解説:文葉

立端(たっぱ)

 舞台上の大道具の高さ、床から天上までの距離など、あらゆる物の高さの測定に使う用語。家屋などの高さを言い表す建築用語から転用された。
「たっぱがあるから映えるわね」。舞台を観る側の私は普段出演者についてこんな会話を交わすため、てっきり「たっぱ=背の高さ」だと…。長身なダンサーは大輪の花が咲いたように。小柄な人は、愛嬌・個性がにじみ出てきて。たっぱは存在感に味方する。それが私の持論です。