解説:文葉

1ベル (日/いちべる)

劇場・ホールに足を運ぶ。非日常の世界への第一歩ですよね。
皆さんは、開演前の時間をどう過ごすのがお好きですか。
また、ステージに立つ側なら、舞台裏で行う緊張をほぐす儀式のようなものってありますか。

開演5分前に聞こえるブザーや柔らかなチャイム…この5分前の合図を「1(いち)ベル」と呼びます。そしてパフォーマンス直前に鳴るのが「2(に)ベル)、本(ほん)べル)」です。
これはパフォーマンスの進行を一手に担う舞台監督からの重要なお知らせ。1ベルにはスタッフ・キャストへ準備を促すのはもちろん、「さぁ、いよいよ始まりますよ。ロビーやお手洗い、喫煙場所にいるお客様は早めに客席に着いて待っていてくださいね」という願いが込められています。
劇場内を満たす人々のざわめき、笑い声、喫茶コーナーから聞こえる食器の音…くつろぎと高揚とが入り混じる開演前のロビーの風景。これは劇場でしか味わえないもの。そこに身を浸しているのも楽しいですが、私は1ベルに急き立てられて客席に入るより、1ベルを着席して聞くのが好きです。パフォーマンスへの期待が最高潮に達し、自分の中で何かスイッチが入るのがたまらなく気持ち良いですし、本ベルでさらに緊張するまでそわそわしながらも、パフォーマンス中の一期一会を大切にするべく落ち着く時間が持てるからです。あ。もしも5分前に着席できなくても、くれぐれも携帯電話の電源はoffすることをお忘れなく。そして、オペラグラスが必要なら早めに準備したいところ。テレビを眺めるのとちがって、みんなが楽しく非日常空間を共有できるように。
コンテンポラリー・ダンスなどは開場したときからプレ・パフォーマンスが始まっているということもあります。客席がキャストの登場を待ついつもと違い、舞台にはキャストがいてお客様をお迎えしているのです。実はそんな演出がなされていると知らずにいた私は、ぎりぎりに着席してしまってちょっと残念に思った経験もあり。入場したらひとまず客席を覗いてみると、いつもと違う時間が過ごせることがあるかも。