ニュース

制作発表: 最新の記事

その他ニュース: 最新の記事

制作発表: 月別アーカイブ

その他ニュース: 月別アーカイブ

 
[2015.01. 8]

ウラジーミル・マラーホフによる「プレスミーティング&特別講座」開催

イベント、マラーホフの「プレスミーティング&特別講座」が、チャコットの新しいバレエスタジオ<チャコット・ダンスキューブ勝どきスタジオ>(中央区勝どき)で開催される。これは「マラーホフのレッスン・シリーズ」の発売と東京バレエ団のアーティスティック・アドヴァイザー就任を記念して行われるもので、マラーホフ自身が特別に日本人の生徒たちを直接指導する催し。

およそ10年間にわたってベルリン国立バレエ団の芸術監督として、世界のバレエ・シーンをリードしてきたウラジミール・マラーホフは、昨年6月のさよなら公演でその職を辞し、新たな活動を開始した。
まず、マラーホフ財団による第1回「タリオーニ・ヨーロッパ・バレエアワード」の創設。世界の才能あるダンサーや舞踊家を顕彰した。さらに出身地のウクライナのキエフ・バレエ学校の子供たちを積極的に支援し、衣装などを贈った。そしてマラーホフが長年愛着を抱き続けてきた日本では、東京バレエ団のアーティスティック・アドヴァイザーに就任し、自身の振付けた『眠れる森の美女』を指導しカラボスに扮して舞台にも立つなど活発な活動を展開している。
また、ロシアでダンサーとして学び、国際的舞台で踊り、ベルリン国立バレエ団で指導した舞踊家マラーホフの集大成のひとつとして、「マラーホフのレッスン・シリーズ」7アイテムを一挙に刊行した。これはクラシック・バレエのあらゆる事柄を熟知したマラーホフが、若いダンサーたちのために自身が習得した優れた技術を残すために作ったレッスンDVD・CDのシリーズ。DVDが「マラーホフのマスタークラス」「マラーホフのヴァリエーション・レッスン」で、CDは「Music for Malakhov's Mauter Class」他となっている。

_demo7.jpg _demo10.jpg
_demo11.jpg _demo13.jpg  

開催の要項は下記の通り。

■会 場
ダンスキューブ勝どき
〒104-0054 東京都中央区勝どき4-13-4
http://www.chacott-jp.com/j/studio/kachidoki
■スケジュール
2015年1月22日(木)
18:30〜19:10 プレスミーティング(ダンスキューブ・カフェ)※
19:30〜21:00 マラーホフによる『バレエ初級』特別講座
(チャコット・ダンスキューブ勝どきスタジオ)
※ 一般参加は不可。特別講座の受講者で希望の場合はプレスミーティングへの参加が可能。
◎ 特別講座の参加方法はこちら→http://www.chacott-jp.com/j/studio/info/detail2289

★公演&DVD情報
東京バレエ団公演「眠れる森の美女」(マラーホフ版)
2015年2月7日(土)・8日(日) 東京文化会館
※マラーホフもカラボス役で出演
東京バレエ団公演「ジゼル」
2015年3月13〜15日 ゆうぽうと

マラーホフのバレエ・レッスン」シリーズ(計7アイテム)
DVD ¥4,800+税
マラーホフのマスタークラス
マラーホフのヴァリエーション・レッスン「眠れる森の美女」「パリの炎」「エスメラルダ」ほか
マラーホフのヴァリエーション・レッスン「ドン・キホーテ」「くるみ割り人形」「海賊」ほか 」
マラーホフのヴァリエーション・レッスン「白鳥の湖」「ジゼル」「タリスマン」ほか

COBO-6601.jpg COBO-6602.jpg COBO-6603.jpg COBO-6604.jpg

CD ¥5,200+税
ミュージック・フォー・マラーホフズ・マスタークラス ベーシック
ミュージック・フォー・マラーホフズ・マスタークラス・オン・ポワント
ミュージック・フォー・マラーホフズ・マスタークラス ターンズ&リープス」2015/01/21発売

COCQ-85088.jpg COCQ-85236.jpg COCQ-85245.jpg

◆プロフィール

00003948.jpg

1968年ウクライナ生まれ。
ボリショイ・バレエ学校卒業後、モスクワ・クラシックバレ エに入団、最年少ソリストとして活躍する。
86年ヴァルナ国際コンクールでジュニア特別賞、 89年モスクワ国際バレエ・コンクールで金賞受賞。
92年、ロシアを離れる。 ウィーン国立歌劇場バレエ、カナダ・ナショナル・バレエのプリンシパルを経て、94年ABTのプリンシパルとなり活躍の場を世界に広げる。
2002年ベルリン国立歌劇場バレエの芸術監督に就任。
『ラ・バヤデール』(02年)、新版『シンデレラ』(04年)を初演。 04年ベルリン国立バレエの芸術監督に就任後も、『眠れる森の美女』(05年)、『ラ・ペリ』(10年)を発表するなど、演出・振付家・ダンサーとして精力的に活動した。
14年、同バレエ団の芸術監督の座を離れ、東京バレエ団のアーティスティック・アドバイザーに就任。