ダンス・ライブラリー ~観る・読む・学ぶ~

新着DVD: 最新の記事

  • 『カルメン』K バレエ カンパニー

    熊川哲也の演出・振付・主演による『カルメン』は、K-BALLET COMPANYの創立15周年記念として世界初演された。ドン・ホセの熊川とカルメンを踊ったのは、英国ロイヤル・バレエ団のプリンシパル、ロべルタ・マルケス。そしてミカエラに神戸里奈、エスカミーリョに遅沢佑介、モラレスに伊坂文月、スニガにはスチュワート・キャシディが扮している。 原台本にジョルジュ・ビゼーのオペラ『カルメン』のアンリ・メ・・・


    2016.03.22

新着BOOK: 最新の記事

  • 『ダンステクニックとケガ----その予防と治療』改訂版

    英国ロイヤル・バレエ・スクール、イングリッシュ・ナショナル・バレエなどのコンサルタント整形外科医のジャスティン・ハウスと、英国ロイヤル・バレエ団所属の理学療法士のモイラ・マコーマックの共著による『ダンステクニックとケガ----その予防と治療』の改訂版が刊行された。 まず、ニネット・ド・ヴァロワの献辞。 「この本はまた、振付家にも考えるべきことを提示しています。振付をする際に、科学的あるいは現実的・・・


    2016.03.22
  • 『Ballet 魅惑のバレエの世界』ー入門編ー

    今日のクラシック・バレエの全体像を紹介する『Ballet 魅惑のバレエの世界』ー入門編ーが、青林堂より刊行された。 この本は、1)世界の有名なバレエ団の紹介。2)クラシック・バレエの古典名作を、チャイコフスキー三大バレエ、ロマンティック・バレエの名作、ミンクスの名作バレエ、に分けて物語や上演史をまとめている。3)バレエ・リュス(ディアギレフが率いたロシア・バレエ団)の奇跡。4)パヴロワやニジンス・・・


    2016.03.22

シネマ情報: 最新の記事

  • マシュー・ボーン『ザ・カーマン』

    マシュー・ボーン率いるニュー・アドヴェンチャーズの『ザ・カーマン』の舞台が映像となって上映される、という。試写会の呼び掛けがあってので見て来た。『ザ・カーマン』は2000年に英国プリマスのシアター・ロイヤルで世界初演され、さらにロンドンのオールド・ヴィック・シアターで上演された。その後、リスボン、テルアビブ、セントポール、ロサンゼルス、バークレーとツアーを重ね、2002年には日本でも上演された。こ・・・


    2016.05.24
  • 『Maiko ふたたびの白鳥』

    映画『バレエボーイズ』の舞台となったノルウェーの海に面して光り輝く、現代的なデザインのオペラハウスは、ご記憶の方も多いと思う。ここを拠点とするノルウェー国立バレエ団には、西野麻衣子という大阪出身の日本人のプリンシパル・ダンサーがいる。英国のロイヤル・バレエ・スクールから、19歳でノルウェー国立バレエ団に入団。2005年には彼女は東洋人として初めてプリンパル・ダンサーとなった。 この映画『Maiko・・・


    2016.01.19
  • 『ロパートキナ 孤高の白鳥』

    『ロパートキナ 孤高の白鳥』という映画が2016年1月に公開ロードショーされる。 ウリヤーナ・ロパートキナはいうまでもなく、今年11月から12月にかけて来日公演を行っていたマリインスキー・バレエ団のダンサーたちの頂点にいるばかりでなく、21世紀最高のバレリーナ、といっても異論をとなえる人はいないだろう。 20世紀を代表するバレリーナ、といえば間もなくさよなら公演を終えるシルヴィ・ギエム、マイヤ・プ・・・


    2015.12.11

バレリーナのカラダ講座: 最新の記事

  • 【第15回】回転のススメ 続編〜しっかり立つ〜

    「回転のススメ」続編となりましたが、今回ご紹介する「しっかり立つ」ということがピルエットに限らず、全ての動きに置いて重要な感覚となります。 プレパレーションから高いルルヴェに至るまでの流れをお話しましょう。 「引き上げる?引き下げる?筋肉のゴム」 「良質なプリエ(リンク)」にて、脚の筋肉のバネについてご紹介しました。 今回は筋肉を「ゴム」として、何をどう引っ張ればいいのかを考えてみましょう。 引き・・・


    2016.07.12
  • 【第15回】Criss Cross(クリスクロス)-エクササイズ-

    フルバージョンは腹筋で身を起こす、上体を捻る、脚を交互に動かす。ピラティスの中でも最も難易度の高い「体全体の統合運動」となります。ピルエットにはピッタリのエクササイズですが、今回はその「簡易版」をしっかり練習しましょう。 「風呂敷クロス」 両腕脚を縦長に伸ばした「Xの字」で仰向けに寝ころびます。左右対称の腕と脚を「風呂敷の角と角を畳むように」上げてきて、おへその直上あたりで肘と膝を結びます。 ・・・


    2016.07.12

キャラクターダンス講座: 最新の記事

  • クラシック・バレエとキャラクターダンスその4:メヌエットについて

    ブロッサール大修道院長だった、ある一人の司祭こそ、メヌエットについて最初に思い浮かぶ人物です。彼の話によれば、この踊りはフランス中西部のポワトゥーで生まれたとされます。メヌエット(menuet)という名前は、細かく(menus)ぎっしり詰まったステップに由来するそうです。 メヌエットの基本のパ(ステップ)は、すべての方向への移動がスムーズにいくよう、比較的単純に構成されています。  「体は左足に・・・


    2015.01. 6
  • LE MENUET

    Un prêtre, l’abbé Brossard,  est le premier à évoquer le menuet. A l’entendre cette danse serait née  dans le Poitou, région du centre de・・・


    2015.01. 6

バレエ・舞台用語講座: 最新の記事

  • プリエ

    クラシックバレエにおいて基本中の基本の動作。バーレッスンは、かかとが床から上がらない程度にひざを曲げるドゥミ・プリエ、 かかとをあげて(2番のポジションを除く)、ももが床と平行になるまでひざを曲げるグラン・プリエの組み合わせで始まります。本稿を書くにあたり、どうしてバレエのエクササイズのなかに、膝を曲げるだけの動作が入っているのか、 考えたら不思議になってきてしまいました。ごくごく当たり前過ぎて、・・・


    2009.02.25

バレエ エッセイ: 最新の記事