ダンス・ライブラリー ~観る・読む・学ぶ~

新着DVD: 最新の記事

  • 『ロミオとジュリエット』K-BALLET COMPANY

    熊川哲也版『ロミオとジュリエット』のDVDが発売されている。熊川哲也:演出・振付、音楽はセルゲイ・プロコフィエフ。ロミオは熊川が踊り、ジュリエットには英国ロイヤル・バレエ団のプリンシパル・ダンサー、ロベルタ・マルケスがゲスト出演している。この作品は、2009年にK バレエ カンパニーの10周年記念として制作された。 多くの作品で同じことが言えるかも知れないが、とりわけ熊川版は、DVDでみ・・・


    2014.11.13
  • マラーホフのヴァリエーション・レッスン

    「私の日本の友人たちへ、私はあなたたちが大好きです。このDVDを見るたびに、私があなたの近くにいると感じてくださいますように」というマラーホフの気持ちが込められた、レッスンDVDシリーズが刊行されている。 8月20日に発売されたヴァリエーション・レッスンの第一弾をご紹介しよう。 マラーホフは現在、2002年から務めたベルリン国立バレエ団の芸術監督を辞し、それまでには重責を負っていたためにできなか・・・


    2014.09.25

新着BOOK: 最新の記事

  • 『バレエコンクール 審査員は何を視るか?』

    バレエダンサーにとって、一番ポジションの習得から、ソリストとしてクラシック・バレエ作品を深く理解して舞台上で踊るまで、道のりは長く厳しい。中でもバレエコンクールに参加して、自身の客観的な実力を正しく知ることは成長の過程で重要なことだ。それは分かっていても、いざコンクールに参加してみて、それが理解できただろうか。練習し体調を整えてコンクールに参加して、その経験を充分に活かすことができるだろうか。 ・・・


    2014.11.12

シネマ情報: 最新の記事

  • 『至高のエトワール〜パリ・オペラ座に生きて〜』

    2013年10月10日、16年間務めたパリ・オペラ座の最高位エトワールを'アデュー'したアニエス・ルテステュ。彼女のエトワールとしての最後の公演に至るまでを2年間に渡ってドキュメントした『至高のエトワール〜パリ・オペラ座に生きて〜』が劇場公開される。監督はドミニク・カルフーニとマチュー・ガニオの母と息子のドキュメンタリー『マチュー・ガニオ&カルフーニ〜2人のエトワール』、ギレーヌ・テスマートとピエ・・・


    2014.10.15
  • パリ・オペラ座へようこそ ライブビューイング シーズン2 2013~2014 『バランシン/ミルピエ』

    パリ・オペラ座のライヴビューイングとして、ガルニエ宮で6月3日に上演された『水晶宮』(バランシン振付、ジョルジュ・ビゼー音楽)と『ダフニスとクロエ』(ミルピエ振付、モーリス・ラヴェル音楽、世界初演)の映像が上映される。いよいよ来シーズンより芸術監督に就任するパンジャマン・ミルピエのための、露払いの企画ともいえるだろう。 ・・・


    2014.08.11
  • 『ジプシー・フラメンコ』

    かつてカルメン・アマジャというフラメンコ・ダンサーがいたことをご存知だろうか。 一見、細身でやや小柄だが、速射砲のような凄まじいまでのサパティアード、空気を切り裂くような鋭い身のこなし・・・弾けるようにリズムを創り、音楽そのもの、まるでフラメンコの精霊のような踊り手だった。 カルメン・アマジャ(本人) ・・・


    2014.07.11

用語講座 ~今更聞けない!バレエ・舞台用語講座: 最新の記事

キャラクターダンス講座: 最新の記事

  • クラシック・バレエとキャラクターダンスその3:チャルダッシュについて

    チャルダッシュはハンガリーの踊りで、1830年頃最盛期を迎えました。その名前は、「宿屋」「ビール屋」といった意味です。チャルダッシュの音楽は2拍子系で、たいてい4分の2拍子か4分の4拍子です。ゆっくり始まり、いつも速いテンポ、さらには非常に速いテンポで終わります。その起源は、ハプスブルク家(オーストリア王室の一族)の軍隊で大流行した徴兵の踊りであるヴェルブンコシュに、端を発しています。ドイツ語では・・・


    2014.03.10
  • LA CSARDAS

    La csardas est une danse hongroise dont l’apogée se situe vers 1830. Son nom signifie « auberge » ou « maison de bière ». La musique de la csardas est binai・・・


    2014.03.10

バレエ エッセイ: 最新の記事