ニュース

その他ニュース: 最新の記事

その他ニュース: 月別アーカイブ

関口 紘一 
[2014.11.14]

熊川哲也 K バレエ カンパニーから生まれた新しいパフォーマンス・グループ、
宮尾俊太郎座長の「Ballet Gents」がクリスマスディナーショー!!

K-BALLET COMPANY の5人の精鋭男性ダンサーが宮尾俊太郎を座長にユニットを組んだ Ballet Gents(バレエ ジェンツ)をご存知だろうか。

1411Gents02.jpg 撮影/小川峻毅

このユニットはK-BALLET COMPANY の創立15周年を記に結成されたパフォーマンスグループ。すでに、7月「青島広志のバレエ音楽コンサート」で、宮尾がモーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」を振付け、メンバーそれぞれが踊るナンバーを披露しているが、今回はクリスマスディナーショーで本格的なパフォーマンスを行う。
場所はホテル椿山荘東京(東京・目白)。宮尾俊太郎振付の『四季』(音楽/ヴィヴァルディ)他、K-BALLET COMPANY公演でほぼ全ての演奏を務めるシアター オーケストラ トーキョーの弦楽四重奏も登場するなど、クリスマス特別ステージがくりひろげられる。
座長の宮尾俊太郎は、周知のようにK-BALLET COMPANYのプリンシパル・ソリストとして、『ドン・キホーテ』から最新作の『カルメン』に至る間で、多くの作品で主役を踊っているばかりでなく、ミュージカルやTV番組、CMなどのメディアでも活躍している。
また、そのほかのメンバーもKバレエ  スクール出身で、K バレエ ユースの『白鳥の湖』で主役を射止め、今年10月の『カルメン』で主役デビューを飾った福田昂平。
やはりK バレエ スクール出身でカンパニーではロットバルトやドロッセルマイヤーを踊って日本人離れした容姿で活躍し、『カルメン』ではエスカミーリョの大役を射止めた杉野慧。K バレエ スクールから英国エルムハーストスクールに留学経験があり、ローザンヌ国際バレエコンクールではセミファイナリスト。カンパニーの『ロミオとジュリエット』ではベンヴォーリオ、『ラ・バヤデール』ではブロンズアイドルを踊った益子倭。
ベルギーのアントワープバレエ学校からルードラ・ベジャール・ロンザンヌで学び、ベジャール・バレエ・ローザンヌのヨーロッパ・ツアーに参加したキャリアを持ち、185cmの長身と端正なルックスが爽やかな栗山簾。
という若いエネルギーが漲る5名がメンバーだ。熊川哲也という大スターを生んで以来、いささか停滞気味な日本人男性ダンサー陣に、闊達な景気の良い風を巻き起こして欲しいものだ。

1411Gents01.jpg 撮影/小川峻毅

Ballet Gents 「1st クリスマスディナーショー」

【開催日】2014年12月15日(月)18:00開場
【場 所】ホテル椿山荘東京 プラザ5階「オリオン」
【時 間】18:30〜お食事/20:00〜ショー
【料 金】S席¥30,000- /A席¥25,000- (税込)
【出 演】宮尾俊太郎、福田昂平、杉野慧、益子倭、栗山廉

【チケット一般販売】発売中
【チケットに関するお問い合わせ】
チケットスペース:03-3234-9999(月〜土10:00〜12:00、13:00〜18:00)
ホテル椿山荘東京予約センター:03-3943-3908(9:00〜20:00)
詳細は http://www.k-ballet.co.jp/news/view/1112