[2010.07.18]

四季劇場[夏]こけら落とし『美女と野獣』

1007bb01.jpg

東京・大井町に新たに誕生した、劇団四季の専用劇場「四季劇場[夏]」で、7月11日(日)ミュージカル『美女と野獣』が幕を開けた。
ディズニーが演劇ビジネスに初めて進出した作品『美女と野獣』が、日本で初演されたのは1995年。1998年まで東京・赤坂で上演され、その後も大阪、福岡、名古屋、京都、札幌など日本各地で3000回以上も上演されてきた人気のミュージカルが今回の新劇場こけら落としの作品に選ばれ、東京では12年ぶりの上演となった。
物語やアニメーションだからこそのおとぎの世界が、ミュージカル『美女と野獣』では見事に舞台上で描かれている。豪華なセットや、様々な特殊効果、鮮やかなイリュージョンで彩られたステージで、ビーストやベル、お城の住人達ら登場人物が、美しいナンバーやダンスで、至極のラブストーリーを繰り広げる。

出演者のコメント 福井 晶一(ビースト役)
今回の『美女と野獣』東京公演で、初めてビースト役を演じます。ビースト役を演じられること、そして≪四季劇場[夏]≫のこけら落とし公演に出演できることを、大変光栄に思います。
物語では、美しいビルと出会ったビーストが、幾多の葛藤を通して、愛する心を取り戻していく様を描きます。
一回一回の公演を丁寧に、全身全霊で務めて行きたいと思います。

坂本 里咲(ベル役)

今回、≪四季劇場[夏]≫こけら落とし公演に参加させていただけることを、大変嬉しく思っています。
96年からベルを演じていますが、演じるたびに“ベル”というキャラクターが深まっていく気がいたします。ベルとビーストが“孤独”をキーワードに寄り添っていく微妙なバランスを表現したいと思います。
新劇場のこけら落とし公演ではありますが、気負うことなく、クールに、シンプルに演じ、作品の感動をお客さまにお届けできればと思います。

1007bb02.jpg 1007bb03.jpg 1007bb04.jpg
1007bb05.jpg 1007bb06.jpg 1007bb07.jpg
1007bb08.jpg 1007bb09.jpg 1007bb10.jpg

※画像をクリックすると、大きな写真をご覧いただけます。

劇団四季ミュージカル「美女と野獣」

  • 7/11(日)~ロングラン公演中
  • 四季劇場[夏]
  • S席9,800円/A席8,000円/B席6,000円/C席3,000円
    ファミリーゾーンS席子ども5,000円/A席4,000円
  • お問い合せ=劇団四季 http://www.shiki.gr.jp/applause/bb/index.html