アイテムのお手入れ方法

バレエシューズのお手入れ方法

バレエシューズのお手入れ方法

バレエシューズはソールに革を使用しているので、水洗いすることはできません。以下の要領でお手入れしていただくことをおすすめします。

硬く絞った布などでていねいに全体を拭き陰干しします。湿気や汗が気になるときも陰干しをすると効果的です。通気性のあるメッシュ素材などの袋に入れて、保管するようにしましょう。
靴底の松ヤニや汚れは、古くなった歯ブラシなどに石鹸水をつけこすり落としてください。

ブラン先生からアドバイス

気がつかないうちにいつの間にか大きくなっているのが子どもたちの足のサイズ。
足のゆびが"グー"になっていても平気で履いていたりしないかな?時々、今のサイズが合っているかどうか確かめてみよう。

レオタードのお手入れ方法

レオタードのお手入れ方法

レオタードは肌に直接触れることもあり、デリケートな素材を使用してるのでお洗濯は手洗いが基本です。

デザインや素材、飾りなどによってお手入れ方法が異なりますので、お洗濯の際は、必ずレオタードに付いている取り扱い表示をご確認ください。

洗濯桶に30℃以下の水温の水を用意し、中性洗剤(おしゃれ着用と呼ばれるもの)を適量入れ、まんべんなくかき混ぜます。

※高温は縮みの原因となりますので、必ず"ぬるい"と感じる程度の水温で!

レオタードは裏返しにし、手のひらで軽く押し洗いします。

※もんだりこすったりするのは厳禁です。またつけおき洗いは変色のもとになりますので避けてください。

30℃以下の水温の水で2と同様に押し洗いしながらすすぎます。

※洗剤が残っていると変色・シミの元になりますので、しっかりとすすぎましょう。

すすぎ終えたレオタードはバスタオルなどではさみ、水気を取ります。

※タンブラー乾燥は生地をいためますので避けてください。

裏返しのまま形を整えて、日陰で吊り干しをします。

※直射日光をあてると日焼け、色あせなど変色の原因となりますので避けてくさい。

洗濯機を使用する場合

レオタードは手洗いがおすすめですが、洗濯機を使う場合は以下の要領でお洗濯ください。
レオタードを裏返しにして洗濯ネットに入れ、洗濯槽に張った水に中性洗剤を溶かし、手洗い(弱水流)コースで洗います。

ファンデーション(アンダーウェア)やタイツをお洗濯する場合も、手洗いのほうがピリング(毛玉)になりにくく、長持ちさせることができるのでおすすめです。

ページの先頭へ戻る