(荒部 好)

オックスフォード『バレエ ダンス事典』

デブラ・クレイン ジュディス・マックレル=著
鈴木晶/監訳 赤尾雄人、海野敏、鈴木晶、長野由紀/訳
1007book.jpg

待望久しかったバレエ、ダンスの事典が刊行された。オックスフォードからオペラとともに出版されているダンスの事典の翻訳版である。総項目2500、索引項目6700、バレエの歴史や民族舞踊、カンパニーの栄枯盛衰も詳述されている、といった紹介がなされている。

日本では舞踊に関する人物、事績、表記などはすべてが恣意的になっていて、スタンダードとなるものが存在しなかった、というよりも必要と感じる人がいなかった、と言ったほうがいいかもしれない。
特に、国の援助を受けて研究に専念している人たちには、メルクマールとしてのスタンダードを確立する義務がある、と思われるが、そういった意識をもった人物には、この業界で何十年も仕事をしているがお目に掛かったことは一度もない。

ともあれ、英語圏の研究の成果にいくらかの日本の項目も加えた事典が出版されたことは、既刊のハンドブック形式のものがあまりに恣意的で、長文の紹介があっても資料性が欠如し、舞踊史に無知のために欠落が多かっただけに慶賀の至りである。
事典であるだけに、緩やかではあるが劇場やカンパニー、美術家や作曲家、興行師、バレエ用語などもカバーしている。解説もオックスフォード版を踏襲しているので、およその要領を得ていてたいへん有用である。
ただ、2000年編集の英語圏の事典なので、例えばヤン・ファーブルやヴィム・ヴァンデケイビュスの項目はあるが、アラン・プラテルを探すとエリザベット・プラテルに行き着いてしまう、といった点はやむを得ないのだろう。
日本の現状からいうとどうしても、バレエに関しては旧ソ連時代の情報が少なく、消長の早いコンテンポラリー・ダンスの新しい情報にも乏しい。舞踊学という立派な学問があるのだから、こうした優れた事典の刊行を契機として、そのような点を何らかの方法で速やかにカバーしてもらいたいと切望している。

オックスフォード『バレエ ダンス事典』
デブラ・クレイン、ジュディス・マックレル/著
鈴木晶/監訳 赤尾雄人、海野敏、鈴木晶、長野由紀/訳
平凡社 定価:5,670 円(本体:5,400 円)