(荒部 好)

『小さな村の小さなダンサー』MAO'S LAST DANCER

1007cinema01.jpg

『小さな村の小さなダンサー』の原作は『毛沢東のバレエダンサー』。
主人公のリー・ツンシンは、中国の山東省の貧しい山村の地面にへばりつくように建っている小さな家の7人兄弟の6番目の息子として、1961年に生まれた。
何も食べる物がなくなったら「風を食べる」という言葉が、明日の現実と感じられるような極貧の村から、身体能力を見込まれて北京へ。選ばれなければ生涯訪れることもなかったかも知れない都で、バレエの厳しい英才教育を受ける。
ここでリー・ツンシン少年は、バレエそのものを追求しようとする人と、政治のためのバレエを使おうという人たちの軋轢を経験する。
そしてヒューストン・バレエ団のサマースクールに参加するために、摩天楼の国に行き、当時の中国とアメリカの恐るべき文明の格差に仰天!
リー・ツンシンの才能を育てようとする、ヒューストン・バレエ団芸術監督のベン・スティーブンソンと、バレエダンサー、リー青年の恋愛と結婚。リー・ツンシンの人生は、政治体制の異なった中国とアメリカの微妙なパワー・バランスの中で翻弄され、波瀾を呼ぶ。リー青年は、自由という未だ経験したことのない世界に向かって、ゆるぎない強固な決意をもって挑戦していくことになる。
映画は、かなり実話に忠実に描いていると思われるが、大使館内の弁護士と中国人事務官とのやりとりなどは、緊迫感が漲り、じつにドラマティックに展開していてハラハラさせられる。

1007cinema04.jpg

リー・ツンシン(子供時代ホアン・ウエンビン、少年時代グオ・チャンウ)を演じるのはバーミンガム・ロイヤル・バレエ団のプリンシパルで、佐久間奈緒のパートナーとして踊ることの多いツァオ・チー。ひきしまった身体と強い意志を素朴な表情にこめて見事に演じている。実際にも主人公リー・ツンシンの北京時代のバレエ教師の息子だそうだから、理解も広く思い入れも一段と深かったに違いない。母親を演じたジョアン・チェンが控え目ながら名演で、慈しみ深い中国の家族の素朴な素晴らしさが一際、輝いた。
バレエ・シーンはオーストリア・バレエ団の協力により『ジゼル』『白鳥の湖』『ドン・キホーテ』などのほかにオリジナル作品も演じられる。振付はほとんどグレアム・マーフィーである。
終盤の『春の祭典』の開幕の前に、VIPが間もなく着くからと芸術監督のベン自身が観客にコメントするが、リー自身には知らせずに両親を中国から客席に招待する。
望みを捨てアメリカで生きることを選択し、絶対不可能だと思っていた再会を満場の観客の前のカーテンコールで果たし、思わず膝ま付くリー・ツンシン。
自分がバレエダンサーとして生きて行くために、遠い中国で暮らす家族にいかほどの負担をおわせたのか、日夜苦しみぬいていたリー・ツンシンが救われた奇蹟の瞬間だった。
文明の格差をバレエという芸術を媒介に闘った人間の知恵の勝利である。

1007cinema02.jpg 1007cinema03.jpg
1007cinema05.jpg 1007cinema06.jpg

Photos:(c) Last Dancer Pty Ltd and Screen Australia

『小さな村の小さなダンサー』

2009年、オーストラリア映画、117分
監督/ブルース・ベレスフォード、脚本/ジャヤン・サルディ
出演
リー・ツンシン/ツァオ・チー、ベン・スティーブンソン/ブルース・グリーンウッド、チャールズ・フォスター/カイル・マクラクラン、エリザベス/アマンダ・シュル、母/ジョアン・チェン、父/ワン・シャオ・バオ

8月、Bunkamura ル・シネマ、シネスイッチ銀座他全国ロードショー