[2007.01.13]

高谷あゆみ ミュージカルダンス基礎講座レポート

12月24日、クリスマス・イブ。チャコット・カルチャースタジオでクリスマススペシャルレッスン「高谷あゆみ先生によるミュージカルダンス基礎講座」が開かれました。
クリスマス・イブという日に合わせ「クリスマスソングに載せて楽しく踊ろう!」という企画。今回は創作ダンスから始まって、様々なダンス経験を持つレポーターが体験して参りましたのでご紹介致します。

 現役でミュージカル、タップなどのステージで活躍されている高谷さんが講師ということと、チラシにあった「テクニックよりも舞台の上に立っているイメージで・・・」「初心者の方大歓迎」という言葉も手伝って、今回はこの講座を体験してみました。
スタジオに登場した先生の第1声は「クリスマス・イブというこんな日にお集まりいただいて・・・」この言葉で笑いが起き、一気になごやかなムードに。そん な中、もともとステージやステージ上で輝いている人に憧れていた私は「本物だ~本物だ~」と心の中でつぶやき、少し緊張した中でレッスンは始まりました。

まずはストレッチ、ウォーミングアップから始まりました。約1時間やりますと言われ、体が堅くてストレッチが苦手な私は、少しへこみながらも後半に控えて いる振り付けを楽しみにしながら身体の隅々まで伸ばしました。その後は身体の引き上げや、軸を取るエクササイズをみっちり。今回一番辛かったのはルルベの ままロールダウン~ロールアップするエクササイズでした。足はプルプル震え、ぐらぐらしながらも自分の弱点を確認できてよかったです。やはりどんなダンス でも基礎は大事なのだと再認識しました。

一通りアップが終了し、いよいよ待ちに待った振り付けの時間。曲はジャジーな感じにアレンジされた「ジングル・ベル」。今回の振り付けは、決めどころ満載 のまさに“ショー”という感じのダンスでした。常に鏡をお客さまと意識して、強弱、緩急を付けながらかっこいいポーズを決めていきます。振り付けを覚えな がら「そう!こんなステージ観た!」「こんな風に踊ってた!」と私の中ではどんどんイマジネーションが膨らみます。そして何より、目の前では本物がお手本 を示してくれるという、とっても贅沢で充実した時間を過ごしました。実際の動きと合わせて「速いテンポの所は力を抜いて素早く動く、でも足先は気を抜かな い。」「このポーズはこんなイメージで」、とポイントをわかりやすく教えて下さいました。途中では「ヘェイ!」という掛け声まで飛び出し、ちょっとステー ジ気分で楽しくダンスをすることができました。

今回このスペシャルレッスンを通して、自分が踊って楽しむことを体験できたと同時に、お客さまにダンスを観て楽しんでいただくことの難しさも体験できたような気がします。クリスマススペシャルだけでなく、またこんなクラスが開催されることを期待しています。