【重要なお知らせ】新型コロナウイルス感染症の影響による店舗・スタジオ営業についてのご案内

【第59回】パンシェエクサ - エクササイズ-

バレエ・ピラティスによるバレリーナのカラダ講座

普段クラスを教えている中で生徒のみなさんから寄せられる質問をヒントに、どうやったらうまく身体を使えるのか、どうしたら使い方をイメージできるのか、現役ダンサーの藤野先生ならではの視点で解説します。

アラベスク〜パンシェに役立つ、股関節と体幹のトレーニング法を、いくつかご紹介します。

軸脚プリエで股関節エクサ

アラベスクの脚をバーに乗せて、軸脚でプリエ=屈伸運動をします。
無理に高いバーに脚を乗せずとも、一段低い方に。もしくは何にも乗せずに低いアラベスクでも構いません。

プリエエクサ高さの選択肢.jpg

軸脚の「股関節を回している」というイメージをしっかり持ちましょう。 アラベスクのような「すでに頑張って無理をしている姿勢」で、スクワットを、しかも片脚で行うのは、普通に困難なことだと思います。 軸脚を突っ張っていても、曲げていても、全体重が股関節にのしかかっているので、その負荷に耐えることにかなりのエネルギーを使っているかと思いますが、プリエをすることでその体重の掛かる方向が、ダイレクトに太ももである場合、大腿筋群は股関節に強力なブレーキを掛けてきます。

股関節の動きと負荷.jpg

傾いた骨盤のアングルを、腹筋と背筋、アラベスク側のお尻の筋肉を駆使して、安定させて。できるだけ軸の股関節に対して、まっすぐ垂直に上下運動するよう、イメージしてみましょう。

アラベスクのお尻エクサ

今度はアラベスクの脚を上げ下げするお尻の筋肉を鍛えます。 上体を前傾させて両手を床につきましょう。腕の方に体重を掛けて、膝をしっかり伸ばして。両脚が少し前に傾く方が、裏もも全体に良い伸びの力が入ります。

アラベスクのお尻エクサ.jpg

アラベスクの脚をゆっくりと。天井に向かって大きな弧を描くように持ち上げては下げましょう。頭の位置を最初に腕の間に収めておいて。脚を上げていく際に、首の後ろが詰まって頭が起きてきてしまうようであれば、脚の重さに上体が負けてしまい、後方に引っ張られていることになります。下の画像で「脚を上げたい方向」をよく確認して、伸びの出る強いアラベスクを目指して下さい。

脚の上げ方と悪い結果.jpg

脚の上げ方と良い結果.jpg

Check
>>> 【第59回】脚を長く、高く

バレエ・ピラティスによるバレリーナのカラダ講座

fujino.jpg

[文 & 写真]藤野 暢央(ふじの のぶお)

12歳でバレエを始め、17歳でオーストラリア・バレエ学校に入学。
当時の監督スティーブン=ジェフリーズにスカウトされて、香港バレエ団に入団。早期に数々の主役に抜擢され、異例の早さでプリンシパルに昇格する。
オーストラリア・バレエ団に移籍し、シニアソリストとして活躍する。
10年以上のプロ活動の中、右すねに疲労骨折を患い手術。復帰して数年後に左すねにも疲労骨折が発覚し手術。骨折部は完治するも、激しい痛みと戦い続けた。二度目のリハビリ中にピラティスに出会い、根本的な問題を改善するには、体の作り、使い方を変えなくてはならないと自覚する。
現在は痛みを完全に克服し、現役のダンサーとして活動中。またバレエ・ピラティスの講師として、ダンサーの体作りの豆知識を、自身の経験を元に日々更新し続けている。
●藤野富村バレエアート代表
https://www.fujinotomimuraballet.com

ayuo300.jpg

[イラスト]あゆお

仙台市在住。マンガ家・イラストレーター。
著書に謎の権力で職場を支配する女性社員「お局様」について描いたエッセイマンガ「おつぼね!!!」。
イラストを担当した書籍に「一生元気でいたければ足指をのばしなさい」。
趣味はロードバイクで走ることです。

ページの先頭へ戻る