解説:文葉

バッチュ(仏/battu)

飛ぶパをより華やかにするオプションとでも言いましょうか。足を打ちつける動作のことです。
飛ぶパの後ろに「バッチュ」とつけると、足を打ちつけながら○○するという意味になります。例えば、アッサンブレ・バッチュ、ジュテ・バッチュなどなど。足を打つ動作自体の総称は「バットゥリーbatterie」ですが、レッスンの中の会話ではセンターレッスンでアレグロやジャンプのパをより難易度を上げるために、「今のアッサンブレにバッチュを付けて」と先生から指示が出たりします。

 飛びながら足を打つ。ってどうやって? ターンアウトした脚の内側を引き寄せて。足を交換して着地する場合は、一度飛ぶ前の元の5番に引き寄せて打ってから交差して下りるのですね。人は飛んだら重力によって落ちてきます。その自然に落ちようとする体に逆らうようにして、片足で踏み切って二本の脚を空中で一度揃えたり、打ったり、クロスを入れ替えたり…難しいけど、うまくできると快感…私の好きな動きです。頑張りすぎると脚が勝手に動いて上半身が置いてけぼりでバランス失ったり…。皆さんはしないでくださいね!

 アントルシャ/ロワイヤルの項にも、上手に足をバッチュするには、少しでも滞空時間を長くするために、体を引き上げて脚の内側を鍛えましょうと書きました。それに付け加えて、飛ぶには床を蹴る力が必要でしょう。足裏を鍛えるために、毎日フラッペをしてみて。特に親指人差し指で床を蹴って瞬時に足先を伸ばす。これを繰り返してみると良いですよ。