荒部 好

『バレエ・スタイル』

監修/栗坂直子池田書店
 バレエのエクササイズを行うための入門書は、現在、さまざま書籍が刊行されている。
 今回ご紹介する『バレエ・スタイル』には、「しなやかに美しくやせる+エレガントになる」というサブタイトルが付けられ、オリジナルのピアノ曲とインストラクターの声が収録されたCDも本と一緒にセットになっている。
 本文には、ストレッチからバレエの細かい動きのモデルの写真が間違い易いポーズの例まで、しっかり収められている。オールカラーでイラストや図を使い、ページが非常に見やすくレイアウトされている。

 バレエを習い始める人も多いが、すぐに止めてしまう人もいる。通勤や通学しながらスタジオに通うのは、オープン・クラスとはいえなかなか根気がいるものである。いきなり経験者の多い、バレエ・クラスに入っても気後れしてしまう人もいるかもしれない。なかなか練習の成果が実感できなくて諦めてしまう人もいるかもしれない。そうしたリスクを回避するために、この『バレエ・スタイル』のような入門書を使って、バレエのクラスを一度、自分でシュミレーションしてみておく、というのはいかがだろうか。

 まず、バレエのエクササイズを受けるための心得、効果、コツ、バレエの基本姿勢、ウォーミングアップのためのストレッチなどが書かれている。どの入門書も同じといえば同じだが、コメントがなかなか要領を得ているのである。つぎにエクササイズの基本が、ポール・ド・ブラ【腕をほっそりさせる】、プリエ【太ももを引き締めて小尻を作る】、ルルべ【ふくらはぎをすっきりさせる】などと、効果と筋肉や関節の動きとともに10項目紹介されている。次に、初めてCDを聞きながらのレッスンが始まり、先生の声とCDの16のトラックに収められた曲に対応したレッスンが紹介される。さらに、ストレッチ&ワークアウトの章があって、「体がぐらついて1番のポジションができないのはどうして?」とか「足が上がらないのはどうして?」といった具体的問題を解消するためのプログラムが解説されている。最後は、「日常生活に生かすバレエ」となっていて、<立つ><座る>から
<振り返る><物を拾う>といった仕草へのバレエのエクササイズの応用を説明している。
 多くの実用書を刊行した経験の蓄積がある出版社らしい、丁寧で分かりやすくフォローが行き届いた編集である。



 
『バレエ・スタイル』
監修/栗坂直子
池田書店
¥1,470 (本体価格¥1,400)