解説:文葉

アン・トゥールナン (仏/ en tournant)

「回転しながら」という意味。パの後ろに、このアン・トゥールナンをつけるとそのパを回転しながら行うことを意味する訳ですね。それらは、地面で回転するパもあれば、空中で回転するパも。地面で有名なのは、32回転のグラン・フェッテ(・ロン・ドゥ・ジャンブ)・アン・トゥールナン。あの、グラン・パ・ド・ドゥのコーダで観ることのできる女性の大技です。それから、パ・ド・ブレ、アラベスク、スートゥニューなども。空中ものは数多くあります。グリッサード、アッサンブレ、シャッセ、シソンヌ、フェッテ、グラン・ジュテなど。
それぞれの動きに言えることは、やっぱり、「回転しながら」は難しいということです。改めて述べるまでもなかったか…。身体の軸が取れていないと、動きがばらばらになってしまいます。アッサンブレも明後日の方向で下りてきてしまったり。シャッセで飛び上がった後、両足が綺麗に揃えられなかったり回転するとき軸が斜めになってしまったり。気をつけておきたいのは、回転することに意識を取られて、パを納めること、エンディングをおろそかにしないってこと。上に上がることばかり丁寧にして、下りてくるのは重力任せ…じゃ、次のパに対応できませんし、美しい動きを放棄しているようなもの。空中からでも、ポワントからドゥミ・ポワントやア・テールへでも、下りるときこそ軸の引き上げができているかが問われるというもの。小さなことからこつこつと、プリエやバーレッスンのルルヴェから下りるときなどから、身体が動いている間、常に軸が引きあがっているか確かめてみましょう。