ニュース

その他ニュース: 最新の記事

その他ニュース: 月別アーカイブ

三光 洋 
[2013.01.25]

速報!バンジャマン・ミルピエがパリ・オペラ座の次期バレエ監督に任命される

1月24日ブリジット・ルフェーブル、パリ・オペラ座バレエ監督の後任としてバンジャマン・ミルピエ(36歳)が任命された。2014年秋にバレエ監督に就任する。
振付家のバレエ監督就任はセルジュ・リファール以来となる。
ミルピエはコンテンポラリー・ダンスとアフリカのダンスを教えていた母を持ち、リヨン国立高等音楽院バレエ科(CNSMD)で学んだ後、1994年に渡米し、ニューヨークのアメリカン・バレエ・スクールに入学した。『ウエスト・サイド・ストーリー』の振付で知られるジェローム・ロビンズにその才能を認められてニューヨーク・シティ・バレエ(NYCB)に入団し、2002年にプリンシパルとなった。ただし、クラシック・バレエのレパートリーはほとんど踊っていない。
振付家としての作品は多く、パリ・オペラ座バレエも2006年に『アヴェーモ』、2008年に『トリアード』を上演している。60歳をこえたバリシニコフに、バリシニコフ自身の16歳時点での映像を前に踊らせたり、ヒップホップのスターやマドンナのエキストラたちを振付けるなど、広い分野で身体表現を追及してきた。
2011年にはNYCBを退団し、ロサンジェルスでLA Danse Project(ラ・ダンス・プロジェクト)という自身のバレエ団を創設している。
私生活では、映画『ブラック・スワン』のバレエ場面の振付を担当した際に知り合った女優ナタリー・ポートマンと昨年夏に結婚した。
パリ・オペラ座バレエは来年ニコラ・ル・リッシュ、アニエス・ルテステュ、イザベラ・シャラヴォラの三人、2014年にはオーレリー・デュポンと、輝きのあるエトワールが次々に引退する。団員の平均年齢は26歳と若く、将来を期待されるダンサーがそろっている。ミルピエとともにパリ・オペラ座バレエ団の新しい時代が始まろうとしている。

130124Millepied02.jpg (C) Julien Benhamou / Opéra national de Paris 130124Millepied01.jpg (C) Julien Benhamou / Opéra national de Paris