荒部 好

『ベジャール!』

ベジャール生誕80年記念
「このDVDで、私は90分あまりの超音速飛行により、私の人生を駆けぬけました」とベジャール自身がコメントしているように、幼い頃より添った美しい母への追慕から始まる、巨人ベジャール本人がその人生を貴重な映像とともに語った秀逸なドキュメンタリーである。
 特に、マルセーユ時代の優しい母や父や幼い妹たちなどの家族と舞台を創ったり、バレエを踊ったりしている幸せなベジャールの映像は非常に珍しい。このDVDにも映されているが、われわれがいつも目にするベジャールは、現代芸術の最前線で、有り余るアイディアを諸々の条件のために伝えることができないもどかしさに、じりじりと焦がれている。ここに現れる若き日のベジャールの幸福感に満ちた表情とは、じつに鮮明なコントラストを見せてたいへんに興味深い。
 ベジャールは『ボレロ』『春の祭典』『火の鳥』『我々のファウスト』『ニジンスキー・神の道化』などを創って時代の寵児となった。ベジャールの率いた20世紀バレエ団は、ジョルジュ・ドンを始めとする鮮烈なダンサーが集った。彼は<時代の美>を司る司祭となり、センセーショナルな話題を呼んだ。そしてベジャールのダンスは、20世紀の最先端の芸術として、世界の注目を集めるようになったのである。
 しかし、母の死、パトリック・ベルダの死、父の死、ジョルジュ・ドンの死と、ベジャールは彼の人生の重要な局面には必ず「死」があった、と語る。そして今、ベジャールは、心安く「死」と語り合えるようになったのである。彼はまた、パレルモの地下墓所で死者と会話し、新たなダンスを創るのである。

『ベジャール!』
\5,040  (本体価格\4,800)