解説:文葉

緞帳(どんちょう)

 舞台と客席を区切る幕のこと。開演前、客席に入ると舞台に下ろされている幕のことです。開演・時間経過や芝居などの区切りを表したり、舞台転換を観客に見せないために使用します。綺麗な刺繍が施されている幕だったり、ドレープのきいた幕だったり、劇場によっては複数枚あり、演目ごとに変化を持たせることもできます。種類は、1枚の幕をそのままの状態で上下に昇降させる吊り下げ式のもの、ローラーに巻き付ける「巻き取り緞帳」、絞り上げていく方式の「絞り緞帳」があります。バレエですと、2枚の幕を両端上方から斜め下に閉じていく「オペラカーテン」を見かけることが多いでしょう。日本の伝統芸能である、文楽・歌舞伎の舞台では、一方に開閉する「定式幕」が使われます。