その他の絞り込み記事一覧

【ニュース】『DUNAS-ドゥナス-』開演直前、マリア・パヘスとシディ・ラルビ・シェルカウイからのコメントが届いた

Bunkamura オーチャードホールにて2018年3月29日(木)〜31日(土)に上演される『DUNAS-ドゥナス-』。共演する現代フラメンコの女王マリア・パヘスと天才振付家・ダンサーのシディ・ラルビ・シェルカウイからのコメントが届いた。マリア・パヘス今年は『DUNAS』が初演されてから、9年目になります。振り返ってみると、ラルビと私は互いを深く尊敬する気持ち、互いから何かを学びたい、私たち独自

  • #ステージ & ワークショップ
  • #ステージ&ワークショップ(その他)

2018/03/29掲載

【ゲネプロレポート】『ロマーレ 〜ロマを生き抜いた女 カルメン〜』

謝 珠栄演出・振付ののミュージカル『ロマーレ 〜ロマを生き抜いた女 カルメン〜』の舞台稽古が公開された。本作は、メリメ原作の「カルメン」を題材にしたミュージカルで、謝主宰のTSミュージカルファンデーションで2008年に上演された「Calli 〜炎の女カルメン〜」を、脚本と音楽を新しくし作り直した作品。今回はジプシーのロマ族として生き抜いたカルメンに焦点を当て、オペラ作品などでは描かれてこなかった部

  • #ステージ & ワークショップ
  • #ステージ&ワークショップ(その他)

2018/03/27掲載

【ニュース】第49回(2017年)舞踊批評家協会賞・新人賞・特別賞が決定した

毎年、この時期に行なわれている舞踊批評家協会賞・新人賞・特別賞が決まった。舞踊批評家協会賞は、日本舞踊から舞踏まで広くジャンルを超えて選定されるもの。舞踊批評家協会会員により運営される舞踊批評家協会が、毎年、選出している。今回から設定された特別賞には松山バレエ団の森下洋子に授与されることとなった。授賞式は、受賞者及び関係者、舞踊批評家協会会員他が出席して、4月21日(土)千代田放送会館のラウンジ千

  • #ステージ & ワークショップ
  • #ステージ&ワークショップ(その他)

2018/03/27掲載

【ニュース】ONWARD presents 劇団☆新感線 『修羅天魔〜髑髏城の七人 Season 極』ライブビューイング4/12(木)開催

今、話題沸騰中の360度全方位に客席が回転する新劇場「IHIステージアラウンド 東京」で1年3ヶ月にわたり"花・鳥・風・月・極"の5シーズンに分けて上演されていることで注目を集めている劇団☆新感線『髑髏城の七人』。3/17(土)からは、シリーズ最後の作品となる『修羅天魔〜髑髏城の七人 Season 極』 が上演される。そして、"花・鳥・風・月"で好評を博した本公演の生中継《ライブビューイング》が、

  • #ステージ & ワークショップ
  • #ステージ&ワークショップ(その他)

2018/03/14掲載

【ニュース】アーツコミッション・ヨコハマ(ACY)アーティスト、クリエーターのための助成プログラム

横浜市芸術文化振興財団は、 アーツコミッション・ヨコハマ(ACY)を通じて、文化芸術のもつ創造性を活かしたまちづくり「文化芸術創造都市・横浜」の推進のため"アーティスト・クリエーターに選ばれる都市・横浜"をめざして創造環境づくりを行っている。現在、以下2つの助成プログラムの申請を受付けている。〆切りは4月20日(金)まで。・若手芸術家支援のための助成【創造都市横浜における若手芸術家育成助成 クリエ

  • #ステージ & ワークショップ
  • #ステージ&ワークショップ(その他)

2018/03/13掲載

ブラジル人によるボサノヴァとタップダンスを融合した素晴らしいショーがニューヨークで開催された

Felipe Galganni & Company フェリペ・ガルガンニ & カンパニー"Tap & Tom" by Felipe Galganni「タップ&トム」フェリペ・ガルガンニ:プロデューサー、振付&コンセプト2月23日、24日に、14th Street Yにて、ニューヨーク・ベースで活動しているブラジル人タップダンサーの、フェリペ・ガルガンニ&カンパニーによる「タ

  • #ワールドレポート
  • #ニューヨーク

2018/03/12掲載

【ニュース】第18回英国舞踊批評家協会賞(The 18th National Dance Awards)授賞式がロンドンで行われ、話題作『アクラム・カーンのジゼル』などが受賞した

ワールドレポート/その他香月 圭 text by Kei Kazukiイギリス舞踊界の2016-2017年シーズンを総括する第18回英国舞踊批評家協会賞授賞式が2018年2月19日ロンドンのバービカン・センターにて行われた。授賞式の模様は初めてフェイスブックにてライブ配信された。司会を務めたのは、過去の受賞者二人――振付家アナベル・ロペス・オチョアとダンサー、デイン・ハースト。二人は映画『パルプ・

  • #ワールドレポート
  • #ワールドレポート(その他)

2018/02/22掲載

『J:ビヨンド・フラメンコ』

"JOTA de Saura"監督&脚本:カルロス・サウラ『カルメン』『恋は魔術師』『血の婚礼』のフラメンコ3部作で知られる、カルロス・サウラ監督は現在85歳。スペインの東北、フランスと国境を接するアラゴン州に生まれた。すぐ東側は、最近、独立問題に大きく揺れるバルセロナのあるカタルーニャ州だ。 カルロス・サウラ監督の最新作『J:ビヨンド・フラメンコ』は、彼の故郷に伝統的に継承されてきた「ホタ」と呼

  • #ステージ & ワークショップ
  • #シネマ

2017/11/01掲載

フランスのアクロバット・グループによる鍛えられた身体を使った素晴らしいパフォーマンス

Compagnie XY カンパニーXY"Il N'est Pas Encore Minuit"『まだ真夜中ではない』リンカーンセンター・フェスティバルで7月19日から22日まで、フランスのアクロバット・グループ、カンパニーXYが招聘され『まだ真夜中ではない』の公演がありました。パフォーマーは22人で、サーカスの鍛錬を積んできた身体能力が発達しています。 純粋なダンスそのものではないですが、肉体の

  • #ワールドレポート
  • #ニューヨーク

2017/09/11掲載

世界大戦中のアメリカの日本人と日系人の歴史的事実をダンスとして描いた『彼ら』

Ai Dance Theatre, アイ・ダンス・シアター"Them" by Janet Aisawa 『彼ら』 ジャネット・愛澤:製作・演出日本人にとって広島と長崎と言えば、原爆を意味している。同様にアメリカに住む日系人には、それにとって代わる苦痛の思い出があり、毎年必ず在米日本人及び日系人の間で語り継がれている。第二次世界大戦中のアメリカ政府による日系人強制収容の記憶だ。この舞台は日系アメリカ

  • #ワールドレポート
  • #ニューヨーク

2017/08/10掲載

マーリア・アレクサンドロワがブランカ・リーと踊った『ゴッデセス&デモネセス』

Blanca Li Productions ブランカ・リー・プロダクションズ"Goddesses & Demonesses" by Blanca Li 『ゴッデセス&デモネセス』ブランカ・リー:芸術監督&振付3月3日から4月1日まで、ニューヨーク・シティ・センターで、ブランカ・リー・プロダクションズによる『ゴッデセス&デモネセス』の公演がありました。ブランカ・リーは、振付家、ダンサー、映画

  • #ワールドレポート
  • #ニューヨーク

2017/07/10掲載

ダンサーとイルミネーションの究極のコラボレーション、限りない変幻を彩った舞台、オフ・ブロードウェイ『イルミネート』

iLuminate (Off Broadway) イルミネート(オフ・ブロードウェイ)"iLuminate" by Miral Kotb 『イルミネート』 ミラル・コトゥブ:演出、芸術監督ニューヨークのオフ・ブロードウエイに期間限定で上演された、ダンスとイルミネーション技術のコラボレーションの舞台、「イルミネート(iLuminate)」を見た。イルミネーションをダンサーの体に取りつけて、コンピュー

  • #ワールドレポート
  • #ニューヨーク

2017/01/10掲載

グラハム・スクール出身、創作コンテストで優勝し、ダンスフェスティバルなどで活躍している櫻庭義人の振付作品

ワールドレポート/ニューヨーク三崎 恵里text by Eri MisakiAbarukas アバルカス"Bernadac" by Yoshito Sakuraba 『バーナダック』櫻庭義人:振付ニューヨークで活動する日本人振付家の一人、櫻庭義人(Yoshito Sakuraba)が自作の発表をした。プレス・リリースには「櫻庭は主に人間の感情と経験に基づいた製作をするストーリー・テラーである」と紹

  • #ワールドレポート
  • #ニューヨーク

2016/12/12掲載

ロイヤル・バレエのプリンシパル、オシポワとポルーニンを中心としたグループの先鋭な舞台

ワールドレポート/ニューヨーク三崎 恵里text by Eri MisakiNatalia Osipova & Artists  A Sadler's Wells London Production ナタリア・オシポワとアーティストたち サドラーズ・ウェルズ劇場製作"Run Mary Run" by Arthur Pita、 "QUTB" by Sidi Larbi Cherkaoui、 

  • #ワールドレポート
  • #ニューヨーク

2016/12/12掲載

鮮烈なダンスで近年、注目を集めるカイル・アブラハムのバレエベースのコンテンポラリー・ダンス

ワールドレポート/ニューヨークブルーシャ西村text by BRUIXA NISHIMURAKyle Abraham/Abraham.In.Motion カイル・アブラハム/アブラハム・イン・モーション"Pavement" by Kyle Abraham/Abraham.In.Motion 『ペイヴメント』カイル・アブラハム/アブラハム・イン・モーション:振付11月2日から5日まで、BAMのFis

  • #ワールドレポート
  • #ニューヨーク

2016/11/10掲載

インドの古典舞踊からオランダ、イギリス、台湾のコンテンポラリー・ダンスが踊られたフォール・フォア・ダンス最後のプログラム

ワールドレポート/ニューヨーク三崎 恵里text by Eri MisakiNew York City Center, 2016 Fall For Dance Festival Program Fiveニューヨーク・シティ・センター主催、2016年フォール・フォア・ダンス・フェスティバル プログラム5ニューヨーク・シティ・センターのフォール・フォア・ダンスの最後のプログラムでは、一つの古典舞踊と三

  • #ワールドレポート
  • #ニューヨーク

2016/11/10掲載

耳の聴こえない中国のダンサーと義足のダンサー 大前光市など日本人ダンサーが同じ舞台で踊った「希望の光へ」

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこtext by Atsuko SuzunaLWF企画「希望への光へ」『SWAN』大前光市;振付、『samsara〜輪廻転生〜』上杉真由;振付 他聴覚障がい者だけで立ち上げた団体、一般社団法人LWFの主催で行われた公演。"LWF"というのは、Love(愛)、World(世界)、Friend(友達)の頭文字を取った名称ということで、"愛する世界の友"という意

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2016/11/10掲載

カナダの先鋭なダンス・グループ、ザ・ホーリー・ボディ・タトゥのサイズの異なる台を使ったユニークなダンス

ワールドレポート/ニューヨークブルーシャ西村text by BRUIXA NISHIMURAThe Holy Body Tatoo ザ・ホーリー・ボディ・タトゥ"monumental" by Dana Gingras & Noam Gagnon 『モニュメンタル』ダナ・ジングラス&ノアム・ガグノン:振付今年のBAMネクスト・ウェーブ・フェスティバルに招聘されたザ・ホーリー・ボディ・タトゥの

  • #ワールドレポート
  • #ニューヨーク

2016/10/11掲載

ABTの『モノトーンズ2』、ファルキートの『孤独』などに観客が沸いた、フォール・フォア・ダンス

ワールドレポート/ニューヨーク三崎 恵里text by Eri MisakiNew York City Ceter ニューヨーク・シティ・センター主催2016 Fall For Dance Festival Program One フォール・フォア・ダンス・フェスティバル 2016、プログラム1ニューヨークの主要劇場の一つ、ニューヨーク・シティ・センターは、元々は1923年に建てられた集会場だった

  • #ワールドレポート
  • #ニューヨーク

2016/10/11掲載

ページの先頭へ戻る