ニュース

その他ニュース: 最新の記事

その他ニュース: 月別アーカイブ

 
[2013.10.18]

エンターテインメント・ダンス・パフォーマンス
『BOLERO-Paradise Lost-』が間もなく開幕

昨年春、Dance Act『ニジンスキー〜神に愛された孤高の天才バレエダンサー〜』に主演した東山義久が、今度はダンス、BOLEROに挑戦する。前回、試みたDance Actというスタイルの"Act"をとったダンスで魅せる舞台にするという。そして題材を、17世紀のイギリスの詩人、ジョン・ミルトンの旧約聖書の『創世記』に基づく叙事詩『失楽園』に求めている。あるいはあのルシファーという存在からインスピレーションを受けて、ボレロの音のドラマが聞えてきたのかも知れない。

1310bolero.jpg

『ボレロ』は言うまでもなくモーリス・ラヴェルの名曲。かつてモーリス・ベジャールが振付け、ジョルジュ・ドンやシルヴィ・ギエムが踊って一世を風靡した。ダンス・ファンにとって超有名な作品である。
もちろん、他の振付家も『ボレロ』を振付ており、古くはニジンスキーの妹のニジンスカも振付けていて、その際に丸い大テーブルの上で踊る趣向がなされた、とも言われている。また、近年ではスペイン国立バレエ団のレパートリーにも『ボレロ』が入っているのでご覧になった方もいるのではないか。そうした多くの振付家の一人に平山素子がいる。彼女は、今年6月の新国立劇場公演「フランス印象派のダンス」の中でラヴェルの『ボレロ』を振付け、自身で踊り際立った印象を残した。
その平山素子も今回の『BOLERO-Paradise Lost-』に参加している。平山の振付により、「女性とデュエットを踊ることは珍しい」という東山と踊る。そのほかにANJU(安寿ミラ)が宝塚以外で初めて男性に振付けるシーンもあるという。他には東山、原田薫、湊ユリか桜木涼介などが振付に参加している。
出演するダンサー東文昭、穴井豪、長澤風海、三井聡、女性は金田あゆ子、池田美佳ほか。また、エアリアルパフォーマーとしてタイロン・ヘリヒー、マシュー・デンリーが海外から参加するのも話題だ。
音楽はラヴェルの『ボレロ』はもちろん、新たに作曲された『ボレロ』他の曲で全体が構成されるという。構成・演出は宇治川まさなりが行う。様々な話題を集めて間もなく、『BOLERO-Paradise Lost-』の幕が開く。
 

Entertainment Dance Performance YK co.
BOLERO


公演日程:2013年10月23日(水)〜27日(日)
会場:天王洲 銀河劇場
構成・演出:宇治川まさなり
音楽:la malinconica
振付:原田薫・港ゆりか・ANJU・桜木涼介・東山義久・平山素子
美術:中村知子 照明:柏倉淳一 音響:柳浦康史 
衣裳:朝月真次郎 ヘアメイク:寺岡ふう子
出演:東山義久
   東文昭 穴井豪 長澤風海 三井聡 北川優佑 田極翼 桜木涼介
   金田あゆ子 池田美佳
エアリアルアート:Tyrone Herlihy  Matthew Denley
ゲスト出演:平山素子
演奏:la malinconica sinfonia

料金:S席¥8000 A席¥6500
オフィシャルサイト http://www.edp-bolero.com/
お問い合わせ:銀河劇場チケットセンター 03-5769-0011