【重要なお知らせ】店舗・スタジオの営業再開予定についてのご案内

<HOW TO>ステージに立つとき 顔にファンデーションをきれいにぬる方法

ステージ用におすすめのファンデーションは、しっとりとしてカバー力がある油性タイプ。
「スティックファンデ―ション」と「ステージファンデーション」です。

スティックファンデーションは伸びもよく、ナチュラルな仕上がり。
カラーバリエーションも豊富なので、さまざまな役柄やシーンに使えます。

ステージファンデーションはカバー力を重視する方におすすめです。チャコットのファンデーションの中ではNO.1のカバー力!

 

スティックファンデーション・ステージファンデーション

503610-0113-58_LL_stick.jpg

スティックファンデーション

¥1,800+税

503612-0404-58_LL.jpg

ステージファンデーション

¥800+税

> くわしくはこちら 

  

ファンデーションのぬり方

スポンジにたっぷりとファンデーションをとり、顔全体にむらなくのばします。
ぬり残しがちな目の際や、目尻のまぶたが重なった部分は、スポンジのエッジ(角)を使ってていねいに。

0128_stick_hwt_01.jpg

0128_stick_hwt_02.jpg

POINT!
顔に直塗りではなく、必ずスポンジに取ってください

スポンジのきれいな面で、よくたたきこみます。

0128_stick_hwt_03.jpg

パッティングをすることで、余分なファンデーションをとりつつ、ファンデーションを肌にぴたっと密着させます。

この工程がくずれにくいベースをつくるポイント!!

油性ファンデーションにおすすめ「カッティングスポンジ 6ッ切 」

503655-0092-58_LL_05.jpg

カッティングスポンジ 6ッ切
¥1,200 + 税

キメが細かく肌へのあたりがやさしいスポンジです。

> オンラインショップはこちら

 

仕上げに・・・

ファンデーションにあわせた色か、クリアーのフィニッシングパウダーをパウダーパフに含ませ、しっかり押さえるようにのせましょう。

 

1223_liquidfoundation_07.jpg

パウダーをとったら、パフ2枚を擦り合わせると、より粉含みがよくなります。

1223_liquidfoundation_08.jpg

しっかり押さえるようにのせましょう。

1223_liquidfoundation_09.jpg

余分な粉はパウダーブラシではらいます。
触ってみてサラサラならOK!

  

化粧くずれを防ぎ、美しく仕上げる「フィニッシングパウダー」

 

1223_liquidfoundation_clear.jpg

フィニッシングパウダー
容量 30g170g 
※170gはクリアーのみ

>オンラインショップはこちら

 


使用した商品はこちら
「ステージの過酷な環境でも、最後まで美しく。
汗や水に強いチャコットのベースメイク。」

0201_stickfd_960_650.jpg

スティックファンデーション
¥1,800+税
●容量:10g ●カラー:20色

□無香料・天然色素配合(※1)
□油性のしっとりタイプ
□優れたカバー力なのに、ナチュラルな仕上がり
□崩れにくい・使いやすい

>オンラインショップはこちら

■スティックファンデーション・カラーチャート 

0201_P174_ill.jpg

0201_stagefoudation_960_650.jpg

ステージファンデーション

¥800+ 税
●容量:4g ●カラー:9色

□無香料・天然色素配合(※1)
□油性のしっとりタイプ
□カバー力NO.01 (当社比)

>オンラインショップはこちら

■ステージファンデーション・カラーチャート 

0201_P174_ill_B.jpg(※1)クチナシ果実エキス・ベニバナ花エキス・ムラサキ根エキス


関連記事:<HOW TO>ステージに立つとき 身体にファンデーションをきれいにぬる方法

ページの先頭へ戻る