インタビュー&レポート

レポート: 最新の記事

レポート: 月別アーカイブ

[2011.07.25]

劇団四季ファミリーミュージカル『魔法をすてたマジョリン』公開舞台稽古

7月23日(土)、自由劇場(港区・浜松町)にて、劇団四季ファミリーミュージカル『魔法をすてたマジョリン』の公開舞台稽古が行われた。
開幕を翌日に控えた劇場では、本番同様に緊張感溢れた稽古が進行。キャスト、スタッフらによって全体の最終チェックが入念に行われた。
『魔法をすてたマジョリン』は、魔女のマジョリンが掟に逆らい、村人たちと力を合わせ、悪い魔女たちと戦う物語。この作品には、劇団四季ファミリーミュージカルに欠かせない、“生命の尊さ”“友情の素晴らしさ”“勇気をもつことの大切さ”といった、大切なメッセージが込められている。
ここ数年の首都圏におけるファミリーミュージカル公演は、主に「こころの劇場」(児童対象の大型招待公演)として上演されているため、一般客は観る機会が多くはなかった。この企画は、そういった一般客に対し、観劇の機会を提供したいという思いから、2005年にスタートした。以来、劇団四季の夏季恒例企画となり、これまでに計6作品が上演されてきた。

【出演俳優コメント】
ニラミンコ役 神保 幸由(じんぼ ゆきよし)

 子どもたちにとって夏休みは心身を成長させる絶好の時期です。
 この作品が、子どもたちに思いやりの心や勇気を感じとっていただくきっかけになれば幸いです。
 作品の感動をしっかりお届けできるよう、精一杯役を務めたいと思います。

『魔法をすてたマジョリン』は、自由劇場(港区・浜松町)にて、7月24日(日)〜8月31日(水)まで。

110723m01.jpg110723m02.jpg