ニュース

制作発表: 最新の記事

制作発表: 月別アーカイブ

Dance Cube 編集部 
[2010.02.19]

四季劇場[夏]こけら落とし ディズニーミュージカル『美女と野獣』

100215shiki01.jpg

劇団四季の専用劇場として首都圏では6番目となる四季劇場[夏]が今年7月にオープンする。
劇場の新設についてはすでに報じられていたが、こけら落としとなる最初の演目が何になるのかが注目されていた。
そしてついに、記念すべき最初の作品にディズニーミュージカル『美女と野獣』が選ばれたことが発表された。
初演以来全国で上演され続け、350万人以上の動員という人気の作品で、現在も京都で上演中(2010年5月9日まで)。
こけら落としの演目が決まった劇団四季が2月15日、都内で制作発表を行った。


劇団四季代表・浅利慶太
四季劇場[夏]こけら落としにあたり、新しい劇場にふさわしく、華々しく話題性があるものにしたいと思い、東京では久しく上演していない『美女と野獣』を上演することにいたしました。
『美女と野獣』はお客さまからの再演の希望が非常に強い作品です。
実に丁寧に作られていますし、ディズニーという娯楽産業の実力が遺憾なく発揮されています。
また世代を問わず楽しんでいただけるような作品です。
初演の時は東京と大阪での同時上演など非常に注目されまして、ディズニーとの関係も深まり、その後の『ライオンキング』や『アイーダ』の上演に結びつきました。
[春]のこけら落としだった『ライオンキング』は12年のロングランとなりました。
『美女と野獣』も京都では50万人近い動員がありましたし、初演の頃より劇団四季も遙かにスケールも大きくなったので、かなり充実した舞台をお見せできると思います。
また、四季劇場[夏]のオープンに際し、インターネット時代にふさわしい、新しいチケットシステムも導入の予定です。より便利にご満足いただけるシステムとなっております。

佐野正幸
この作品には、1997年よりビースト役として出演しておりますが、13年経った今でも日々新しい発見があり、とても奥の深いミュージカルだと思っております。
ビーストはベルに出会い、人を愛する心を取り戻していきますが、この過程こそが物語の柱だと思っております。人として、一番大切な心、人を愛する心を、お客さまに正確に伝えるよう努力して参りたいと思っております。
また、四季劇場[夏]の柿落とし公演に出演できるのは、本当に光栄なことだと思います。
より新鮮な気持ちでこの公演に望みたいと思います。

坂本里咲
ベルは父と二人で小さなムラで暮らす、ごくごく普通の女の子ですが、本が大好きで誰よりも想像力があって、自分の世界と価値観をしっかり持っています。
そんなベルにビーストは出会って人間の心を取り戻し、そしてベルもビーストと出会うことで、反発しながらも理解し、人を愛することで人間として成長していきます。
『美女と野獣』といえば、「Beauty and Beast」をはじめとする美しい音楽、そしてため息のでるような豪華な衣裳、アニメの世界をそのまま再現した舞台装置が見所となっていますけれども、一番人気の秘密というのは、この物語に出てくるキャラクターの親しみやすさにあるのではないかと思います。キャラクターひとり一人を通して、愛の尊さや、人間として生きることのすばらしさを、お客さまがすごくストレートに感じ取ってくださっていると、毎日の舞台で実感しております。東京公演は15年ぶりの開幕ということですが、ぜひこの機会に、ひとりでも多くの方にこの感動を味わっていただきたいと思います。

100215shiki04.jpg100215shiki05.jpg100215shiki02.jpg100215shiki03.jpg

また劇場のオープンと共に、興行界で初となるチケットレスサービスの概要は次の通り。

100215shiki06.jpg

チケットレスサービス
「劇団四季」スマートチケット」(仮称)

事前に「予約」「座席指定」「購入」が済んでいれば、当日チケットボックスに寄らずに入場ができる。携帯端末などの利用を予定しているとのこと。

「マイページ」
各人の属性を分析し、最適なコンテンツを表示。航空会社やAmazon.comのホームページのように、興味に合わせた情報が表示されるので、検索の無駄が減る。
また、リピーターや新規ユーザーを紹介すると特典が付与されるサービスも検討中。

「メールコンシェルジュ」
これまで定期的に情報提供していたメールサービスを拡充。コンシェルジュがニーズに応じた情報を的確に配信。

「贈答用ギフトカード」
演劇の「オープンチケット」とも言うべき、贈答用のギフトカードを販売。カードを送られた側が、自分の都合に合わせ日本全国の劇団四季作品を求めることができる。

「チケット譲渡システム」
購入したものの、観劇することができなくなった場合の救済措置として、「チケット譲渡システム」を提供。興行主自らが運営する譲渡システムは業界初。これにより、オークションでのチケット譲渡の根絶を目指すという。

インターネット予約での座席指定など、常に演劇界の最先端を進み、業界をリードしてきた劇団四季の新たな試みにも大いに期待したい。

100215shiki07.jpg

ディズニーミュージカル『美女と野獣』

  • 2010年7月中旬 開幕
  • 四季劇場[夏] (東京・大井町駅)
  • S席 9,800円、A席 8,000円、B席 6,000円、C席 3,000円
  • ファミリーゾーン S席こども5,000円、A席こども 4,000円(こども料金3歳以上、小学校6年生以下)
  • ネット予約:SHIKI ONLINE TICKET http://489444.com
  • 電話予約:劇団四季予約センター 0120-489444
  • 直接購入:各劇団四季専用劇場、各プレイガイド
  • お問い合わせ:劇団四季東京公演本部 03-5776-6730