ニュース

制作発表: 最新の記事

制作発表: 月別アーカイブ

 
[2006.09.10]

ミュージカル「タイタニック」制作発表

 1912年4月10日、NYに向けて出航した豪華客船タイタニック号は、北大西洋を航行中氷山に衝突。1517名の尊い命とともに海の藻屑と消えました。20世紀最大の海難事故は、以来数々の書籍や映画で幾度となく取り上げられています。
中でも1997年公開の超大作映画「タイタニック」は歴史的な興行成績をたたき出し、アカデミー賞11部門に輝きました。しかし、同じ年この映画の公開に 先駆けてブロードウェイで大ヒットし、映画の成功を後押ししたのが実は、このミュージカル「タイタニック」なのです。

ミュージカル「タイタニック」はブロードウェイの大音楽家モーリー・イェストンが、オードリー・ヘップバーン主演映画「シャレード」で人気を博した脚本家ピーター・ストーンと共同で7年をかけて創り上げた作品。
彼らは事故の原因となる船長室でのやりとりとともに、一等船室の大富豪、二等船室の中産階級の人々、そして三等船室の移民達がパニックにそれぞれどのように向き合ったのかを描き、当時の悪しき階級差別を浮き彫りにしました。
そんなミュージカル「タイタニック」はトニー賞の最優秀作品賞をはじめ、5部門を受賞。中でもモーリー・イェストンの壮大で格調高い音楽は批評家達に絶賛されています。

そして2007年1月待望の日本語翻訳版での上演が決定。演出は今年1月の「グランド・ホテル」に続き、グレン・ウォルフォードが再びモーリー・エェスト ン作品に挑みます。出演は13名による超豪華なキャストが実現。大型客船に偶然乗り合わせ、生死を分ける大惨事に見舞われる乗客と乗組員を演じます。
“ 絶望的な瞬間を目の前に、人は何を思うのか。沈みゆく船の上で彼らはもはやただの人間にすぎなかった”

当日の登壇者の挨拶より
松岡「タイタニック号の設計者で、誰よりもタイタニックを愛したであろう男を務めさせていただきます。演出のグレンさんとも話したのですが、アンドリュー スという人はまれに見る天才だと。僕は天才ではありませんが、天才が普通の人とどう違うたたずまいを見せるのかがこの役のテーマになるのではないかと思っ ています。初めてのミュージカルですが、観に来られた方が、観る前よりもひとつ優しくなって劇場を出られるように、そんなミュージカルにしたいと思ってお ります」

ミュージカル「タイタニック」は2007年1月、東京国際フォーラムにて上演されます。

「タイタニック」<TITANIC the musical>
●出演:松岡充 鈴木綜馬 岡幸二郎 浦井健治 岡田浩暉 
紫吹淳 森口博子 諏訪マリー 大澄賢也  浜畑賢吉 光枝明彦 藤木孝  宝田明
●演出: グレン・ウォルフォード
●作曲・作詞:モーリー・イェストン
●脚本:ピーター・ストーン
●会場:東京国際フォーラム ホールC
●公演日程:2007年1月15日(月)~2月4日(日)
●チケット:9月30日(土)発売
●お問い合せ:テレドーム / 0180-993-929 (24時間テープ案内)
キョードー東京 / 03-3498-6666