ニュース

その他ニュース: 最新の記事

その他ニュース: 月別アーカイブ

関口 紘一 
[2014.03.14]

第45回舞踊批評家協会賞・新人賞が決定、舞踊批評家協会より発表された

毎年、4月に贈呈式を東京・青山のNHK青山荘で行っている舞踊批評家協会賞・新人賞が決まった。これはバレエからコンテンポラリー・ダンス、フラメンコ、舞踏、日本舞踊まで、ジャンルを問わずに、昨年1年間に日本で上演された舞踊作品を、舞踊批評家協会員が協会賞と新人賞を選ぶもの。1年間の舞踊を横断的に捉えて選定するので、毎年、それぞれのジャンルの作品の傾向を感じとることができる。また、贈呈式は異なったジャンルにの舞踊作家やダンサーが交流する珍しい機会を提供している。
2013年の授賞理由は以下の通り。

第45回(2014年度)舞踊批評家協会賞 授章理由(50音順)

勅使川原三郎

ポーランドの画家・小説家、ブルーノ・シュルツに触発された舞台『弟2の秋』の演出・振付・出演で緩急自在の感性を発揮し、美術、照明、音楽が一体となったトータルな完成度の高さで注目された成果に対して

花柳園喜輔
「園喜輔創る踊る」の会で演じた、長唄舞踊『浅妻船』の抒情的な魅力と、能に取材した長唄舞踊『安達ヶ原』で創意ある素踊りで表現した成果に対して

堀内元・充
『堀内元・充バレエ・コレクション』でダンスを踊る楽しさ、観る楽しさ、創る楽しさのすべてを極めた見事なコラボレーションの成果に対して

室伏鴻
『アルトー二人』、『リトルネロー外の人、他のもの』の2舞台で、文学と肉体を超出して舞踏の新境地を果敢に展開した成果に対して

◎新人賞

奥村康祐

『ドン・キホーテ』の闊達な踊り、『マノン』レスコー役の奔放な演技で見せたはかり知れない可能性に対して

川村美紀子
ソロ『イチゴちゃん』などで驚異的なテクニックと斬新な発想で観客を魅了し、コンテンポラリーダンスの新たな世界を切り拓いた成果に対して

中村梅彌
清元の『豊後道成寺』を、満開の桜のもとで歌舞伎の道成寺とはひと味違う作品にして、新人らしい真摯な舞踊を演じた成果に対して