バレエの絞り込み記事一覧

日本人留学生も大活躍、ジョン・クランコ・バレエ・スクール公演

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこtext by Atsuko Suzuna 兵庫県が国内外の青少年の芸術団体を招いて行っている「ひょうごインビテーショナル」。これまで、ボリショイ・バレエ・アカデミーやウィーン・バレエ・アカデミー、カナダ・ナショナル・バレエ・スクールなど様々なバレエ学校がやってきている。今回のジョン・クランコ・バレエ・スクール(シュツットガルト・バレエ・スクール)は二度

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2006/09/10掲載

関西拠点のプロダンサーを中心に MRBバレエスーパーガラ

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこtext by Atsuko Suzuna 関西で、所属を超えてこれだけ多くのダンサーが共に舞台に立つ機会は、今のところこの公演以外にはないのではないだろうか? 今年も海外や東京で活躍する人を含め、多くのダンサーたちが集った。プロデュースは自らも踊ったMRB主宰の松田敏子。 渡辺美咲と恵谷彰の、正確なテクニックと少年少女のような可愛らしさの『パリの炎』の

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2006/09/10掲載

深川秀夫『3人のキトリによるドン・キホーテ』井上勇一郎振付作ほか

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこtext by Atsuko Suzuna「海賊」 夏の生徒公演の楽しみは、初舞台の小さな子供たちの可愛らしさと同じ舞台で、海外からバカンスで里帰りしている出身ダンサーたちのレベルの高い踊りも観ることができる。 幕開けは『エチュード』。さまざまな年代の子供たちが、みんなで踊る生徒公演らしい演目。白鳥の手振りを取り入れたりしながら、子どもの可愛らしさが生か

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2006/09/10掲載

世界に散らばって活躍する針山ファミリーが集って「夢 CONCERT2006」

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこtext by Atsuko Suzuna " Ballet Beauty"と中央に書かれたチャコットの広告 ---白鳥のポーズが美しく印象的なモデルは針山愛美。現在、ウラジミール・マラーホフ率いるベルリン国立バレエ団で活躍する彼女は、芸術家一家の長女。大阪在住の父・憲夫はクラリネット奏者、母・和子はピアニスト、次女・祐美はNYのブロードウェイや劇団四季

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2006/09/10掲載

夏も終わり、『シザーハンズ』日本公演も終わりました!

暑い中、劇場に足を運んで下さり応援をどうもありがとうございました。 今回はファミリーミュージカルみたいで見やすかったと思いますが、踊りは少ないと思われたでしょうね。特にチャコットさんのホームページを見ている方はダンスが好きな方たちと思いますので。 踊りは少なくても、芝居やジェスチャーでストーリーを引っ張るのにはそうとうなエネルギーと集中力がいるので私たちは毎回終演後くたくたでした。2時間の上演

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2006/09/10掲載

今回は日本からお届けします

ベルリンはオフで休暇中!ドイツでは国民全員が1年間で45日間の休暇を取る事ができると聞いていますが、バレエ団も6週間の休暇中です。 ベルリンのシーズンが終わり、ワールドカップの熱狂の余韻を後に7月12日、日本に帰国しました。 今回はこの夏、地元大阪吹田市で開催した「夢コンサート」の裏側を交えてお届けします。 さて、6月プラハでも妹とミーティングを重ねてきたはずでしたが、いざ日本に帰るともう一度

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 針山愛美

2006/08/10掲載

豪日共同ダンスプロジェクト『INK』

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこtext by Atsuko Suzuna 2006年は、オーストラリアと日本両政府が制定した「豪日交流年」。これは、そんな今年行われている、選出された5人のオーストラリアの振付家が、それぞれ日本のアーティストとのコラボレーションにより新作を創り出す「ネオン・ライジング/アジアリンク -日本コンテンポラリー・ダンス交流」の一環。 オーストラリアで数々の賞

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2006/08/10掲載

Dance Meeting Collection 2006

ワールドレポート/大阪・名古屋唐津 絵理text by Eri Karatsu コンテンポラリー・ダンスカンパニー、ヒデ・ダンス・ラボによる6回目の公演を観た。毎回参加している村越直子に加え、今年はカナダのサーシャ・イヴァノチオコと妻木律子が参加するという、主催者の意欲が汲み取れる内容となっていた。『Noise』は、近藤夕希代、秀奈都代、飯田佳世、秀実希子による共同振付作品。タイトルから推測される

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2006/08/10掲載

松岡伶子バレエ団アトリエ公演

ワールドレポート/大阪・名古屋唐津 絵理text by Eri Karatsu若手ダンサーの勉強の場として、毎年7月に開催されているアトリエ公演の14回目が開催された。アトリエ公演は、ゲスト振付家が、バレエ団の若手のために新作を振付けることで定評のある公演だが、今年のゲストは日本の創作バレエの草分け、石井潤。 まず、第1部『パキータ』よりマズルカでは、中・高校生らの次代を担うバレリーナの卵たちが多

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2006/08/10掲載

<9月に愛知で開催される公演&オーディション情報>

ワールドレポート/大阪・名古屋唐津 絵理text by Eri Karatsu<息づく家>パフォーマンス愛知県美術館ロビー&展示室「愉しき家」展 展覧会会場9月10(日)  入場無料(展覧会の入場料は必要です)11:30~13:00 第1回パフォーマンス(各会場30分を連続で)14:30~16:00 第2回パフォーマンス(各会場30分を連続で)美術館で開催する「愉しき家」展に合わせ、展示されている

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2006/08/10掲載

K★バレエスタジオ21th コンサート、神本昌幸追悼『Gebet』ほか

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこtext by Atsuko Suzuna 1部~3部までをクラシック、4部にコンテンポラリーという構成で行われたK★バレエスタジオコンサート。現在、新国立劇場バレエ団のプリンシパルとして活躍中の山本隆之や、チューリッヒ・バレエで踊る福岡雄大、各種のコンクールで注目を浴びるジュニアたちが多数出演する充実した舞台だった。観ていると、特にレベルの高い男性ダン

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2006/08/10掲載

『シザーハンズ』韓国公演中です!

私は2度目ですが前回の『Nutcracker!』の時は風邪を引いていたので、あまり(休演日も含めて)韓国公演を楽しめませんでした。ただマシューが私のクララを観るのも含めて韓国に来た時、日本人の私が主役をしても、舞台に出てすぐに客席から大きな拍手を頂いたのにはビックリしました。 上演中もたくさん笑いと拍手をもらい、とても感動したのを覚えています。 今回は体調万全なので韓国公演をとても満喫しています。

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2006/08/10掲載

29日、30日の夢コンサートに向けて準備中です!

もう少しで一時帰国します。29日、30日の夢コンサートに向けて準備中です! では、今月もベルリンから! 6月6日~11 バレエ団が6日間休暇でゆっくりする事ができたので、初めてベニスを訪れました。 素晴らしい街でした。歴史を感じる古い町並み、見渡す限り続く運河、、、。いろいろな博物館を訪れたり、素敵なカフェでゆっくりしたり、リフレッシュしました。ティティアン、ティントレット、ベロネーゼなどの絵画

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 針山愛美

2006/07/10掲載

ダンス・ミュージカル『クラリモンド』

ワールドレポート/大阪・名古屋唐津 絵理text by Eri Karatsuダンス・ミュージカルと銘打った新作舞台が名鉄ホールで開催された。プロデューサーの笹部博司・演出家の栗田芳宏のコンビが、フランス・ロマン主義文学者のテオフィル・ゴーチェによる原作の舞台化に取り組んだ。話題はH・アール・カオスの大島早紀子の演出・振付への参加と、豪華な男性ダンサーたちの共演だ。『クラリモンド』は、カトリックの

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2006/07/10掲載

『ライモンダ』山口章振付『カルメン』ほか、国田美和バレエスタジオ

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこtext by Atsuko Suzuna 大阪・上本町に開設されてから5周年を迎えた国田美和バレエスタジオ、最近あべのに新しいスタジオも完成し、充実した活動を重ねている。コンサートは、習い始めて間もない生徒から、主宰の国田美和までが出演してのものだった。 第1部は『くるみ割り人形』よりクララの夢。クララを踊った広瀬舞奈は、素直なやさしい踊りに好感が持て

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2006/07/10掲載

越智實傘寿 祝賀バレエコンサート

ワールドレポート/大阪・名古屋唐津 絵理text by Eri Karatsu愛知のバレエ界の発展に寄与してきた越智實の80歳を祝うバレエコンサートが開催された。越智インターナショナルバレエの生徒たちによるバレエ・コンサートからはじまって、バレエ団本部団員による『ドン・キホーテ』ハイライト、越智實が育てた数々の舞踊家たちによる16作品がずらりと並び、越智久美子と友則による『薔薇の精』が、長時間にわ

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2006/07/10掲載

ロシアバレエ3作品を上演、法村友井バレエ団公演

ワールドレポート/大阪・名古屋すずな あつこtext by Atsuko Suzuna 団長の法村牧緒をはじめ多くの団員がロシアに留学した経験を持つ法村友井バレエ団。サンクトペテルブルクのキーロフ(マリンスキー)バレエとの関係は深く、今回の公演でも『シェヘラザード』の振付とシャリアール王役をヴァジム・シローチンに依頼、金の奴隷にはニキータ・シェグロフを招いた。 最初に上演されたのは『ドン・キホーテ

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2006/07/10掲載

6月はホリデーです。

『シザーハンズ』は昨年の10月からお休みがなく今年の5月末までずっと続いていたのでみんなこのホリデーをとても楽しみにしていました。私は梅雨の日本にいました。 8月にある後藤早知子さんの50周年記念公演『Sachiko』のリハーサルのためです。『Sachiko』リハーサル私が一生懸命に共演者の西祐子さん、能美健志さんや高部尚子さんと振りを考えている間にイギリスのカンパニーメンバーから来るメールと言え

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 友谷真実

2006/07/10掲載

風邪が大流行

6月ですね。本当に天気がころころ変わり風邪が大流行、自分も少しダウンしましたが、今はもう大丈夫です。5月4日から14日まで 国際バレエ週間という試みが行われました。 国立歌劇場のアポロザルというとても美しい空間(室内楽のコンサートが行われたりします)が期間中はバレエカフェになりました。 4人のダンサーが毎朝そこでレッスンを披露。 カフェのお客様はコーヒーでも飲みながらレッスンを見学できたり、実際使

  • #インタビュー & コラム
  • #コラム 針山愛美

2006/06/10掲載

第49回現代舞踊公演

ワールドレポート/大阪・名古屋唐津 絵理text by Eri Karatsu 現代舞踊協会中部支部主催による恒例の公演を観た。いつからかタイトルも「Contemporary Dance Today」となり、作品の内容は、かなりバラエティ豊かな13の小品が並んでいた。 榊原菜生未振付による『World・・・もう期待できない!』は、ダンスの合間にストーリーテーラーが現れ、コメントを挟んで進行していく

  • #ワールドレポート
  • #大阪・名古屋

2006/06/10掲載

ページの先頭へ戻る