インタビュー&レポート

レポート: 最新の記事

レポート: 月別アーカイブ

[2008.09. 9]

SHOKOさん撮影記

秋のチャコットの新しい広告と、バレエのスタイリングブック「Style for Dance」。そのモデルを務めていただくのは春夏に続き、ベルリン国立バレエ団プリンシパル・Kバレエカンパニーゲストプリンシパルの中村祥子さんです。
中村祥子さんといえば「あの背中の…」がちょっとした話題にもなった、チャコットの春夏の広告。思えばお正月休みも明いたか明けぬかの1月4、5日、撮 影スタジオも限られ、祥子さんは3日に来日、6日はベルリンへという強行スケジュールの中行われた撮影でした。来日直前までマイアミやイタリアなどを飛び 回っていていた祥子さん。撮影当日は一番乗りであらわれ、とても元気!と思いきや、一睡もしていないとのこと。なのに周りのスタッフの誰よりもはつらつと していました。やはりさすがトップダンサー、タフです。そして妥協をゆるしません。ポーズチェックを念入りに行い、気になるところがあると、祥子さん自ら 「もう一回いいですか?」とダメ出しをします。もうこうなってくるとどこがダメなのか凡人のわたしにはわかりません。結局このときは2日間ともスタジオに 朝から晩まで缶詰状態で撮影をし、祥子さんはベルリンに帰って行ったのでした。

念入りにポーズチェック 撮影の合間にスタッフと談笑 広告写真のセット
チャコットブックの撮影 チャコットのフルオーダー
衣裳を身に着けて
7月15日スタジオ入り
直後のSHOKOさん

 そして、7月15日、18日に秋冬用の撮影が行われました。この夏から活動名を「SHOKO」と改めた中村祥子さん。15日の撮影はリハーサル後 の夕方16時からというスケジュールでしたが、今回も元気にスタジオ入りされました。大崎にある町工場の建物をリフォームした、少しレトロな雰囲気のスタ ジオで、この日の撮影は広告用に背景を変えて2種類。広告のコンセプトは「Dance Passion」。誰もが憧れる美しいバレエの世界と、踊ることへの情熱を秘めたしなやかで強靭な肉体…春夏の広告で、SHOKOさんはそんなイメージを 見事に表現してくれました。秋冬の広告もそれに負けないものにしなければ…おのずと力も入ります。

 3人がかりのヘアメイクを済ませシューティングが始まったのが17時半。ですが、夕方という時間帯でライティングが変わってしまい、新たにストロ ボを追加することとなり、待つこと1時間。結局再スタートできたのが19時過ぎとなってしまいました。今回も長くかかるかと思いきや、意外にスムースな展 開。SHOKOさんが慣れてきたのか、はたまたつくりこみ過ぎるとよくないのか、手の位置、首の角度などを微調整しつつ何カットか撮っていっても、やはり 最初のカットの方が自然でキレイということに落ち着き、SHOKOさんをはじめ一同納得。21時には無事終了しました。

ヘアメイク中 念入りにストレッチ 広告1カット目
広告2カット目 何カットか撮影したところでチェック 広告の撮影が無事終了

 18日は「Style for Dance」の撮影です。15日とは違いカット数も多く、いつものペースでいくと撮りきれない可能性もあるため、あらかじめそれぞれのコーディネイトに合 わせ大体のポーズを決め、みっちりタイムスケジュール(1ルックスにつき撮影時間20分!)を組んで臨みました。朝からウキウキした様子でスタジオ入りし たSHOKOさん。今回撮影するウェアには自分のアイデアを基にしたパンツもあるということで、着るのをとても楽しみにされていたそうです。最初のカット からいきなり表紙用の写真でしかも大きなポーズだったのですが、コーディネイトのニットスカートがとても気に入ったらしくご機嫌な様子。気持ちも乗ってい るとポーズも表情もパチッと決まります。このニットスカートは本当にお気に入りで、「かわいいっ!ほんとにかわいいっ!」と鏡の前でくるくる回って、着用 した自分の姿をチェックしていました。
表紙やメインカットなど大きなポーズを3カット撮影したところで、タイムスケジュールより30分遅れてのランチタイム。後半は1ルックスにつき1ポーズ 一発できまったものもあり、ほぼ予定どおりで撮影終了となりました。この撮影でSHOKOさんが用意してきたおろしたてのフリードトゥシューズは、3カッ ト撮影したところでもうグニャグニャ。この時期特有の湿気の多さも一因にあるとは思いますが、これにはスタッフ一同びっくりです。

このニットスカートがお気に入りでした ランチタイム SHOKOさんのトゥシューズ

 今回の来日ではチャコット渋谷本店にも来店され、ライモンダとオディールのチュチュにティアラをオーダーしていただきました。そして撮影でお会い したSHOKOさんは、前回よりさらにスッキリしてキレイになった印象が。マラーホフ バイ チャコットのコーディネイトでは強くてシャープな中にも女性らしいかわいらしさが、フリード オブ ロンドンのコーディネイトではエレガントで優しい雰囲気を醸し出させてくれました。活動名と同様に新しいSHOKOさんの秋冬バージョン姿はもうチャコッ トのお店でご覧いただけます。

SHOKOさん発案のバレエパンツ シンプルなスタイルもかっこいい