ニュース

その他ニュース: 最新の記事

その他ニュース: 月別アーカイブ

三光 洋 
[2013.12.21]

アリス・ルナヴァンがアンジェラン・プレルジョカージュの『ル・パルク』を踊り、エトワールに昇進

12月20日ガルニエ宮で上演されたアンジェラン・プレルジョカージュの『ル・パルク』で主役女性を踊ったアリス・ルナヴァンがエトワールに昇進した。ブリジット・ルフェーヴル パリ・オペラ座舞踊監督の推薦を受け、ニコラ・ジョエル、パリ・オペラ座総監督が決定した。

アリス・ルナヴァンは1980年生まれで8歳からダンスを始めた。1990年にオペラ座バレエ学校に入学し、1996年にジョージ・バランシンの『ウエスタン・シンフォニー』と1997年のジョン・タラス振付の「Dessins pour six」で主役を射止めた。1997年にはオペラ座バレエ団にコール・ド・バレエとして入団。2004年にコリフェ、2005年にスジェ、2012年にプルミエ・ダンスーズに昇進した。2008年にはパリ・オペラ座振興会(AROP)賞を受賞している。
ルナヴァンは『ル・パルク』の主役を12月24日19時30分からと12月29日14時30分から踊る。また2014年2月21日から3月13日まではアグネス・デ・ミル振付の『フォールリヴァーの伝説』に出演する。また2014年3月の日本ツアーではヌレエフ振付『ドン・キホーテ』でキトリを踊ることが決まっている。

1312_renavent03.jpg (C) Opera national de Paris/ Agathe Poupeney
1312_renavent04.jpg (C) Opera national de Paris/ Agathe Poupeney
1312_renavent02.jpg (C) Opéra national de Paris/ Agathe Poupeney 1312_renavent01.jpg (C) Opéra national de Paris/ Agathe Poupeney