ニュース

その他ニュース: 最新の記事

その他ニュース: 月別アーカイブ

関口 紘一 
[2015.11.26]

『白鳥の湖』を踊って、もう一度輝きたい! にチャレンジした人たちの感動のドキュメンタリーがテレビ放映される

マーゴ・フォンテーンは「マジック・オブ・ダンス」とバレエの魅力を表現したが、確かにバレエの舞台には魔力が潜んでいる。とりわけ、全力で踊って輝き、観客の喝采を浴びたバレエダンサーは、なにものにも代えることの出来ない「奇跡の瞬間」を知ってしまったのだ。

「芸能人が本気バレエ! 密着200日…白鳥の湖を踊りたい! 世界最高峰の舞台に誰が? SP」というテレビ番組の企画が進行している。
幼い頃からバレエの道をすすんだが、何らかの事情で別の道を行かなければならなかった人。しかし、未だにその望みをどうしても絶ちがたい人‥‥。バレエダンサーにとっては舞台に立つことは年齢との闘いでもあるから、そのチャンスは特別の、それこそ奇跡でも起きない限り、あり得ない。だから断腸の思いで諦めた。
ところがその希有のチャンスを、世界的バレエダンサーの熊川哲也率いるK バレエ カンパニーが提供する!
来たれ! 永遠の少女たちよ! 夢の舞台がそこにある、と呼びかけた。

_YN7_8979a.jpg

すると、元レコード大賞歌手、元宝塚女優、さらには現役のお天気キャスター、女子アナウンサー、アイドル、元プロ野球監督の愛娘などなど、10代から40代の幅広い年齢層の女性たちが続々とエントリー。芸能界での序列・年齢・ブランクといったハンディを一切排して、200日の苛酷なオーディションに挑むことになった。目標はただひとつ、「舞台でもう一度、輝きたい! しかもK バレエ カンパニーの『白鳥の湖』で」。
そして、二羽の白鳥の役、さらにはコール・ド・バレエに出演するチャンスが解放され、200日に及ぶ叱声が飛び交う過酷なレッスン・オーディションが始まった。
上演されるのは、熊川哲也振付『白鳥の湖』の第二幕。同じ舞台に立つオデット役はK バレエ カンパニーのプリンシパル・ダンサー、浅川紫織、王子ジークフリート役は期待のホープ、栗山廉、ロットバルト役はソリストの杉野慧、王子の友人ベンノ役にはファーストアーティストの益子倭、と最前線の人気キャストが揃う。
果たして、厳しいレッスンを乗り越え 世界最高峰の舞台上で歓喜の涙を流すのは誰なのか?
200日間に及ぶ葛藤と感動のドキュメンタリーとその舞台は、
「芸能人が本気バレエ! 密着200日…白鳥の湖を踊りたい! 世界最高峰の舞台に誰が? SP」というタイトルで、12月9日(水)夜7時56分〜9時54分、TBS系で放映される。(一部地域を除く)

_YN7_8918.jpg