インタビュー&レポート

レポート: 最新の記事

レポート: 月別アーカイブ

[2006.10.10]

~生誕100年記念~「日本のバレエのフロンティア・橘秋子」展

日本のバレエの偉大なフロンティア、橘秋子をご存知ですか?
橘秋子は、長年にわたり牧阿佐美バレヱ団を主宰し、現在、新国立劇場の舞踊芸術監督を務める牧阿佐美の母です。

昭和の初め、華やかで自由闊達、流行の最先端を行くモダンな若い教師だった橘秋子は、バレエに魅了され、ロシア人バレリーナ、エリアナ・パヴロバに入門。 たちまち才能を発揮して橘秋子バレエ団を設立します。それからはただひたすら、生涯のすべてを日本のバレエのために捧げました。

橘秋子は、ヨーロッパのバレエに精通していましたが、あくまで<日本人によるバレエの美>を求め、『飛鳥物語』『戦国時代』『角兵衛獅子』などのグランド バレエを創作しました。後年はバレエ教育にすべての情熱を傾注、アーティストとしてのバレエダンサーの育成をめざす橘バレエ学校を設立。瀧修行、小笠原礼 法、茶道、華道、座禅などをカリキュラムにとり入れて、海外のメディアの関心も集めました。
そして橘秋子の門下からは、牧阿佐美を始め、森下洋子、大原永子、岡本佳津子、川口ゆり子など、今日の日本のバレエの屋台骨を支える人たちがつぎつぎと育ちました。

日本人が世界のバレエの舞台に登場し始めた今こそ、日本のバレエのために全身全霊を傾けた、フロンティア・橘秋子の舞踊活動の軌跡をたどって、新しい日本のバレエのヴィジョンを求めたいと思います。

橘秋子の主なバレエ作品の写真や資料のほか、たいへん先見的な舞踊観をもちながら理想に燃えてインドに渡った夫、牧幹夫の活動、舞台衣裳など、未公開をふくむ貴重な展示物を公開します。
さらに牧阿佐美による橘秋子作品の復元と、母・橘秋子についてのお話をするという今回限りの大変貴重な企画も行います。この機会をぜひお見逃しなく。

ポワントで踊る橘秋子


橘秋子、エリアナ・パヴロバ、牧幹夫

●会期/2006年11月3日(金・祝)~8日(水)営業時間/午前11:00~午後8:00
●会場/チャコット渋谷本店8F ネクストステージ
●主催/チャコット株式会社
●協力/橘秋子記念財団、牧阿佐美バレヱ団
●企画/関口紘一
●企画内容
・展示する物(予定)
a)橘秋子に関する写真
公演舞台写真、リハーサル・瀧、礼法などの修行写真、アレキサンドラ・ダニロワなどとの交流写真、バレエ学校教育風景ほか
b)公演パンフレット、書籍、雑誌
橘秋子バレエ団・バレエ学校の公演パンフレット
夫・牧幹夫氏のコーナー/「舞踊芸術」に掲載された先進的な舞踊論、インドで蒐集した舞踊スクラップほか
c)舞台衣裳=『ジゼル』『コッペリア』ほか
d)舞台美術の資料 等

【橘秋子振付作品の小品の復元と牧阿佐美の解説】
●開催日時 2006年11月5日
午後2:00~3:00
午後4:00~5:00(ご好評につき2回目の講演を追加しました)
※入場無料 予約制
[ご予約/チャコット株式会社 広報宣伝部 TEL:03-3476-1620]
橘秋子の振付作品を牧阿佐美が復元し、実際に上演。牧自身が解説する貴重なイベントです。