ』山本庸督:演出・振付アメリカで活躍してきた山本庸督が日本に戻り、演出・振付を手掛けた全幕バレエの3作品目『ドン・キホーテ』の初演。独自の演出が散りばめられて興味深い舞台に仕上がっていた。まず、オーソドックスな演出と違うのは、ドン・キホーテ役の設定。ヨボヨボの

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2019/09/10掲載

ヨーロッパのバレエの"今"を垣間見られる作品の数々──アーティスティック・バレエ・ガラ

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこ Text by Atsuko Suzuna一般社団法人BALLET OFFICE JAPANアーティスティック・バレエ・ガラ夏のバレエ・ガラが少しづつ増えてきているけれど、それぞれの特徴は? と考えた時、この矢倉鈴奈が代表を務めるBALLET OFFICE JAPAN主催の「アーティスティック・バレエ・ガラ」は、"ヨーロッパの今、を感じられるガラ"──

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2019/09/10掲載

人生初めて訪れた外国の土地ロシアは、いつ来ても様々な思いが蘇ります。

そして、長年住んでいる街ベルリンも特別です。今回はその両方からお伝えいたします。今年で3回目になるボリショイバレエ学校での夏の短期留学では、今回もたくさんの才能溢れるバレリーナたちと一緒に過ごし、私自身も様々な事を学びました。ボリショイバレエ学校劇場にてクラッシックレッスンでは、ワガノワ・メソッドを再確認し、改めて、幼いうちにしっかりとした基礎を身につけ、土台を作ることの大切さを感じました。アンデ

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 針山愛美

2019/09/10掲載

コンテンポラリーの生徒が日本国際バレエコンクールで、見事1位と4位を受賞しました!!

日本国際コンクール 左がジュン、右が玲奈まず最初に、私のコンテンポラリーの生徒が日本国際バレエコンクールで、見事1位と4位を受賞しました!!振付家(Choreographer)として、テクニックも入れましたが、「踊る心」に集中して振付、指導しました。そして審査員の先生方がテクニックだけを評価していないことにほっとし、さすがだなと思いました。この生徒たちが所属しているニューヨークの針山先生から電話が

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2019/09/10掲載

<お役立ち>そのトゥシューズ、本当に足に合っていますか?

 永遠の憧れ ー 華麗に踊るバレリーナが履いているトゥシューズいざ自分で履いてみるといつのまにか足はボロボロ・・・思っていたよりもポワントで立てない・・・そんな悩みをお持ちの方も多いのでは?練習を繰り返していくことでポワントした姿はどんどんきれいになっていきますが、トゥシューズでのレッスンはどうしても足が痛くなってしまいがちしかしその痛みや悩みの中には、シューズの選び方次第で解決できるものもあるん

  • #お役立ち
  • #バレエ

2019/08/29掲載

【第52回】伸びしろを上手に~付け根からの意識~

バレエ・ピラティスによるバレリーナのカラダ講座普段クラスを教えている中で生徒のみなさんから寄せられる質問をヒントに、どうやったらうまく身体を使えるのか、どうしたら使い方をイメージできるのか、現役ダンサーの藤野先生ならではの視点で解説します。正面から見た骨盤と股関節です。このイラストを見て、自分の脚を動かす時。例えばアンデオールに股関節を外旋させるとき、どの辺りを使っているか?力の入りどころを赤く塗

  • #お役立ち
  • #バレエ・ピラティスによるカラダ講座

2019/08/21掲載

【第52回】移動式スクワット - エクササイズ-

バレエ・ピラティスによるバレリーナのカラダ講座普段クラスを教えている中で生徒のみなさんから寄せられる質問をヒントに、どうやったらうまく身体を使えるのか、どうしたら使い方をイメージできるのか、現役ダンサーの藤野先生ならではの視点で解説します。スクワットの目的スクワットと聞くと「太ももをムキムキに鍛える」というイメージを持ってしまう人もいるでしょう。プリエも真の意味で繰り返してみると、心が軽やかになる

  • #お役立ち
  • #バレエ・ピラティスによるカラダ講座

2019/08/21掲載

もう一度見直したいドラマとしての『ロミオとジュリエット』、英国ロイヤル・オペラ・ハウス・シネマ シーズン

ワールドレポート/東京矢沢ケイト英国ロイヤル・オペラ・ハウス2018/19 シネマシーズンを締めくくるのは、マクミラン版『ロミオとジュリエット』。シェイクスピア、プロコフィエフ、マクミランという巨匠たちの融合が生み出した名作と言える。バレエファンならばきっと一度は触れたことがあるこのバレエは、クラシック作品だけでもラヴロフスキー、クランコ、ノイマイヤー、ヌレエフ、グリゴローヴィッチほか、コンテンポ

  • #ワールドレポート
  • #東京

2019/08/18掲載

アルビッソンの『カルメン』デュポン&ブリヨンの新作『アナザー・プレイス』ほか、今シーズンの最後はマッツ・エックのトリプルビル

ワールドレポート/パリ三光 洋 Text by Hiroshi SankoBallet de l'Opara national de Paris パリ・オペラ座バレエ団"Carmen" "Another Place" "Bolero" Mats Ek『カルメン』『アナザー・プレイス』『ボレロ』マッツ・エック:振付ガルニエ宮の2018・19年シーズンの閉幕公演はマッツ・エック振付作品のトリプルビルで

  • #ワールドレポート
  • #パリ

2019/08/13掲載

ページの先頭へ戻る