インタビュー&レポート

レポート: 最新の記事

レポート: 月別アーカイブ

[2011.01.25]

TAKARAZUKA WAY TO 100th ANNIVERSARY「DREAM TRAIL〜宝塚伝説〜」開幕

110123tdt01.jpg 鳳 蘭 撮影:村尾昌美

2014年にいよいよ創立100周年を迎える宝塚歌劇団。その歌劇団の協力で、公式に100周年に向けての作品上演第一弾となるオリジナルショーが1月23日に開幕した。
従来の宝塚歌劇団OG達によるレビューショーとは異なり、基本的に元男役・女役関係なく「現在」の姿(衣裳・ヘアメイク・声など含め)で歌い、踊る今回のショーには、歌劇団星組に在籍中の涼紫央他娘役4名も参加し、OGと現役生のコラボレーションも見所。
本公演の為に作成された5曲(ダンスナンバー1曲含む)を除き、全て宝塚の曲と既存曲ではあるけれどもはや宝塚歌劇になくてはならないスタンダードナンバーで構成され、宝塚歌劇を生んだ阪急電鉄をも連想させる“夢の列車”も登場し、過去、現在、そして未来へと続いていく「宝塚・花の道」を表現している。

1月23日(日)の初日に先立ち、公開舞台稽古が行われ、鳳蘭、そして宝塚歌劇団星組在籍中の涼紫央がコメントした。

鳳 蘭

私にとって宝塚歌劇団の生徒であるということは、皆可愛い姉妹であり、娘であり、孫みたいなお嬢さんもいらっしゃいますね。
宝塚のいいところは皆「信じあえる」ことです。
純粋で穢れのないまさに花園です。
100周年という記念すべき時に向けての第一弾公演に卒業生の一人として参加できることを非常に光栄に思っています。

涼 紫央(宝塚歌劇団星組)
私も宝塚ファンでしたので、お稽古中から上級生の方々の歌われる宝塚の懐かしいメロディを聴いていて何度も涙しました。その同じ舞台にご一緒できるということにとても感動しております。
皆様にも楽しい時間を過ごして頂けるよう、私も楽しみたいと思います。

110123tdt02.jpg (左から)春野寿美礼、鳳蘭、杜けあき、安奈淳、麻路さき 撮影:村尾昌美

 

TAKARAZUKA WAY TO 100th ANNIVERSARY「DREAM TRAIL〜宝塚伝説〜」

2011年1月23日(日)〜1月30日(日)青山劇場
2011年2月3日(木)〜2月8日(火)梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ

出演:鳳蘭、初風諄、安奈淳、杜けあき、麻路さき、春野寿美礼、風花舞、大鳥れい/涼紫央(宝塚歌劇団星組) 他
日替わりゲストとして元宝塚男役トップスターの紫苑ゆう、稔幸、姿月あさと、湖月わたる、朝海ひかる

監修:酒井澄夫(宝塚歌劇団) 構成・演出:荻田浩一
主催:(株)梅田芸術劇場