[レオタード編]バレエのレッスンスタイル

バレエレッスンマスト3アイテム バレエシューズ レオタード タイツ

バレエのレッスンに必要なものといえば、まずはバレエシューズ、レオタード、タイツです。 これらは"バレエを踊るための身体を育てる"という大切な役割を担うアイテム。とはいえ、種類も豊富で何を選べばいいかわからない!という方のために、選び方のポイントや役立つアイテムをご紹介します
※お教室や先生によってはスタイルを指定される場合がありますので、事前に確認されることをおすすめします。

バレエレッスンアイテム・レオタードの選び方

レオタード

レオタードは身体のラインをきちんと見せるために着用します。サイズが合っていないと姿勢や身体の使い方が先生に見えづらく、また、肩ひもが落ちたりして気になってレッスンに集中できないので、身体にぴったりしたものを選ぶようにしましょう。最近はアジャスターなどでサイズが調節できるタイプもあります。


スカート付きレオタード

スカート付きレオタード
(スカート取り外し可)

¥7,500 +税
サイズ:110K、120K、130K

シンプルながらラインの美しさと光沢のある素材が人気のレオタード。胸元にトゥシューズのワッペン付き。着回しのきくスカートが取り外せるタイプです。

オンラインショップ

スカート付きレオタード

スカート付きレオタード

¥7,300 +税
サイズ:100K、110K、120K、130K

チャコットが提案するお子さんのためのベーシックレッスンウェア。ノースリーブタイプのスカート付きレオタードです。

オンラインショップ

ヘアネット

ヘアネット

各¥2,000+税 サイズ:S、M

ヒラヒラかわいいレオタードは着るだけで、女の子なら誰しもウキウキした気分に。レオタードとおそろいのヘアネットを合わせれば、さらにモチベーションもアップ!

オンラインショップ

レオタードのお尻がモコモコしないおすすめショーツ

ふつうのショーツだとレオタードからはみ出してしまうので、専用のショーツがおすすめです。ラインもすっきりし汗も吸ってくれます。

ジュニア・レギュラーカットショーツ

ジュニア・レギュラーカットショーツ

¥1,300 +税
サイズ:110、120、130、140

お肌にやさしいアロエ成分配合の素材「ケアトリナチュレ」を使用。お肌の弱いお子さまにもおすすめ。

オンラインショップ

ジュニア・アコーディオンショーツ

ジュニア・アコーディオンショーツ

¥1,800 +税
サイズ:105〜135

アコーディオン状のクロッチ部分が動きに合わせて広がります。おトクな2枚入り。

オンラインショップ


レッスンウエアを着る順番

ショーツをはきます。お尻をすっぽり包みこむように。

タイツをはきます。タイツは一度たぐり寄せてから、はくようにしましょう。

レオタードを着ます。きれいに着れているかどうか、チェックしましょう。

レオタードをきれいに着るには

レオタードを着るときに、いきなり衿ぐりや肩ひもをひっぱって着てしまうと、肩ひもがよじれたり、腕まわりがきつかったり、お腹まわりにシワが寄ったりしてしまいます。レオタードはきちんと着ることで、より身体にフィットします。

ブラン先生からアドバイス

タイツなどをはくときの要領で、レオタードを脚口部分にたぐり寄せよう。脚口を開いて足を入れ、下半身部分にぴったりフィットするようにたくしあげ、袖(肩ひも)に片方ずつ腕を通し、肩の部分と衿ぐりを整えよう。

サイズについて

バレエは身体のラインがとても大切。正しい姿勢や身体の使い方を先生に見てもらうために、レッスンウェアは身体にフィットするものを選ぶようにしましょう。

  • ※レオタードは伸縮性があるので、ある程度身長が伸びても長く着れることもありますが、肩や脚ぐりがくいこんだりするとレッスンの妨げになります。「きついな」と感じたらワンサイズ上のものに買い替えることをおすすめします。
  • ※(キッズ)に比べてJ(ジュニア)は大人の体型に近いウエストがくびれたラインになります。

チャコットのレオタードサイズ表

 

ページの先頭へ戻る