荒部 好

『カルメン』

  今回ご紹介する『カルメン』はダンス映画ではないが、原作とその時代に忠実に映画化されており、フラメンコが踊られていた街中のタブラオが、実際の雰囲気を再現してしばしば登場する。
『カルメン』は、ローラン・プティ、アリシア・アロンソ、ジョン・クランコ、アントニオ・ガデス、最近ではマッツ・エクによってバレエ化され、オペラや演劇の題材としても最もポピュラーなもののひとつ。メリメの原作が出版されたは1847年、ビゼー作曲のオペラがパリのオペラ・コミック座で初演されたのは1875年である。
 カルメンは実在の女性であり、この映画ではスペインを旅していた原作者メリメが、もう一人の主人公ドン・ホセと、偶然、出合うシーンから始まる。アランダ監督は、現実に起った<カルメンの悲劇>を映画にしようとしているのである。
 この映画では、カルメンは男を迷わすだけの単純な悪女ではない。19世紀スペインの時代背景や当時の空気を盛り込んで、登場人物の息遣いにリアリティを与えている。<ファム・ファタール>とは、「恋心を感じた男性を破滅させるために、運命が送り届けてきたような魅力を持つ女」だという。この言葉がよく理解できる映画である。
 カルメンに扮しているのはセビリア生れのパス・ヴェガ。ペドロ・アルモドバル監督の新しいミューズといわれ、『トーク・トゥ・ハー』の劇中のサイレント映画で<縮みゆく恋人>のヒロインを演じた。アランダ監督は、彼女の美貌と役柄の優れた解釈に惚れ込んで起用した。ホセには、ブエノスアイレス出身にレオナルド・スバラグリア。ゴヤ賞の最優秀新人男優賞を受賞したこともある実力派である。


原作/プロスペル・メリメ
監督/ビセンテ・アランダ
主演/パス・ヴェガ、レオナルド・スパラグリア

◆「カルメン」オフィシャルHP>>>http://www.crest-inter.co.jp/carmen/
◆クレストインターナショナル>>>http://www.crest-inter.co.jp/