荒部 好

クラシック・バレエへの招待

  フランク・オーガスティンが構成し、自らが案内するフットノーツ・シリーズが4巻のDVDになった。
 オーガスティンはカナダ・ナショナル・バレエ団のプリンシパル・ダンサーだった。 当時、エリック・ブルーンが芸術監督を務めていたのだが、ロシアから亡命してきたスーパースターのヌレエフが、『眠れる森の美女』の主役を踊り、 オーガスティンは同じ舞台で「青い鳥」のパ・ド・ドゥを踊った。その時のヌレエフの野性味溢れる鮮烈な印象は、今でもありありと記憶しているそうだ。

 彼はカレン・ケインとパートナーを組んで踊ったが、リタイアしてオタワ・バレエの芸術監督を務めたり、<ル・ガラ・デゼエトワール>というガラ・コンサートをオーガナイズして、モントリオールを拠点に日本やエルサレムなどにツァーしている。
 このフットノーツ・シリーズは、彼のそうした活動を通して作ったバレエ界の人脈を生かして、各地にロケして作っているのである。

 オーガスティンは、このシリーズを作るために台本を書くにあたって、バレエのことを何も知らない人の視点から考え始めた。したがって、たいへん分かりやすくバレエに無縁だった人にも簡単に入っていける。そして、数多くのダンサーはもちろん、舞踊批評家、バレエマスター、などにインタビューし、生の声で舞台裏の現実を語らせている。
 さらに、タイトルにあげられているクラシック・バレエの名作の舞台映像もふんだんに引用して、オーガスティンが手際良く気の利いたエピソードを紹介し、なかなか楽しいDVDである。


『白鳥の湖/ジゼル/男性ダンサーの魅力』
『くるみ割り人形/ロミオとジュリエット/シンデレラ』
『眠れる森の美女/ラ・シルフィード/コッペリア』
『ドン・キホーテ/ラ・バヤデール/ガラ・コンサート』

 

発売:TDKコア/各¥4,200(本体価格¥4,000)