インタビュー&レポート

レポート: 最新の記事

レポート: 月別アーカイブ

[2007.05.10]

舞劇「楊貴妃」公開記念イベント「アジアン・ビューティー・ナイト」レポート

ダンスキューブでも制作発表の様子をご紹介している、舞劇「楊貴妃」。
この公演に先立ちまして、主演ダンサーが来日し、音楽の服部隆之さん、ゲストに紫吹淳さんを迎えてイベントが開催されました。
「アジアン・ビューティー・ナイト」と題されたこのイベントは、中国茶とアジアンスイーツを楽しみながら、トークショーを楽しむというとても優雅なもの。たくさんのお客様が集まりました。

本邦初公開となる舞劇「楊貴妃」の中からのチェン・ファンユアンさん(楊貴妃役)、ソン・ジエさん(謝阿美役)のダンス披露あり、服部隆之さんを交えての作品についてのお話、紫吹淳さんと主演ダンサーによるビューティー・トークありと、盛りだくさんの約1時間。

まず舞劇「楊貴妃」より服部さんの作曲した音楽にのせて、チェンさんとソンさんがそれぞれ舞を披露。短い時間でしたが軽やかで手先の動きに特徴のある踊りに、会場のお客様も釘付けでした。

その後服部さん、チェンさん、ソンさんで舞台の制作過程などのお話を。
服部さんは今まで男性がテーマの中心になっている曲を作られる機会が多かったそうで、今回は女性のたおやかさ、美しさを表現したい。とお話下さいました。 何回も上海での稽古に参加されているそうで演出・振付のジャオ・ミンさんより 「どんな曲を書いてもいい」 と言われたこと。そして服部さんが創り上げた曲を本当に良く聴いて緻密な振付をされること、 それに対して「囲碁の曲を作ってほしい」とオーダーされ必死で曲を仕上げたところ、次の稽古では 「書道のシーン」に変わっていたというエピソードもあり、繊細かつ大胆な演出に期待がかかります。

その次は女性ゲストのみでビューティー・トーク。
紫吹さんが宝塚に在籍されていたころの上海公演をチェンさんがご覧になっていたそうで、
「02年に上海で宝塚歌劇を観ました。その時とても男らしかった紫吹さんが、今日とても女らしくて驚きました。」 という言葉に会場が笑いに包まれました。
その後もおふたりのダンサーが中国民族舞踊をベースにバレエ、ジャズ、タップ、ラテンなど様々なダンスを学ばれたことをお話され、 紫吹さんの
「中国民族舞踊は経験がないのですが足を踏み入れてみたいです。」
という言葉に チェンさんが
「教えてあげますよ。たおやかさを表現するのが難しい踊りなので男役の部分を控えて女役に徹した方がいいですね!」と答えたり。
「美のために心がけていることはありますか?」という質問には チェンさんが
「ある有名な美容師さんに聞いたのですが世界にみにくい女性はいない、いるのはなまけものな女性だけだ。と」という言葉に会場の女性が笑いつつも反省したり。 ソンさんが
「にがうりと百合の根をいためるんです。かならず塩味で。老廃物を排出してお肌がきれいになります。」
とおすすめの料理をお話すると紫吹さんがすかさず
「にがうりと百合の根の量は半々ですか?」
と確認したり。
中国語と日本語で間に通訳の方をはさみながらも、なごやかに楽しいお話が続きました。

舞台は9月14日より東京、Bunkamuraオーチャードホールを皮切りに大阪を巡って、11月には上海へ海を越えて公開されます。 中国と日本が文化を持ち寄って作る舞台。美しい出演者にもどうぞご期待下さい。


「舞劇 楊貴妃」 >>>発売中

●9/14(金)~16(日)
●Bunkamuraオーチャードホール
●台本=ウォン・スーザイ、作曲=服部隆之、歌=森山良子 芸術監督・演出=松本重孝、演出・振付=ジャオ・ミン
●出演=チェン・ファンユアン(楊貴妃役)/ソン・ジエ(謝阿美役)/上海青年舞踊団
●S席10,500円/M席(1階前方)9,500円/A席8,000円/B席5,000円
●開演時間=14日19:00、15日13:00と18:00、16日13:00
●お問い合せ=Bunkamura 03-3477-3244(10:00~19:00) http://www.bunkamura.co.jp/