荒部 好

『バレエをはじめましょう』

ダーシー・バッセル 著 白石佳子 訳
 英国ロイヤル・バレエのプリマ・バレリーナ、ダーシー・バッセルが案内する楽し いバレエ入門のための本である。写真をふんだんに使った大型の絵本のような、開い ただけで夢がふくらむ一冊。オールカラーでロイヤル・バレエ学校の可愛らしい生 徒の実演写真がいっぱい収められているから、たいへん具体的で分かりやすい編集が なされている。

 目次の主な項目だけをあげてみると【 基本ポジション/プリエとルルヴェ/バット マン・タンデュ/エクササイズ/ストレッチ/アラベスク/動きをつなげましょう/ ピルエット/ポアント/パ・ド・ドゥー/マイムとメーキャップ/公演/バレエダ ンサーとしての人生/振付】となる。

 もちろんほかにもあるが、これらの項目を見開きページに10枚以上もの写真を掲 載して懇切丁寧に解説している。肘や背中や踵などの重要な部位には、それぞれさら に細かな注意点の説明を付けている。

  バッセルのバレリーナとして成功した体験を、バレエ教育者として豊富な経験を もつロイヤル・バレエ学校のパトリシア・リントンが補いながら作っているので、バ レエを学ぼうとする人にとってたいへん貴重な教訓に満ちている本である。

 バッセルは「ダンスはすばらしい芸術です。そして、自分の体を素材にしてつくり あげていく芸術のひとつです。5歳のとき、私は友人たちとバレエ教室へ土曜の朝に 通いはじめました。13歳になるまで、バレエの道に進もうとは思っていませんでした 。バレエのレッスンはとても激しく、くり返しが多いと思うことがありました。し かし今は、練習をしんぼう強くやりつづけることの価値がわかっています。踊るこ とで得たものは、本当にすばらしいものです。……」と、はじめてバレエを始める 人たちにメッセージを送っている。

 
「バレエをはじめましょう 」
著者: ダーシー・バッセル
訳  : 白石佳子
発行: 大修館書店
価格: 本体1,900円(税抜)