ニュース

その他ニュース: 最新の記事

その他ニュース: 月別アーカイブ

佐々木 三重子 
[2017.11.16]

開幕直前の『ベジャール・セレブレーション』リハーサル、そしてジル・ロマンの記者会見をレポートします

モーリス・ベジャールの没後10年を記念して、モーリス・ベジャール・バレエ団(BBL)が芸術監督、ジル・ロマンに率いられて来日。単独での公演のほか、命日の11月22日と翌23日に、BBLの兄弟カンパニーである東京バレエ団と〈ベジャール・セレブレーション〉と題した特別合同ガラ公演を行う。第1部の『テム・エ・ヴァリアシオン』は、ロマンが生前ベジャールから受け取った手紙への返事として創作したもので、昨年12月にローザンヌで初演された。第2部の『ベジャール・セレブレーション』は、ロマンがベジャールの作品の名場面で構成したアンソロジーで、同じ昨年12月の初演だが、今回はこれをBBLと東京バレエ団が合同で上演する。日本だけの特別な公演になるわけで注目度も高い。公演に先立ち、14日、そのリハーサルを見学し、ロマンに共同取材する機会を得た。

1711bbl_3933.jpg Photo/Kiyonori Hasegawa(すべて)

『ベジャール・セレブレーション』は、『1789…そして私たち』よりベートーヴェンの第1交響曲(第4楽章)で始まり、同じ作品の第9交響曲(第3楽章)で終わるが、両方ともBBLのダンサーが先に登場し、後で東京バレエ団のダンサーが加わり、一緒に踊る。合同公演という形を明確に印象付けるような始まりと終わりだった。その間に12の演目が次々に上演されたが、原始の男女の愛の交歓を描いたような『ヘリオガバル』あり、エリザベット・ロスとジュリアン・ファヴローによる性格の全く異なる2演目があり、『ロッシーニアーナ』よりコミカルな男性のパ・ド・ドゥありで、BBLの大貫真幹が『わが夢の都ウィーン』より〈ウント・ゾー・ヴァイター〉でウィンナ・ワルツにのって爽快なソロを踊ると、ダンサーたちから大きな拍手が起こった。
東京バレエ団のダンサーは、『ライト』や『バロッコ・ベルカント』よりの作品で手堅いアンサンブルを見せ、また、上野水香と柄本弾は『我々のファウスト』よりのパ・ド・ドゥをしっとりと紡いだ。通しのリハーサルは優に1時間を超えたが、ロマンは疲れも見せずに気になったダンサーを次々に呼び、手の動かし方や腕のポーズなど、細かな注意を与えていた。その後で、短い会見に臨んだ。

1711bbl_3588.jpg

Q『ベジャール・セレブレーション』の演目ですが、膨大なベジャールの作品群からどのような観点で選ばれたのですか。

1711bbl_3975.jpg ジル・ロマン

ジル・ロマン この作品に限らず、どういうダンサーかということを考えて選びます。カンパニーの現状やどういうダンサーがいるか、それに加えてリズムのことや、全体の多様性ということも考えました。今回は、東京バレエ団のダンサーが入る作品もあれば、入らない作品もあるので、そのことも含めてダンサーに合った作品にしました。全体として幅広い多様性のある作品を用意できるように、という観点から選びました。

Q 今回の『ベジャール・セレブレーション』は、昨年12月にローザンヌで初演したものと同じ内容ですか。

ジル・ロマン いいえ。今回は東京バレエ団が参加するので違ったものになっています。東京バレエ団のダンサーのことを考えて新たに加えたのは、『アレポ』や『バロッコ・ベルカント』(パ・ド・シス)、『我々のファウスト』(パ・ド・ドゥ)です。ローザンヌで上演したもので、今回、東京バレエ団のダンサーに踊っていただくのは〈レジデンツ〉(『ライト』より)です。とにかく、第一の目的はお客様に喜んでいただくということ。その中で、作品の面からも音楽の観点からも多様性が大切と考えました。

Q 全体の構成をみると、ベートーヴェンの交響曲第1番で始まり第9番で終わる形になっていますが、どのようなことを意識されたのですか。 また、交響曲第9番は合唱の入る第4楽章ではなく、愛の喜びを伝えるという第3楽章にされましたが、その意図は?

ジル・ロマン 全体が大きなアンサンブルになるように、大きな枠組みを作るのが良いと考えたので、ベートーヴェンの交響曲で最初と最後を締めました。これは『1789…そして私たち』という作品の一部です。ベジャールが、1989年にフランス革命の記念の年(200周年)に創った作品です。日本では『第9交響曲』のオリジナル版(1964年)を既に上演していますが、ベジャールは、トゥシューズでポアントをする女性のために作品に手を入れて、この形にしました。両方の形を日本でお見せするのが面白いと思って選びました。それに、最初と最後にベートーヴェンを置くことでバランスも良くなると思いました。ベジャール作品を上演する時は、アンサンブルをいかにうまく動かすことができるかを常に考えます。それをお見せするのに、この作品が良いのではとも思いました。また、第9の第3楽章はカンパニーの力を見せる部分でもあります。たくさんの個性、個というものが一つの作品のために一緒になる。それは、お客様と一緒に愛の交換をすることにもなるでしょう。

1711bbl_3812.jpg

Q 共演する東京バレエ団のダンサーについては、どのような印象を受けましたか。

ジル・ロマン 本当にたくさんお付き合いさせていただいているバレエ団で、BBLにとって兄弟のようなカンパニーというふうに考えています。私は東京バレエ団のダンサーをたくさん知っていますし、批判するような気持ちは全く持っていません。バレエ団同士で競争するというのではなく、一緒になにかをする相手だと考えています。東京バレエ団には私が興味を抱くようなパーソナリティーのダンサーたちがいますが、それはBBLに私が興味を抱くダンサーたちがいるのと同じです。東京バレエ団のダンサーたちは一緒に仕事をしていて気持ちが良く、非常に真面目に取り組んでくれますので、とても満足してご一緒させてもらっています。

Q ベジャールの作品を継続していく難しさ、やり甲斐についてはどのように感じていらっしゃいますか。

ジル・ロマン 自分はベジャールの作品を伝えるためにいるのだと考えていますので、難しさはあまり感じません。むしろ大きな喜びを感じています。ただ、カンパニーの長としては、伝えるためだけにいるわけではないとも考えています。自分の作品も創っていくことで、面白さを保ちたい。これについては、ベジャールと同意した点です。ベジャールの作品について伝える時、私自身、もう一回たくさんのことを学んでいます。たとえ自分が30年前に踊った作品でも、相手に教えるのよりもたくさん、あるいは同じくらい自分も学んでいると感じています。何かを愛している時というのは、時間を感じないもの。それと同じで、難しさは感じません。もちろん、別の難しさはありますけど。

1711bbl_5375.jpg

Q 公演には生前のベジャールを知らない観客も来ると思いますが、その方たちにどのようメッセージを伝えたいですか。

ジル・ロマン 特にありません。(笑い)皆様にたくさんのことを差し上げられる作品を、栄養になるようなものや深い感動を差し上げられる作品を、是非ご覧いただきたい。ベジャールは振付家という枠組みを大きく超えている人間です。非常に教養が深く、日本が大好きで、オペラや演劇、映画など、振付という枠を超えた作品を創りました。その作品の目的は、お客様とたくさんのものをやり取りしたい、交換したいということでした。BBLはお客様と交換したいというオープンなカンパニーです。なので、是非、見にいらして下さい。そうすれば、きっと何かを受け取っていただけるでしょう。そうお伝えしたいと思います。

1711bbl_3961.jpg
1711bbl_5765.jpg Photo/Kiyonori Hasegawa(すべて)

モーリス・ベジャール没後10年記念シリーズ
モーリス・ベジャール・バレエ団
Aプロ『魔笛』

●2017年11月17日(金)〜19日(日)
●東京文化会館(上野)
Bプロ『ボレロ』『ピアフ』『アニマ・ブルース』『兄弟』
●2017年11月25日(土)、26日(日)
●東京文化会館(上野)
公式URL http://www.nbs.or.jp/stages/2017/bejart/index.html

モーリス・ベジャール・バレエ団 東京バレエ団 特別合同ガラ
ベジャール・セレブレーション
●11月22日(水)19:00、11月23日(木・祝)14:00
●東京文化会館(上野)
公式URL http://www.nbs.or.jp/stages/2017/bejart-celebration/index.html

お問い合わせ:
NBSチケットセンター
TEL:03-3791-8888
(平日10:00〜18:00、土曜10:00〜13:00、日祝休)