『フェリシーと夢のトウシューズ』

『最強のふたり』製作陣と『カンフーパンダ』『マダガスカル』などのアニメーターが手掛けた映画『フェリシーと夢のトウシューズ』(原題:BALLERINA)は、19世紀末のパリを舞台に、施設に暮らしていた少女が憧れのバレリーナになるために新しい世界に飛び込む姿を生き生きと描くアニメーション作品。バレリーナを夢見て花の都パリへ行った少女が、ライバルとのし烈な競争の日々を送る姿を映し出す。ヒロインの声を、『SOMEWHERE』などのエル・ファニングが担当。振付をパリ・オペラ座バレエ団の芸術監督オーレリー・デュポンらが手掛けた。
振り付けを担当したデュポンはダンサーの全シーンを実際に踊ってみて作り上げたという。屋根の上でフェッテをしたり、宙高く舞い上がるジャンプなど、実際にはとてもできそうにない動きもアニメーションならではの迫力で描かれている。
また、日本語吹替版ではヒロインのフェリシー役にはダンサーとしても活躍する女優の土屋太鳳、黒木瞳、夏木マリら豪華キャストに加え、熊川哲也がフェリシーに可能性を感じて見守るパリ・オペラ座バレエ学校の男性バレエ教師役で声優に初挑戦している。

家族もお金もなかった少女フェリシーが「バレリーナになりたい、いつかあの人みたいに踊りたい」という、バレエへのひたむきな情熱だけを胸にパリ・オペラ座のバレリーナになることを目指して奮闘する姿は、子どもだけではなく大人たちも共感できる。かわいらしい衣装、美しいアニメーションで見せるバレエシーンなど見所はたくさんあるけれど、最後には、バレリーナに、そしてあきらめず夢に向かうのには何が大切なのかを教えてくれる物語。

1_1708cinema_main.jpg

© 2016 MITICO - GAUMONT - M6 FILMS - PCF BALLERINA LE FILM INC.

 <STORY>
19世紀末のフランス、ブルターニュ地方の施設で暮らすフェリシーは、バレリーナになることを夢見る、踊ることが大好きな少女。
ある日、偉大な発明家を志している親友のヴィクターに誘われ、エッフェル塔が建設中の憧れの街パリを目指して施設を抜け出すことに・・・。
やっとの想いでたどり着いたパリで、フェリシーはヴィクターとはぐれてしまうが、偶然にも夢にまでみたオペラ座を見つける。そこには、美しく踊るエトワールの姿があった・・・。
元バレリーナで、今はオペラ座の掃除婦のオデットとの出逢い、お金持ちの一人娘カミーユや数々のライバルたちの熾烈な競争。まだ、バレエを習ったことさえないフィリシーは、情熱と勇気だけを胸に、夢の舞台に立つことができるのか・・・!?

2a_708cinema01-thumb-293x189-67849.jpg

2b_1708cinema02-thumb-293x189-67852.jpg

3A_1708cinema03-thumb-293x189-67855.jpg

3b_1708cinema04-thumb-293x189-67858.jpg

1708cinema05-thumb-293x189-67861_4a.jpg

4b_1708cinema08-thumb-293x189-67864.jpg

5a_1708cinema06-thumb-293x124-67867.jpg

5b_1708cinema07-thumb-293x124-67870.jpg

『フェリシーと夢のトウシューズ』
2017年8月12日(土)、新宿ピカデリーほかにて全国公開


© 2016 MITICO - GAUMONT - M6 FILMS - PCF BALLERINA LE FILM INC.
配給:キノフィルムズ

■声の出演:エル・ファニング、デイン・デハーン、カーリー・レイ・ジェプセン ほか
■吹替えキャスト:土屋太鳳(フェリシー)、黒木瞳(オデット)、夏木マリ(ル・オー夫人)ほか
■監督:エリック・サマー、エリック・ワリン
■脚本:キャロル・ノーブル、エリック・サマー、ローラン・ゼトゥンヌ
■振付:オレリー・デュポン、ジェレミー・ベランガール

【原題:BALLERINA/2016年/フランス・カナダ/89分/シネスコ(2.35:1)/5.1ch/英語】

 

ページの先頭へ戻る