解説:文葉

二枚目(にまいめ)

 言わずと知れた、美男子のこと。江戸時代の歌舞伎小屋は、専属の役者を抱えていて8人のスターの絵姿を看板にして入り口前に掲げるのが習わしでした。そのうち、向かって右から2枚目に、白塗りをし、恋愛が中心の和事で主役をはる美男子がいつも飾ってあったことが語源です。ちなみに“三枚目”は、隣、3枚目には道化・ひょうきん役者がきたので。バレエの世界で、二枚目と聞いて浮かぶお顔はどなたでしょう。‘貴公子'と二枚目はまたちょっと違いますよね…。うーん。